FC2ブログ

記事一覧

人形町 岩手屋でまことにくつろいだ春の夜

この日も早くあがった4月3日の夜。しかも明日は休みだってことになるとそりゃあ「晩ご飯要らないね」と朝家を出る時に問われるまでもなく、はい要らないです(笑)。
実は以前の昼散歩の時に見つけた立ち呑み屋に行こうと前々から計画してみて…
                1_20190423104651b8c.jpg
はい、満席であきらめました(泣)。
ただそれは考えようで、ということはそれだけ安くてうまい、を証明しているわけで、これは後日を期しましょう(実際後日訪問しました)。
では、とあれこれ歩いてああでもないこうでもないとしていたが、じゃあここにしようと決めたのが、かなり前からあるこちら。
[岩手屋]
              2_20190423104653e45.jpg
外に何の気配もない。値段表示やメニュー紹介なども一切ない。
ただここは以前「酒場放浪記」で紹介されていたことがあるので、ならばそんなあこぎなこともなかろうと、入ってみることにした。
入ると10人は座れるかどうかぐらいの小さなL字カウンター。ギリギリ角っこの席が空いていた。
荷物や上着を置いて見回すも、呑み物のメニューは…ない。
                3_20190423104654e5f.jpg
お通しは玉こんにゃく。これはいい。
「お茶割り、ありますか」
「今ないのよ」と女将さん。
(酎ハイとか言って伝わるか、レモンハイと言うべきか)などと考えていたら「ウーロンハイなら」にそれ!と快諾。
しかし少しして「やっぱり緑茶ハイにしよう」と女将さん。
これからお茶を沸かすのかな、と待ってると…さっき外に出ていった人が戻ってきて、ペットボトルを2本女将さんに渡す。
う~ん、常連さんの部下の方にお茶を買いに言ってもらっていたのでした。
まことに恐縮。
しかし、買ってきてとか買ってこようかの会話もなかったはずで、その連携に舌を巻いたのでした。
                4_201904231046563b0.jpg
お茶割り
これで落ち着きました。
何か摘まもうかと思って、やっぱりカウンターのおでんでしょう、と目の前の鍋をのぞき込み…玉子というも玉子はない、と。
            5_2019042310465772d.jpg
おでん
真っ黒になったちくわがあったので、それとちくわぶ。
女将さんが黒いのはサービスと言ってもう一つちくわを添えてくれました。
この黒い小さくなったちくわではお金を取れない、そんな気配りがうれしいのでした。
お酒を頼むと新潟か岩手か、というので一も二もなく「岩手」。
確かお酒徳利は大と小があったような気もする。
                6_20190423104658068.jpg
お酒
薬缶に湯を沸かして燗したもの。
一杯目は女将さんがお酌してくださるのでした。
実は外の看板に「岩手銘酒 宝峰」というのがかかれているが、実はその宝峰、残念ながら2002年に廃業。自分が訪問したこともある「岩手川」も2006年に廃業。
地酒ブームだなんて言ってももてはやされるのは一部の蔵だけだ。これは「落語ブーム」と同じだな。
と言うわけで、このお酒はちらと瓶をみたところあさ開だ。
隣りのお姉さんも日本酒を呑んだので、どっちですかと聞いてみると岩手、というがそっけない。
一見が気安く話しかけるな、というわけか。了解。
次なる関門(笑)はつまみの黒板だ。
            7_201904231047005de.jpg
値段が書かれていない。
これは茅ヶ崎の今はなくなった焼き鳥屋[鳥春]でも経験した。
ご常連ばかりなので書く必要がない、と言うわけなのだろう。
呑み物メニューがないのに、皆さん日本酒や焼酎ボトルを愉しんでおられるのもそういうことだな。
ただ、お前も無駄に馬齢を重ねてきた奴だ、小金ぐらいあるだろう。
臆することなく頼めよ!
そんな声がどこからか聞こえて来た。
一人で切り盛りする女将さんは忙しそうだ。
「お手が空いたらニラ玉ください」
            8_20190423104701d19.jpg
ニラ玉
お醤油をかけてと言われたが、なあにこんなのなしで十分美味しいですよ。
そういうとあら、と驚かれてしまったが。
                9_20190423104703742.jpg
さっきのお茶を買ってきてくれたコンビが、手羽先を受け取ろうとして一つ落としたら、もう一度新しいのを焼いてくれる、そういう優しさにあふれたお店。
きっとみなさんこの女将さんに会いたくて、ほんのひと時癒されたくて来るんだろうなあ。可愛い女将さんに会いに。
                10_2019042310470428d.jpg
らっきょいただきました。
これはホントにいい箸休め。
初めての自分にもありがとうございます。
もう一杯緑茶割りを、今度は遠慮なく注文(笑)。
                11_201904231047065bf.jpg
緑茶ハイ
そして、自分も手羽先を焼いてもらおう。
            12_20190423104708fec.jpg
手羽先
ボリュームたっぷりで、しかも塩の具合がちょうど美味しい。
後で現れた常連さんとの人形町の話にちょっと参加したりして
                13_20190423104709c38.jpg

開けると出てくる楊枝入れなんか撮っているとこれはお仕舞いです。
料金は紙片を見ると3050円。
3100円出したのですが、100円玉を返していただき、ありがたく店を出たのでした。
以下()内は想像。
緑茶ハイ (400円)×2
あさ開2合 (700円)
お通し (350円)
おでんちくわ・ちくわぶ (100円)×2
ニラ玉子 (500円)
手羽先 (500円)
値引き -50円
計 3000円

ごちそうさまでした

[岩手屋]
東京都中央区日本橋人形町2-10-7
03-3666-3649
17:30~24:00
土日祝休
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ボトルを入れておつまみは適当にお任せしたくなるお店ですね、近所に欲しいです〜(^o^)丿

らっきょがあればエンドレスで呑み続けられます(笑)

No title

こんなところと仲良くしたいです。
とても惹かれますね。

Re: 6:25のナイショさま。

ご常連メインで、または誰かに連れられたご新規さんですかね。

Re: sarukitikunさま。

おつまみ、適当にみつくろって。
そう言える関係だと楽しいですよね。

Re: おん蔵さま。

確かに。しかも血液サラサラになる(笑)。
優れものです。

Re: やまぽよんさま。

女将さんの魅力で持つところは、ぽよんさんの紗紗や自分の健美と一脈通じるかな。
こういうところに宿り木があると嬉しいですね。

No title

こんばんわん♪
ご常連さんの多いお店でもこんな雰囲気でしたら
居心地が良いですね(*^^)v
わざわざ買いに行って頂いたお茶割りが1杯で終わるのかと
ドキドキしてしまいました(*´艸`*)

Re: びびりさま。

今日はまた雰囲気が違って面白かったですよ。
変な客が騒いでいました。

こんばんは。
記事の内容から女将さんの魅力が伝わってきました。緑茶を買いにいってくれるような常連さんとの関係も、ステキなですね。

魚平さんの記事を楽しみに待っています。

Re: 浜雪さま。

はい。
今日も笑顔で迎えてくれました。
たとえ。こいつは誰だ?と思っても笑顔があると
安心して座れました(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ