FC2ブログ

記事一覧

滝野川落語会39 (4月27日)

イメージ 1

イメージ 2

上中里駅で降りた時はまだ雨が降っていなかった。
駅前からずっと続く、植え込みの赤い新芽が美しい。何という名前なのか、あちこちで見かける。桜の頃の飛鳥山でもきれいに芽吹いていた。

滝野川会館に行く道はいくつかあるが、今日は城官寺を経由して。山門の近くの八重桜が凄い。真下に行ってみると、より凄い。と同時に、幼稚園の、花紙で作った飾りだな、といつも思う。この城官寺、都の史蹟らしいが、なんだか神社と違ってお寺って、個人の家っぽくって入りにくいよね。

滝野川会館で、落語会。39回目。500円という安価だが、客はいつもより少なく、10人前後。

桂三木男「みんな中毒」(仮題)
今年の唯一の花見は練馬の談志師匠の家での花見、ということやスーパー歌舞伎を見たという枕なのだが、どんな素人でももっとちゃんと喋れるぞ、という感じ。たどたどしい、の限度を大きく逸脱。きっと、この坊やは小さいころから学校であった事を母親に話すのだが、「で、誰が何したの」と母親に聴かれるタイプだな。要領を得ない話の男の子っているよね。
母親といえば、今日の受付は三木男の母親、小林茂子さんだ。三代目三木助の娘にして、四代目三木助の姉。3度の結婚と離婚を繰り返している人だ(懲りないのか?)。
近づいてくる自分を客と思わず、睨みつけられた。目の前で500円玉を出してから、「あら」と言われた。
これは高校時代の4人の男が再開して飲み会をする自作。小林という男は落語家になっているがゲーム中毒。ひとりはニコチン中毒。もう一人はアルコール中毒。最後の一人は注告する中毒という落ち。落ちが分かっているのに、そこまでの持って生き方がくどく、下手。
古今亭志ん八「代脈」
バレ噺にもなりうる噺だが、さらりと仕上げた。
桂三木男「雛鍔」
古典だけをしっかりやった方がいいんじゃないか。先ほどとは違って、「聴けた」。
古今亭志ん八「丘の上のピヨ」
彼も入門の時の話や一度だけ談志師と会った話をする。それは師匠志ん五の独演会でゲストとして出た談志師が高座に上がる前「志ん五の客の前でやるのは怖いな」ともらしたというエピソード。あの師匠でさえ怖いのに、今日トリで新作をする自分はなんて恐いもの知らずなんだろうか、と。
登場人物は自分たち夫婦。売れない落語家の家にメジロがやってきて、母鳥とともに落語をする話。メジロは先代小さんの別称「目白」を掛けている。

まあ、500円という安さだし、交通費も定期なんだが、そろそろ今後、行くのをどうしようかな、と感じる今日だった。
滝野川会館を出ると雨が降っていた。朝早い落語会なので、呑もう、というわけにはいかず、無性に熱く濃いコーヒーが飲みたくなった。

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは♪
正確には、おはよう~ ですね(*^^)

私の友達にも、落語の好きな人が居て、私も誘われますが、なかなか時間がとれず、まだ行った事がありません、
落語は、面白藻のだと思っていましたが
少し違う場合もあるんですね
聴きなれた人で無いと、分からないのかな~
一度、行ってみたい落語です♪
でも・・・
500円は安いですね~
少し肌寒かった日、、熱~~いコーヒーが美味しかった一日ですね♪

No title

おはようございます。
よっこさんも案外夜更かしさんなんですね。

落語の入場料はまさにピンキリ。無料から1万円委譲するものまで。
私は1000円台で聴ける若手が気楽で好きです。
まずは、そのお好きな人のお薦めから同行されるとよいのでは。
いつか、同じ落語会に行っていて、たがいに気づかず……なんてこともあるかも。

No title

べにかなめというんだと思います。
うちの生垣も この木です。

私も落語は行ったことないですけど、面白そうですね。
夫は 昔 営業の途中に抜け出して 行っことがあるらしく、
面白いから、そのうち 行こうよとさそわれたまま 今に至ってしまってます^^;

No title

YOYOさま。

べにかなめ……紅の要なんですね(そうか?)
ありがとうございます。
確かに、よく生け垣で見かけます。

生まれ変わったらなりたい男
1)力自慢のマッチョ
2)もて放題のイケメン
3)花の名前をものすごく知っている男

うーん。3ならまだ可能性がありそうだ…

No title

王子の狐様。太平楽です。度々の御訪問、誠に有難う御座居ます!
500円で落語四題・・・。素晴らしいですね。価格破壊。
山形ですと山形市民会館の新春寄席がそのクラスでしょうか?市民会館主催なので入場料1000円。(全席指定!)
前座、漫才、太神楽、そして大看板の真打が二人来て、
この値段・・・。いつも、満員御礼です。今年は補修工事でなかったのが、痛恨の極みでした。
今年、浅草演芸ホールで、柳家喬太郎師匠と川柳川柳師匠が聞けたのが、今年、最高の至福のひとときでしたね・・・。
・・・今年はまだ、終わってませんが・・・。

No title

こんばんは・・・
落語ってテレビのみで 生で聞いたことありません。。。
そういえば、、、高校生の時に(故)円楽さんの講演会を聴いたようなぁ~
半分いや、、、ほとんど寝ていたようなものですが^^;

No title

俊風亭太平楽さま。
ご訪問いただき、ありがとうございます。
1000円で全席指定だと、すぐ埋まってしまうのでは?

今年の最高の至福。わかります。
どちらもいい噺家さんですよねえ。
あとは、あれは至福のほうではなかったな、と思えるほどの至福がこのあと8カ月でありますように、お祈りします。

No title

forestgreenさま。
ご訪問いただき、ありがとうございます。
確かに。
高校生には睡眠タイムかな、と思えます。

前に子どもの学校に入船亭扇遊師匠という、通にはすごい師匠が「古典芸能鑑賞会」でいらしたそうですが、娘は「別にぃ」でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ