FC2ブログ

記事一覧

新子安 旧市民酒場の諸星酒場で小酌

さて、[きしや]を出て、駅のほうに向かうと、当然この店の前を通ることになる。
これは避けては通れぬ関門。
まあ、駅と反対の方向だって、わざわざ行くんですがね。
[諸星酒場]
        1_20190323024826cb6.jpg
いまだによくいろんなものに取り上げられるが、それでも以前よりお客が少なくなったように思うのは気のせいか。
自分の行く時間のせいや、まだ寒い気候のせいならいいんですが。
        2_20190323024828213.jpg
まずは大七 生酛純米 (福島)
変わる黄色のラベルはこの片口徳利で来る。
それ以下のレギュラーのはコップだ。
個人的にはコップのほうが色が見えて好きなんだが。
お通しはキューリのキューちゃんのようなもの。
     3_20190323024832be6.jpg
日本酒の短冊を眺めているだけで楽しくなってくる。
              4_20190323024832b0d.jpg
この時はわりとお客さんがいた。
奥の黒札を見たり、見えにくい張り紙を見たりして
        5_201903230248338a6.jpg

記憶が確かならもう温奴ではなかったように思う。
そしてもう一品来たのに驚いた。
        6_2019032302483499c.jpg
玉子焼き
およそ想像する形とは大きくかけ離れたこの形とサイズ。
この下はキャベツ。
もしこれにソースがかかっていたら、十分とんぺい焼きと名乗る資格のあるレベル。
              7_201903230248369f0.jpg
こんな感じで切っていただくわけです。
たぶん[諸星]で卵焼きを食べたことがないので、前からこうなのか、確か調理の方がいなくてこうなのかは不明だ。
     8_2019032302483745a.jpg
萩の鶴・しぼりたて 純米生原酒 (宮城)
              9_20190323024838c93.jpg
このころは長テーブルに人の姿はほぼなく。
広々と使えるし、煙くもないので好きなんです。
              10_201903230248396c8.jpg
きっとしぼりたてのうす濁りを見ようとして撮ったものと思われます(笑)。
ややとろ~ンとしていてラムネ香もあっていいね。
        11_20190323024841549.jpg
さて神輿をあげますか。

大七 550円
萩の鶴 600円
お通し 100円
やっこ 160円
玉子焼き 400円
外税 140円
計 1950円

ごちそうさまでした


[諸星酒場]
横浜市神奈川区子安通3-289
045-441-0840
17:00~22:00LO
土日祝休
https://twitter.com/SakabaMorohoshi 
スポンサーサイト



コメント

この名店に人が少ないとは!
飲ん兵衛はどこに行ってしまったのでしょうか、日本の酒文化の行く末が心配です((´ロ`)

No title

何度拝見してもシブくてたまりません。
お休みを取らないと訪問できないからなぁ。

sarukitikunさま。

そうなんですよ。
ホント行く末心配です。
真のインスタ映えは古典酒場にあり、ですからね。

やまぽよんさま。

土曜定休がネックですよね。
店主のお子さんはまだ小さいので、土日休は必要なんでしょう。
半休取ってお越し下さいませ^_^

No title

ここの長机何とも言えない雰囲気があって好きです。

おん蔵さま。

数人で行ってもこの長机に向かい合いたいですね。
テーブル席だと魅力数割減かな。

No title

こんばんわん♪
私も新子安まで遠征したら是非こちらに寄りたいのですが
一人だとお腹の都合でなかなか(^^ゞ
玉子焼き、休みの日に父が作ってくれたのが
こんな感じだったような?
無骨な感じが懐かしくて好きです♡

びびりさま。

確かにひとり呑みは腹との相談ですよね。
ましてあちらでもつ鍋なんぞやらかした日にはもう満腹劇場開演ですからね。
こちらに先に寄るという手もありますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ