FC2ブログ

記事一覧

川崎 元祖・もぐら・フルミチ

川崎に行った。用もなく、酔うがあった。まだ、明るい。ここはあとで行く。まずは[元祖立ち飲み屋]開店30分ぐらいで、すでにカウンターは満員だ。なんとか奥の方に見つけていただいて「生ビール」外はどんなに冬でも、生ですね。ホッピーにしないのは今日ははしごするからだ。いわゆるハシゴマン(@アンジャッシュ渡部健)。この時間は隣り[フルミチ]のM店長がヘルプに来ている。たいへんだなあ。 おつまみは…しみ豆富・馬刺...

続きを読む

気仙沼 船尾灯

気仙沼の角星さん(金紋両国)からメールが来た。新酒が出来たのでとのDMですね。12月になってから発売とのことなので、待って注文。昨日の火曜日に届いた。 船尾灯・特別純米 にごり酒「船尾灯」と書いて、ともしび、と読む。他の酒は新酒でも、通年販売だが、このにごりは季節限定。もろみをしぼった最後に残る一番濃厚なところを瓶詰めというわけだから、濁りというより、おり酒だな。むろん最後のところだけなので数量...

続きを読む

大船 ちょいのみていでちょいのみ

ymppさんからメールを頂いた。[フルミチ]に来い、という。しかし、この時間では少ししかいられない。しかも、今日は大魔王から徹夜の仕事を手伝え、との命令である。子作りするから徹夜だぞ、ならいいのだが、受験生の王女までこき使う内職である。まさにドレイ工場である。残念ながら断念の返信を送る。 大船に着いた。バスまでかなりの時間がある。パン屋が40%引きの札を出している。「まだいいですか」と断って、夜食...

続きを読む

秋も終わりか…音無親水公園・旧古河庭園・六義園・山田屋 

もりだくさんの一日を過ごす。スタートはここ。[石鍋商店]当然、くず餅は大魔王への土産ね。久寿餅 550円先日読んだある本で「これがくず餅なら今まで食べてきたのは何だったの?」と嘆きたくなること請け合い、と書かれていた(早川光『東京名物』)。むろん自分は前から知ってましたよ。 今年は狐の行列に行けないだろうから、一人行列で、王子稲荷に。狐の穴にお参りしてからこの石を軽々持ち上げると、願い事がかなう...

続きを読む

全国大学版画展~芹が谷公園~ 町田ラーメン紀行17 夜はフルミチ

秋の名残を探しに行く。町田で秋を、と探すなら芹が谷公園。版画美術館がある。今やっているのは…おや、入場無料とある。これはありがたい。行ってみよう。第37回全国大学版画展ポスターは昨年の大賞ね。美術系大学や教育系大学の学生の作品が、学校別に並んでいる。各校で選抜された作品だ。真紀子ちゃんじゃないけど、確かにいろいろ学校があるなあ~。筑波や女子美など、高名なのもあるが、そんな学校あるの、というのも確かに...

続きを読む

侘助・病院・立ち飲み・総選挙

久しぶりに大船に行った家族で昼食である。[侘助] 昼さがりなので客は少ない。とろろそば体に良さそうでしょ。とろろが心地よい。地鶏唐揚げはおもに王女が。自分はひと切れね。ここは、本当に気持ち落ち着く店である。そばがもう少し太くてもいいかな。 とろろそば 1100円×2山菜うどん 1100円地鶏唐揚げ 900円計 4200円ごちそうさまでした   …………………………………………………………………………………………… それ...

続きを読む

根岸家で一献

人生、いつも選択の連続だ。昼は何を食べるか?夜はまっすぐ帰るか? 寄るならフルミチか、根岸家か。はたまた新規開拓か?ひとは一歩外に出ると、常に決断の連続である。 というわけで、今日は[根岸家]。大丈夫。のれんが掛っていた。混んでますね~。なんとか壁側の端っこの席をゲット。ここは初めてだ。 お酒の燗が上がる前に二品注文。お酒と同じころに一品来てカンパチカブト煮なるほど、カンパチの頭からすると、...

続きを読む

秋田 雪の茅舎頒布会

これも3年目になったかな。雪の茅舎頒布会能代の天洋酒店を通じて申し込んでいる。 いわゆるいろんな酒蔵の酒を味わう頒布会は、実はその問屋・酒屋の好みや狙いをもとに設計されていて、個性が出ないことが多い。一方これはひとつの酒蔵が自分の企画で出すのだから、蔵の個性が前面に出る。その一回目が届いた。そのうちの荒走(あらばしり)を飲んでみた。スペック的には65%に磨いたアル.添なので、特別本醸造の規格か...

続きを読む

第16回神宮外苑いちょう祭り

今日から師走だまだのこってるかなと思いつつ、外苑前で下車。ありました~。黄葉。光を浴びて、金色に輝く。今日は「トヨタ博物館 クラシックカーフェスタ」があり、日米欧のクラシックカー約100台がパレードをしていた。土曜なので人出が多い。黄色以外もありました。小さい女の子がお母さんと遊んでいる絵はいいよね。女の子って必ず手にイチョウの葉や紅葉の葉を持つんだよね。 再びいちょう祭り。群がるひとびと。そ...

続きを読む

看板後の根岸家 黒猫のタンゴ

まだ間に合う時間なのに[根岸家]がのれんを外していたでも、まだ電気がついて、ママさんがカウンターの中に立っておられるのをガラス越しに発見自動ドアを開けて「もうダメですか」というと、しょうがないねえ~という顔で「はい、お通し~」と厨房に声をかけてくださった。 いつも「冷奴」と書いてある位置に「湯豆腐」の札が。注文する。湯豆腐いわゆる下町酒場の「湯豆腐」は温奴のことね。よく見ると右端に小さい立方体が...

続きを読む

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ