FC2ブログ

記事一覧

江戸東京たてもの園~大黒屋

日差しは強そうだが、風が涼しい。
今日の「王子散歩」は武蔵小金井へ行く。
若かりし頃、荻窪に住んでいたが、その当時でも西は吉祥寺まで。めったに行かない方向だ。
駅は今新築工事中。
イメージ 1
 ブログ仲間のRINKOさんの縄張りに入ってきたな、となんとなく思う。
駅から西武バスで、「小金井公園西口」へ。
さっそく緑が広がる。
イメージ 2
 
掲示された地図を見ると、たてもの園が小金井公園全体の4分の1ぐらいだ。どんだけ大きいのか、と思う。
たてもの園の中には武蔵野の雑木林もあり、国木田独歩の思索して歩いたのはこんな感じか、と思う。
やがて、すごい建物が現れる。これが入り口だ。
イメージ 13
イメージ 15
 
まずはじめに今日の目的の一つの「多摩の酒蔵」展に。
「写真はいいのですか」と問うと、この中だけはダメと、恐縮され、特別展の22ページの資料冊子をくださる。いい人だ。
多摩には多くの酒蔵があった。それが1975年に17あったのが、09年には稼業しているのは、9社に減った。
かつて荻窪で暮らしていたとき駅前にあった飲み屋の吟雪も、狛江の、かわいい女性桜子ちゃんがあとを継いで話題になった鳳桜も、ない。
大消費地を持ちながらも、個性を出しきれなかった、物語性を持たなかったことが、敗因の一つかもしれない。
何とも、さみしい、残念なことだ。
イメージ 16
これは写してもいいコーナーです。
 
そのあと、園内を散策。
建物の外観は、パンフレットにすべて載っているので。
イメージ 17
写真館の中。
曜日によっては写真を撮ってくれるようだ。
 
イメージ 18
いくつかの「農家」などで、囲炉裏が焚かれている。
心がなごむものがある。
 
イメージ 19
明かりのついている2階の部屋は高橋是清の寝室。
2・26事件の時、ここで殺された。
各建物内にボランティアの人がいて、問うと
「そう、その階段をだだっと登ってきて、銃で撃ち、そのあと剣で。…即死でした」
と、見ていたのかよ、というような生々しい手つきで語ってくれた。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 3
イメージ 4
 江戸時代の家よりも、こんな大正モダンが好きなのだ。
 
谷中の「鍵屋」という飲み屋も移築してある。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
この女性が饒舌だ。
最後の写真のこのカウンター。
「時間ですよ」で篠ひろ子がやっていて、藤竜也が呑んでいたここは、用心棒か、愛人関係の人が座るんですよ~。その頃は気がつかなかったんだけど、付き合ってたんですね~、などと楽しそうに語る。
なお、ここは展示のみで、酒を供することはない。
それでも、誤解した人が次々と入ってくる。
「飲めますか~」と聞きながら。
ゆどうふやにこごりが80円なら、大繁盛だろう。
その代わり、一か所だけ食べさせる店が。
園内でここだけ歴史建造物ではない。
[蔵]という店で、武蔵野うどんを。うどん粉にそば粉を混ぜてある太麺だ。600円。
イメージ 8
イメージ 9
 
食べると、気持ちよくなってくる。
寝不足解消で、人の来ないベンチで昼寝。
途中、大胆に寝転がっている外国人もいたが、恥じらいの日本人はベンチに座った姿勢のまま。
目が覚めるとかなりの時間が経っていた。空も曇ってきた。
そろそろ帰ろう。
 
途中で、ハンカチをなくし引き返すが見つからず。
こんな失敗は素面でもしょっちゅうです

 
帰りは武蔵小金井駅まで歩く。
途中、小道を入ったところにある[大黒屋]で一献。
イメージ 10
「今晩のんで明日は仕事」の看板がいい。(ありがたいことに明日も休みだ。一週間の休みを取らされていたのだ)
イメージ 11
店構えも、いい感じだ。期待が膨らむ。
イメージ 12
ちょっとプライバシーにも配慮。
入った時はまだこんなに混んでいなかったが、L字型カウンターの短いほうに座らされる。
うわっ、ここは「用心棒か愛人」の席
(実は、あの彼女の言ったことはまんざら嘘ではなく、この短いほうは常連の座る席。自分では決して選ばないが、ママさんが指示したので仕方ない…)
焼き物はすべてママさんがして、奥のほうには若い女性が4人と、若い兄ちゃんが1人。
ただ、彼女たちは画像左手のほうの席のみを注目。決してこちらは見ない。
このカウンターはママさんと話す常連たちのコーナー(自分は初めてなんだけど…)
イメージ 14
今日は瓶ビール小瓶400円と空豆300円。煮こごり400円。
煮こごりに豆腐やこんにゃくはよく見るが、ジャガイモも入っているのは珍しい。
肉じゃがだな。
空豆の皮をいれるお皿もあるが、皮ごと食べる。
途中で、お酒に代え冷やで2本300円×2。つくね2本で300円。
これに外税で計2100円。
お釣りの100円玉を1枚、50円玉に変えてもらう。
実は、ママさんの後ろに「精神薄弱者支援 0の会」と書いた箱がある。
常連さんはおつりの小銭を寄付して帰る。
いちげんさんの自分が出すぎた真似を、と思ったが、自分も寄付をする。
「あ、ありがとございます」
と言われて帰る。
「ちい散歩」と違い、「王子散歩」は、歩いて消費したカロリーをはるかに上回るカロリーを摂取するのでした。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

江戸東京たてもの園 面白いですね。
初めて知りました。
緑が きれいですね。
子供を連れていきたいなぁ。

>今晩飲んで 明日は仕事
ふふふ…。微妙なニュアンスがいいですね (^-^)

No title

こんばんは♪

よ~く知っているつもりの小金井公園なのに
こんな建物があるなんて知りませんでした
時々、公園の前を車で通ります
今度、寄って探してみますね
面白そうですよね♪

時間ですよ・・・懐かしいですね(^^)

No title

yoyoさま。
「明日は仕事」→あんまり、飲むな、の合図ですかねえ。
「鍵屋」は現存していますが、お酒は3本まで。赤羽の「まるます屋」もそうかな。
確かに、カウンターの常連はみな長居せずに帰っていきました。
グループのサラリーマンは「明日は休み」なのか、いつまでも酒宴が続いていました。

No title

yoyoさま。よっこさま。
終わり数行、少しつけたしました。
この店の雰囲気がわかるかな、と思いまして。

No title

よっこさま。
小金井公園広いですねえ。
しかも、桜の季節が凄そうです。
一方、この一角は入場料はとられますが、木漏れ日のいい椅子がたくさんありますよ。
農家の縁側に座っているのも楽しいものです。

No title

多摩へようこそ^0^
こんなに近くに来てたんですねー なんだかうれしいです*^^*
この公園から私の職場は車で10分くらいなんですよ
りんこはこの公園で補助なし自転車を覚えました
何度も行った公園ですが、たてもの園は入ったことありませんでした
なかなか面白そうですね、今度行ったら入ってみます

王子さんは飲み屋さんを見つけるのが本当に上手ですね^^
近いし行ってみたいけど女性が行けるような感じではないですね

今度はぜひ立川辺りまでどうぞ 連絡頂ければ案内します^^

No title

初めて知りました。
古い建物がどんどん壊されていくのでこういう場所で保存しているんですね。
3階建の店舗兼用住宅?なんて今時のと変わりないですね。
こういう建物ができれば街の中に残っていて欲しいです。

ダイエットの秘訣お教えしましょうか?フフフ

No title

RINKOさま。
補助輪なしの場所ですか!
緑の中、気持ちいいでしょうね。
自動車も来ないし、いいですね。

[大黒屋]はそうですね。
女性一人どころか、女性連れもいませんでしたね。
たまたまかな。

まずは御夫婦でいかがですか。
職場の女性とは行きたくないでしょうからね(笑)。

立川、遠方ですね。
では、その際はお願いします♪

No title

オニ母ダメ親さま。
そうですね。町中に残ってこそ、なんぼのもの、ですね。
山手にある、エリスマン邸なのの西洋館はどこもそうですよね。

焼き鳥食って、メンチカツ食って、それでもダイエットできれば……ないですよね。

No title

色々な施設がギュッと詰まっている素敵な公園ですね(~O~)
季節ごとにお花も楽しめそう。。。。

王子の狐さんの記事を拝読していると、本当にその街を訪れている様な気分になるので・・・・不思議です(*^^*)
画像や文章が読者をひきつけるのかな。

これからの「王子散歩」楽しみにしてますね!!!

No title

3匹の子やぎさま。
ありがとうございます。
これからもいろんなところにまいりますので、なにとぞごひいきのほど、お願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ