FC2ブログ

記事一覧

香蘭女学校 学校説明会その15(10年6月18日)~洗足池

香蘭女学校は大田区旗の台にある学校。実業家の邸宅跡に立てられたため、築山があり、茶室も似合う自然に囲まれた学校だ。今日はその説明会。の空模様。が降らなければいいが、蒸し暑い。1200人収容の礼拝堂で行われる。いつも説明会の初めと終わりに神へのお祈りがある。 横内允校長は「キリスト教学校の曲がり角」と、先日のキリスト教主義の学校の集まりでの議題を紹介。志願者の減と、教師の力量低下・学校理念を体現でき...

続きを読む

東京家政学院中学 学校説明会その14(10年6月16日)

のっけから何なんですが、東京家政学院は東京家政大学附属と違います。かたや市ヶ谷、後者は十条。紛らわしいのはどちらも大学があること。まあ、東京女子学園と東京女子学院を筆頭に、明星学園と明星、千葉では和洋国府台と国府台女子、神奈川でも湘南学園と湘南学院など、似た名前の学校は多い。これらをうまく語り分けられるかどうか、がプロの条件なのだ(何のプロだ?)。さて、梅雨入りして、蒸すのにからりと晴れた(初夏を...

続きを読む

駿台学園 学校説明会その13(10年6月15日)~つけ麺屋

駿台学園の学校説明会に行ってきた。会場は学校ではなく、池袋のホテルメトロポリタン。駅から近いうえに、駅にはメトロポリタン口なんてあるので、迷うことなく便利。城北地域の学校の説明会によく使われる。 こういった外部会場を使う理由はだいたい次の3つになる。1 学校が駅から不便で、わざわざ来てもらうのにしのびない。2 数人の教師が行くだけで済み、応接をホテルがやってくれるので楽だ。3 収容するだけの会...

続きを読む

和洋九段中学 学校説明会その12(10年6月14日)

今、50代ぐらいで、ふた昔前に中学受験をさせた人が現在の「偏差値表」を見たら、かなり驚かれるかもしれない。たとえば女子校。跡見・実践・山脇・東京女学館といったかつての「2科目名門校」の凋落と、豊島岡や吉祥・鷗友・洗足といった「急成長」校との、ランキングの逆転。凋落校には共立や東洋英和を入れてもいいかもしれない(断わっておくと、悪い学校として名前を出しているのではないですよ。あくまでもランキング...

続きを読む

北鎌倉 あじさい寺(明月院)

家に紫陽花がある・紫陽花が大好きではない、が明月院まで行くことになった。ホントはで見た、成就院と云うのに行きたかったが。(家庭内の力関係、だな)北鎌倉の駅のホームに降りたが、あまりの人出に、動けない状態。線路を渡り、いつもの改札から出ればいいのに、自動改札1つだけの臨時改札からみんな出ようとしているからだ。 なんとか人をかき分け、空いている改札へ。やがて道を左折すると、 明月院につく前に、...

続きを読む

今日もまた山田屋で

今日もまた[山田屋]へ。少し前まで面談していた少女の涙をたっぷり含んだハンカチを持って。 月灯さんのおっしゃる、左の常連席へ。まずはビール!といわず、最初からにごり酒に。コワモテおじさんが「にごり」と言いながら、倉庫から持ってきた。お、今日のにごりは新潟の天神囃子だ。 あては、ねぎぬたがなかったので、ワカメぬたと、鶏皮ポン酢。各240円。なんと、ワカメぬたにはイカの刺身が入っている。でも、イカ...

続きを読む

田端 初恋屋

昼に市ヶ谷で[宮川]のうな丼。(この前の記事ね) 夕刻はどうする まっすぐ帰ってはもったいない(何でだ?)。まだ明るいうちから呑んで、店を出たらまだ夕方、これが理想だ。 王子のブックス王子に行く。基本、本は小さな本屋さんで買う、と決めている。どうしても仕方がないと、大きな本屋に行くしかないが。 浜田信郎さんの新著があった。『東京飲み歩き手帳』グラビアが巻頭に8ページで、本文は文字とデ...

続きを読む

三輪田中学 学校説明会その11(10年6月11日) ~鰻坂

三輪田中学の学校説明会に伺った。数年がかりの新校舎建築がほぼ終わり、あとはグラウンドの整備(水はけのよい、あの緑色にする)だけだ。 新校舎建築は、近年は変わった。以前は、プレハブの仮設校舎を設けたが、これは評判が悪い。自分の卒業後の新校舎のために、何年も仮設で過ごさせるのは、募集に響く。都心の小さな学校では、離れたところの閉校した小学校校舎を借りたりすることもあるが、これも評判が良くない。最近...

続きを読む

森達也『いのちの食べかた』

なんとも言えない、もやもやとした気持ち。今日の夕刊(6月10日朝日)。「口蹄疫 都城、2時間で全208頭」との見出し。「(市の)男性職員(44)は『大量の牛を殺処分した。最期に牛が鳴く声を聞き、「これは殺処分の現場なんだ」と恐ろしさを実感した』と話す。」 よくわからないのだ。そういう言い方をわざとしての意図があるのではない。 「口蹄疫は人に感染せず、感染した肉を食べても人体に影響はありません」では...

続きを読む

三浦清宏『長男の出家』

かなり古い本で、88年の芥川賞受賞作だ。実はうちにはかなりの本があるほうなのだが、買ったままの本も少なくない。本は目を離すとすぐ手に入りにくくなる。まして、出版社は倉庫代がかさむので、総てをとっておかず、すぐ「絶版」にしてしまう。見つけた時に買っておくべし、なのだ。無論、だからと言って総てを買えるわけではない。古本屋でも高い。若かりし頃に買いためた本を引っ張り出して読むわけだ。この本を買ったままか、...

続きを読む

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ