FC2ブログ

記事一覧

本郷台 丸源ラーメン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2月に開店したというチラシが入ってきた。ラーメン100円引き、餃子無料券(294円)が付いているので行ってみることにした。
もと書店の店舗は大きく、ファミリーレストランのように家族連れでごったがえす。連休の昼飯時だからしょうがないよね。
入口にも、店内にも、店員の感動する言葉集とか、店員の笑顔の写真とか、笑顔の作り方鏡付き、とかうるさい。こんなごたごたした感じや、自己愛っぽいのは関西風なのか。
そもそも入口に『笑顔の作り方――1、口の端をあげて…』というのは、待たされて怒りたくなる客対策なのでは? と思える。社員入口にかかげてほしい。
[牛角]もそうだが、こういうサークルのノリ的なのが、今の流れなのか?

熟成醤油の「肉そば」682円は「究極の醤油ラーメン」と謳っている。
『旨み豊富な小豆島産「本仕込醤油」とコクが強い岡山県産の「濃口醤油」と香りがある千葉県産「濃口醤油」を合わせて熟成させました』とある。どこの会社なのかは分からない。
ほかにも作り方が究極だと書かれているが、能書きより、味だ。

かなり甘い。
香りも肉うどんの香り。
ネギと玉ねぎがあり、また、もみじおろしも乗せられているが、それがなくては困るほどの甘さ。あるブログでここのラーメンを「肉じゃがに麺が入っている」と酷評していたが、当たっているともいえる。お子様には甘くておいしいかも。柔らかい豚肉と細い麺は合うのだが。
煮卵をトッピングしたので、味のアクセント。これも必要なものだった。
「スープ薄め」がいいのかも。

一方、8ヶ1人前の餃子は小ぶりなもの。「どろだれラー油」を酢醤油に混ぜて食べるのだが、いやな辛さ。何もつけなくても十分な味の濃さ。無料だからいいが。ビールのつまみならこの味の濃さ(化学調味料の濃さ)でもいいのかも。
100円引き券をもらったからまたくるかもしれないが、しばらくはいいや。
都合2人で2057円のところ1259円。

かえり、隣りのブックオフで105円の漫画本を2冊購入。
しかし、家に帰ると5巻6巻のうち、5巻まではすでに持っていた。
またやってしまった!
本の裏表紙には「本当にダメなのは、その失敗を次に活かせないやつだ!!」とあった……。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ