FC2ブログ

記事一覧

中華街でランチ6 [四五六菜館・新館] (上海) ~山岡みね展~

昨日の会社の飲み会は、次の日の31日が休みだから。給料日はこっちの銀行にローンの振り込みを、こっちの郵便局に学校の月謝の入金を、と忙しい。 絵と中華街を見に、出かける。石川町駅からかなり歩くと、朱雀門(南門)。 山岡みね展「ねこのあいうえお(あ~そ)」 <art Truth> ねこを描いた水彩画。すべての題が50音順になっていて、今日の展示は「あ」~「そ」。案内のポストカードになっている上の絵は「う...

続きを読む

中華街でランチ6 [四五六菜館・新館] (上海) ~山岡みね展~

昨日の会社の飲み会は、次の日の31日が休みだから。給料日はこっちの銀行にローンの振り込みを、こっちの郵便局に学校の月謝の入金を、と忙しい。 絵と中華街を見に、出かける。石川町駅からかなり歩くと、朱雀門(南門)。 山岡みね展「ねこのあいうえお(あ~そ)」 <art Truth> ねこを描いた水彩画。すべての題が50音順になっていて、今日の展示は「あ」~「そ」。案内のポストカードになっている上の絵は「う...

続きを読む

王子 やまに

今日は予告通り、[山田屋]ではない。 会社の飲み会である。自分ともうひとり、女性が毎回、店を選ぶ。今回はこの二人の話し合いで(妄想中)、久しぶりに[やまに]にする。 ここで宴会をするときは、別館と呼ばれる建物に案内される。歩いて数分のところだ。是非画像をと思いながら、まだ撮影に成功しないのだが(どやどやとみんなが入ってくるので)、言ってみれば、一部屋だけの建物で、長いテーブルに、テレビがあり、...

続きを読む

王子 やまに

今日は予告通り、[山田屋]ではない。 会社の飲み会である。自分ともうひとり、女性が毎回、店を選ぶ。今回はこの二人の話し合いで(妄想中)、久しぶりに[やまに]にする。 ここで宴会をするときは、別館と呼ばれる建物に案内される。歩いて数分のところだ。是非画像をと思いながら、まだ撮影に成功しないのだが(どやどやとみんなが入ってくるので)、言ってみれば、一部屋だけの建物で、長いテーブルに、テレビがあり、...

続きを読む

黄昏時の呑み

お前のいちばん楽しい時はなにかと聞かれたら、そりゃあ女性と一緒にいるときでしょう。と答える。たとえば、昨日のテレビに出ていた倉科カナ彼女と遊んでいたら、時間を忘れるよなあ。気が付いたら、3日ほど家に帰らなかったりして…。 と、妄想はいいとして、もっと現実的なことを言えよ、と言われたら、黄昏時かその少し前の時間の飲み屋、と答える。(倉科カナから、大きく現実化したな)明るい時間から呑むのもいい。む...

続きを読む

黄昏時の呑み

お前のいちばん楽しい時はなにかと聞かれたら、そりゃあ女性と一緒にいるときでしょう。と答える。たとえば、昨日のテレビに出ていた倉科カナ彼女と遊んでいたら、時間を忘れるよなあ。気が付いたら、3日ほど家に帰らなかったりして…。 と、妄想はいいとして、もっと現実的なことを言えよ、と言われたら、黄昏時かその少し前の時間の飲み屋、と答える。(倉科カナから、大きく現実化したな)明るい時間から呑むのもいい。む...

続きを読む

春を探しに…

とまあ、可愛いタイトルですが、要は散歩ですな。休みの日は家でゴロゴロ。これじゃ晩ご飯は美味しくなくなる、とばかり、少し温かいので、近所の里山に出かけました。(動機は喰い気。でも、健康のためにはいいか)桜が少し咲いているのも見かけたものの…まだまだ冬枯れの裸樹である。それにしても、これが歩いて数分の近所だなんて、どんな田舎なんだよ赤い花ミッケ。(名前不詳)黄色い花ミッケ。(やはり不詳。そもそも花なの...

続きを読む

春を探しに…

とまあ、可愛いタイトルですが、要は散歩ですな。休みの日は家でゴロゴロ。これじゃ晩ご飯は美味しくなくなる、とばかり、少し温かいので、近所の里山に出かけました。(動機は喰い気。でも、健康のためにはいいか)桜が少し咲いているのも見かけたものの…まだまだ冬枯れの裸樹である。それにしても、これが歩いて数分の近所だなんて、どんな田舎なんだよ赤い花ミッケ。(名前不詳)黄色い花ミッケ。(やはり不詳。そもそも花なの...

続きを読む

山田屋でさらに常連化する

この記事は王子の名大衆酒場[山田屋]を舞台に、ひとりの男が初訪問からわずか数年で馴染みに変化していく奇跡をとおして、その原動力となった信頼と愛を、余すところなくドラマ化したものである。(スクールウォーズ風に芥川隆行で) 今日でお別れするひとがいて、最後に狐と話したいというので、話した。泣くと困るので(自分が)手紙とプレゼントを渡した。商売上、ひとの出はいりは激しいものなのだが、今回はちょっと辛い...

続きを読む

山田屋でさらに常連化する

この記事は王子の名大衆酒場[山田屋]を舞台に、ひとりの男が初訪問からわずか数年で馴染みに変化していく奇跡をとおして、その原動力となった信頼と愛を、余すところなくドラマ化したものである。(スクールウォーズ風に芥川隆行で) 今日でお別れするひとがいて、最後に狐と話したいというので、話した。泣くと困るので(自分が)手紙とプレゼントを渡した。商売上、ひとの出はいりは激しいものなのだが、今回はちょっと辛い...

続きを読む

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ