FC2ブログ

記事一覧

相武台前 ますや酒場 う~ん、悲しい

さて、 座間神社に行った自分は再び広大な米軍座間キャンプを横に見ながら、相武台前の駅への道をうきうき歩いて戻っていた。 そうそう、県北・県央の人以外に聞き慣れない「相武台前」というのは小田急小田原線で、相模大野と海老名の間の駅。地名でいうと、相模原市と座間市にまたがるかな。 ではなぜウキウキなのかというと、去年初めてこの駅に来て、3時から開く立ち飲み屋がえらく安かったので、ちょうどその時間...

続きを読む

青葉台 ラーメン246亭は濃厚鶏白湯

少し前に青葉台で白湯味のラーメンをらーめんまる玉で食べた。その記事を読んだ方からコメをいただき、ふたつのラーメン屋を教わった。そのうちのひとつに行くと、月曜祝日の場合は火曜休み、とのことで振られて、普通の中華ランタンに入った。でで、今日は再訪。[ラーメン246亭]のれんに「鶏白湯」とある。看板に創業昭和八十八年とある。 店内は細く、カウンター一列とボックス席がひとつ。あとはレトロの看板やポスター...

続きを読む

町田ラーメン紀行23 中国酒家十年

町田近辺でラーメンを食べるのも、23件目となった。今日は会社の近くでありながら、入ることのなかった中華屋さんのランチを。どうも地下にあると入りにくいね。[中国酒家 十年]できてまだ2年にはなっていないのではないかなあ。ピリ辛赤水餃子にも惹かれたのですが。かなりの大箱でした。おしぼりを手渡しし、「お茶は温かいのと冷たいのと」と聞く親切さ。閑散としてるかと思ったら、1時を過ぎてもリーマンが多くいました。牛...

続きを読む

東神奈川 二日続けののれんなしは

これは月曜の話。いつもの時間に退社、いつもの時間…う~ん、のれんがなかった。[根岸家]は看板がないので、のれんを仕舞ったのが営業終了の知らせ。遠くから覗くが、カウンターにお客はいないようだ。仕方ない。では、[どん八]へ…が~ん、シャッターが下りていた。この暗い道をすごすごと戻るのって、悲しいよね。急ぎ気味で行くと、まだ看板に灯りがともっていた。[立ち飲み 龍馬]店頭を撮っている間に消灯されたら困るので、即...

続きを読む

横浜商店 クレームと今日の100円と

日曜の話。22時20分ごろ横浜駅に着いたら、乗り換える電車が8分待ちだった。待ってもいいが、「の~りの~り、乗り換える~」と言うよりも、改札出ちゃいました。さすが横浜西口。人が多いわ。で、[横浜商店]この位置で、店内の音楽が聞こえてきました。 多少、レトロチックな内装のせいか、店で流れる有線は、70~80年代の歌謡曲。ちょうど狩人の「あずさ2号」でした。このころは本当に歌詞を大事にした曲が多か...

続きを読む

登戸 クラフトビア・ムーンライトと二期倶楽部

登戸長念寺で落語会を終えたスタッフ一行の4人が向かうのはいつも同じ。 [クラフトビア ムーンライト]ここは小さな醸造所で、自家醸造を行っている。できて4年、開店当初からお邪魔している。右手奥の扉の向こうが醸造所。右手手前がビールサーバーである。今日のビールは3種しかもうないようだ。江戸前/中野島江戸前は黒ビールの代表格のスタウト。琥珀色の中野島はこの辺りの地名。華やかなホップの香りを持つ。あとひ...

続きを読む

長念寺落語会16  (13年10月26日)

川崎市登戸にある長念寺に行く。今日は市の重要歴史記念物に指定されている本堂(文政年間に建て替え)で行われる落語会のお手伝いなのだ。ここ数年毎年秋の落語会に伺っている。本堂から山門を見た風景。いろんな文化財があるのだ。  長念寺落語会16金原亭駒松「ざるや」柳家初花「死ぬなら今」 かなり改作の部分もあって大いに受けていた。柳家小せん「御神酒徳利」 仲トリで、大きなネタをやってくれた。...

続きを読む

山高登木版画展―昭和に還る展―(13年10月27日)

山高登さんは自分の好きな版画家のひとりだ。木版画は、自画自彫自摺だ。ただ、かなりご高齢になられて、目が悪くなられたので、新作はもとより、旧作の摺もできなくなった。版画には、5/100みたいな数が必ずある。エディションと言うのだが、必ずしも刷った順に番号をつけるわけではないので、1番が貴重でもない。また、山高さんのように、一度に分母分刷るわけではない方もいる。ただ、先ほどの事情で枚数分すれなくなり、...

続きを読む

川崎 やまお ここは和食と和酒の宝石箱や~

さて、フルミチで4人で計2650円で失礼した(文字通り失礼)一行は[やまお]看板に灯りが灯っていないのは今日は駄目の合図。「貸し切り」の看板が出ています。今日は主催者ノブさんによると「下町チーム」と「チーム川崎」の「フィーリングカップル7対7」(古・笑)だそうで、席も下町側と川崎側で向かい合うとのこと。今日は料理はアラカルトだそうで、期待が高まるメニューの札。 酒の黒板を見ていたら、ママさん恒例...

続きを読む

フルミチ 今日は得売日でしたが…

それはこの日でした… 川崎の名店[フルミチ]寄れるかな、と思ったら、「5時半から0時会します」の連絡を受け、場所取りのため…はい、開店前から椅子に座って待ちます。元祖さんは1時間早い開店ですから、営業まっ最中。定時に、松ちゃん店長さんがいつものようにのれんを上げ、自分、続いて男女3人組が入店します。店長さんが指示してくれたのは、入り口がよく見える右奥のテーブル。おお、十四代が並んでいる。600円の...

続きを読む

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ