FC2ブログ

記事一覧

金原亭馬治・馬吉を囲む会7 (10年7月19日)

噺道楽というグループがある。神奈川の落語愛好家の集まりで、そのホームページに神奈川の落語会情報が出ている。それを見ていたら、今日行ける落語会があった。普段は『東京かわら版』という、情報誌だけに頼っているから、そこに載っていない情報は漏れていたのだ。問い合わせると、構わないというので、行ってみる。大船の鎌倉芸術館だ。携帯でも美しく撮れるほどの快晴。むろん真昼は暑い。 金原亭馬吉と聞いて、ピンと来...

続きを読む

王子 装束ゑの木市と夜の山田屋

王子の装束稲荷と言ったら、大晦日の「狐の行列」の出発点だ。左上のプロフィールの画像は昔の、ここ。 狐の行列についてはこの記事を(09年大晦日の記事)http://blogs.yahoo.co.jp/kkwrw878/6062524.html さて、毎月第3土曜日にここで装束ゑの木市がささやかに開かれている。おいなりさんや栃尾の油揚げなどが売られている。そして、ブログ友だちの「狐丸」さんが踊りを踊っている。 他の日は平気だが、なかなか...

続きを読む

銭湯寄席千代田43 (10年7月16日)

川崎の閻魔寺から、白楽へ急ぐ。電車に乗っている時間は計12分なので、余裕で間に合う。今日も多くの客入りだ。見慣れない人も増えた。入場料800円+打ち上げ参加費1500円を払う。今日はレギュラーの志の八が出られず、ゲストとして馬吉さん。この千代田湯では初登場。柳家初花「金明竹」かなり太った。そうみんなに今日だけで30回言われたとこぼす。「歌武蔵師匠のデブの会のオファーが来て」と言う。今日の「金明竹」は短いバー...

続きを読む

閻魔寺寄席5 (10年7月16日)

7月16日は藪入り。地獄の釜の開く日。この日ばかりは閻魔さまも罪人をとがめないらしい。ここ川崎の一行寺は別名閻魔寺。1月と7月の16日は閻魔さまを公開しているらしい。行ってみる。一昨日、梅雨が明けたようなことを天気予報が言っていた。なるほど抜けるような青空だ。春は黄砂でかすんでいるので、久しぶりの晴天にうっとりする。 さて自分は信心深い人間では、全くない。これが目的なのだ。主催が川崎の区役所。だから...

続きを読む

姜尚中『在日』

先日、富士見丘の説明会の帰りに、カレーを食わせる古本屋で買った本。筆者は『朝生』などのテレビの討論番組に引っ張りだこなので、知らない人は少ないだろう。自分はこの人の思想を詳しく知っているのではないゆえ、強く支持しているわけではない。ただ、討論番組での話などから、穏健なリベラリストという感じがして好感は持っている。今のご時世、穏健派でさえ許されない風潮がある、危険な空気を感じるので。筆者も「北朝鮮バ...

続きを読む

トキワ松学園 学校説明会その25(10年7月13日)

トキワ松学園、と初めて聴くと、まるで「窓ぎわのトットちゃん」が通う学校のような名前だ。あちらは今はなき自由が丘のトモエ学園。 この学校は長らく停滞していた・していると思う。歴代の校長は常に外部から招へい。元公立校長などだ。はたして、このような人が腰かけ程度に、いいかえれば天下り先みっけ!のつもりで数年いるだけで、学校の何が変わるのか。いや、変える気さえないだろう。それで、現場の先生の士気が上が...

続きを読む

恵泉女学園 学校説明会その24(10年7月12日)

好きな学校を、もし仕分けるとすると・我が子に通わせたい学校・自分が通いたい学校・そこで教鞭を執りたい学校になるのだろうか。自分が通うなら、鴎友、大妻多摩、そしてこの恵泉もそうだな。 経堂という街は不思議なところだ。駅を北西に行くと恵泉。南東に行くと鴎友。南にずっと行くと東京農大一。え何が不思議かって。気付きませんか。ほら、どの学校も「園芸」を掲げている。たまたまなのか、なにかあるのか。恵泉は校...

続きを読む

第22回参議院選挙

いつからかこういう封書になったね。投票所は昔家のものと子どもが2代にわたって通った小学校。その体育館。あ、「投票所内では携帯電話の使用は禁止です」と貼り紙。まあ、たぶん「あ、お父~さん。誰に入れるんだったっけ~」と大声でしゃべるおばさんがいるんではないかと妄想。しかし、パシャリこそダメなのかも。自分に投票用紙を手渡された瞬間とか。投函する直前を家人に撮らせるとか(大物議員かよ)。 昔、帰省して...

続きを読む

王子 赤ちょうちん

昨日の10日、また[山田屋]の記事と思ったでしょう(誰が?)。たまには違う店を。 [赤ちょうちん]という名前の店。 なんか、そのまんま。前は本当の名前があるのかと思っていたが、ないようで。喫茶とか、レストラン、という名前の店があるようなもんでしょ。 まあ、いいけど。 定点観測とともに、巡回活動もまた、大事な仕事の一つで(何の仕事だ?)。あちこちの店、まだやってるかな、と訪れる。 まず...

続きを読む

護国寺で女流義太夫を聴こう5 (10年7月9日)

7月9日・10日は「四万六千日」だ。この日に観音様にお参りすると46000日分のご利益があるという。ちょっと都合がよすぎないか。46000日というと126年だ。まあ先代の桂文楽師の「四万六千日、お暑い盛りでございます」のフレーズで有名なように、暑い中やってきて御苦労、というわけか。浅草ではほおずき市も開かれている。 ここは池袋にほど近い護国寺。暑くはないが、残念にも門前のたこ焼き屋に子どもが群...

続きを読む

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ