FC2ブログ

記事一覧

いわて銀河プラザ 釜石物産フェア

岩手県釜石の銘酒「浜千鳥」はずいぶん昔、蔵見学をお願いして以来、社長の新里さんに親しくしていただいている。以前ならば東京大丸での試飲販売会の案内をいただき、そこがなくなってからは時折、銀河プラザにての販売会のお知らせをいただく。いただきつつ、なかなか行く機会がなかったが、今回やっと行けたのだ。店内に開店11周年と幟が出ていた。たしか、このアンテナショップができた時、オープンセレモニーの飲み会が各蔵元...

続きを読む

王子 接骨院

背中の骨が痛いのは前からだったが、最近はその下も痛くなってきたので、接骨院に行った。インターネットで「王子 接骨院」で検索すると10件ほど。一軒はビルの3階。ひとつはビルの4階。もうひとつは一軒家ふうの1階。ただ、この一軒家、あまりに古そうでパス。結局、北本通りに面した所に行く。初めに問診表(アンケート票かな)を書く。途中抜け出してきたこともあって最後の「カイロプラクティックをしますか」みたいな問い...

続きを読む

王子 接骨院

背中の骨が痛いのは前からだったが、最近はその下も痛くなってきたので、接骨院に行った。インターネットで「王子 接骨院」で検索すると10件ほど。一軒はビルの3階。ひとつはビルの4階。もうひとつは一軒家ふうの1階。ただ、この一軒家、あまりに古そうでパス。結局、北本通りに面した所に行く。初めに問診表(アンケート票かな)を書く。途中抜け出してきたこともあって最後の「カイロプラクティックをしますか」みたいな問い...

続きを読む

王子 盛徳

以前にも何度か登場した王子の名店。ちょっと金銭的には敷居が高いが、接待(あるのかよ)やハレの日ように大切な店だ。山田屋や平澤蒲鉾のような気さくな店もあれば、先日の店やここのように銘酒を飲ませる店もあるのが王子の幅広さだ。そういえば、王子の店は「お通し」のない店が多い。ここは数少ない「お通し」あり、だが、業務用の山菜なんか出す店と違うぞ。いつ行っても(個人でも、予約した団体でも)お通しの手の込み具合...

続きを読む

王子 盛徳

以前にも何度か登場した王子の名店。ちょっと金銭的には敷居が高いが、接待(あるのかよ)やハレの日ように大切な店だ。山田屋や平澤蒲鉾のような気さくな店もあれば、先日の店やここのように銘酒を飲ませる店もあるのが王子の幅広さだ。そういえば、王子の店は「お通し」のない店が多い。ここは数少ない「お通し」あり、だが、業務用の山菜なんか出す店と違うぞ。いつ行っても(個人でも、予約した団体でも)お通しの手の込み具合...

続きを読む

講談協会本牧亭前座勉強会 (2月21日)

前回の宝井琴柑勉強会が大入りだったので、そこまでではないと知りつつ、早めに行ったら、かなり余裕のある客席だった。500円。一龍斎貞鏡「二宮尊徳物語」途中、大仏の「目から鼻に抜ける」の由来を話し、「どこまで話したかわからなくなった」と笑わせ、ここで元に戻るはずが、本当に分からなくなって、話の次がしばらく出なくなった。思い出すのか? 誰かが楽屋から教えるのか? 泣きだすのではないか? などが心配で、客席...

続きを読む

講談協会本牧亭前座勉強会 (2月21日)

前回の宝井琴柑勉強会が大入りだったので、そこまでではないと知りつつ、早めに行ったら、かなり余裕のある客席だった。500円。一龍斎貞鏡「二宮尊徳物語」途中、大仏の「目から鼻に抜ける」の由来を話し、「どこまで話したかわからなくなった」と笑わせ、ここで元に戻るはずが、本当に分からなくなって、話の次がしばらく出なくなった。思い出すのか? 誰かが楽屋から教えるのか? 泣きだすのではないか? などが心配で、客席...

続きを読む

王子の銘酒居酒屋

居酒屋のつまみは共有財産。これはよく言われることで、しかしそれをわきまえない若いものが、自分の好きなものばかりを注文する姿にまれに出くわす。また、自分がメンバーの数などを考えて、何品か注文するのに、それにかぶせて、俺も、と何品も注文され、卓の上が一杯になることがある。こんなのは、修練なんだろうね。また、店自体も共有財産といえる。誰が最初に発見しようが、みんながそれぞれな組み合わせで行き、それで店が...

続きを読む

王子の銘酒居酒屋

居酒屋のつまみは共有財産。これはよく言われることで、しかしそれをわきまえない若いものが、自分の好きなものばかりを注文する姿にまれに出くわす。また、自分がメンバーの数などを考えて、何品か注文するのに、それにかぶせて、俺も、と何品も注文され、卓の上が一杯になることがある。こんなのは、修練なんだろうね。また、店自体も共有財産といえる。誰が最初に発見しようが、みんながそれぞれな組み合わせで行き、それで店が...

続きを読む

朱川湊人『本日、サービスデー』

朱川湊人の作品は普連土学園の入試問題にも使われた『花まんま』で感動して以来、できるだけ読むようにしている。もし、今の作家で好きなのは?と問われたら、池永陽と朱川湊人をまず真っ先に挙げるかもしれない。朱川の作品はジャンルとしてはホラー、ないしノスタルジックホラーに属するのだが、ほんのささやかな切れ目からほの見えるささやかな恐ろしさが、かえってリアリティーを与えていて、怖い。また、物哀しい。こういうと...

続きを読む

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ