FC2ブログ

記事一覧

よこはま・いずみ寄席 (11月23日)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

横浜市泉区なんてほとんど縁のないところだ。この駅も初体験。
ただ、さきの桜ケ丘駅と違って、このいずみ中央駅はそば屋がある。[相州そば]。かき揚げざるそばを食べる。380円(確か)。

ライフが改札を出るとすぐにあり、その上がテアトルフォンテ・ホール。3階席まである無駄に広いホールだ。各区にこんなホールをつくって、月の稼働は半分ぐらいだ。まさに箱モノ行政の典型だな。
今日の落語会は「かながわ教育文化フォーラム2009」と題して、神奈川県高等学校教育会館の主催。どういう団体か知らないが、無料はありがたいことね。

宝井琴柑 「源平盛衰記・扇の的」
創作ものを演じる琴柑も好きだが、果敢に軍記物を読む琴柑も素敵だ。修羅場を読んでこその講釈師。その意気やよし!である。
金原亭馬治「真田小僧」
奥さんにお金を要求するまで。
どうやら風邪のせいで声が出にくく、前座噺しか無理、とあきらめたらしい。
息子が酔っ払いに見えた。
茶番劇(馬治・馬吉)
以前に見たのと違っていてよい。
教育トーク(馬治・馬吉・琴柑)
一応、こういうコーナー(「今日の教育に物申す!」)を入れないと、主催者側から叱られるんだろうな。
金原亭馬吉「抜け雀」
一文無しに経師で許したり、墨絵で許したりするから、店がボロボロなんだろうな。ちょっとボロボロ過ぎるのが、笑わせたくて、のことなんだろうが、統一感には欠けるかな。
この噺も、左甚五郎モノも、亭主はみんな人がいい。

演者とスタッフ・客などで打ち上げ。ホールの裏手の住宅街の中の[北の宿]。川の向こうに看板があるが、おそらく気付かないだろうな。ひとり4000円で、たっぷりの刺身やてんぷら。
そのあと二俣川まで行き、2次会。「海登」。ちょっとこっちは値段が高かった。5000円。体力や仕事・財政を考えると、一軒目でよせばよかった、がいつもの反省。

まして土曜[山田屋]、日曜[日高]連日のんでいるしな。

画像は上から、
・[相州そば]
・[北の宿]
右端は馬治さん。
・[海登]
・落語会の抽選風景
当たったためしがない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ