FC2ブログ

記事一覧

東京家政大学附属女子中学訪問

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

家政大の知り合いが1年間、出向でいなくなる、というので、あいさつに伺う。

出向先で何をするのか分からないようなのだが、大学の助成金関係の研修のようだ。
彼女が大学を出て、アルバイト時代からの付き合いなので「9年もですかねえ」と語りあう。

十条駅方面からのところに新しく十条門というのができている。
門の看板は大学名だけだが、聞いてみるとここから中高も行けると言う。昨年の初夏に来た時はなかったから、最近できたようだ。

そうか、昔初めて学校に来た頃は、立ち入り禁止の空き地だった。
確か、国税庁の住宅を取り壊した跡だと思う(かなり古い東京の地図ではそうなっている)。
そこを大学が買い取り、校舎や寄宿舎、食堂などを建て、きれいな門ができるのだから、彼女との、学校との付き合いが古いのも、なるほどと思う。

入試関係の先生も何人か同席し、歓談。
今年の入試は残念なことに定員割れ。やはり、大学実績の低迷が訴求力を削いでいる。
高校からの生徒は併設大学狙いだし、他大学を目指す中入生も推薦をもらうと満足し、それ以上を狙わない。
今後は推薦を取らせないコースも設ける2010年からの躍進コースの新設などだが、どうなるか。
「躍進コースもまだ形が出来ていないので、魅力を伝えられなかった……ただ、形がなくても人気を集めている学校もあるからね」
その通り。でなければ、新設校人気はあり得ない。
今までと同じことをしていてはじり貧。それで意見の一致を見て、塾説の形式を変えるなどの提案をふたたびしてみた。
どうしても高校入試が大きくあると中学からの希望者が二の足を踏む。
高校入試をなくすことはできないから、中学からの入学の良さを説明会で訴えることと、授業見学などで生徒の良さを伝えること。
実際この学校の中高生は地味というか素朴というか、いい感じの人が多い。
それを見せるところから始まるものもあるだろう。
彼女との送別できたものの、入試担当の先生がたとしゃべっていると、いつもこんな話で盛り上がる(?)

十条門からの通り沿いの桜はまだ苗木で、少しの花びらしか付けていない。
正門付近の大きな桜木のようになる頃、この学校が躍進しているといいのだが。

学校を後にして、ブックオフで焼酎の本が安価であったのを買い、そば屋に入る。この店も前にはなかったような。[かえる]という店でコロッケ乗せ440円。4時からは串揚げの店になるらしい。今度また来てみよう。

学校近くの路上に、また、東十条の線路沿いにも桜。
飛鳥山での桜に始まり、十条と東十条の桜。
いま真っ盛りが始まるところだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

色んな学校で〇〇コースが出来てますよね
名前を見るといい大学に入れそうでとっても魅力に感じてしまいます
大学実績だけで学校を選ぼうとは思わないけれど東大〇名の記事を見るとついつい気になってしまいます^^;
前に紹介してくれた本の2冊が図書館においてないのでブックオフで探してます^^

No title

大学全入時代とささやかれると、より難関大学の実績が問われるでしょうね。

あの2冊、実はうちの近所の図書館にもなかったのです。
役所の経費削減で、図書の購入費が減っているのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ