FC2ブログ

記事一覧

池永陽『珈琲屋の人々』

今、通俗小説または直木賞的小説で面白いのは朱川湊人と池永陽だ。
物語の面白さでひきよせられる。この本も読み終えたらもう夜明けだ。

総武線沿線の小さな商店街に、古い木造りの喫茶店を構えるマスターはアラフォー世代。親父の後を継いだこの店のマスターの隠さぬ過去は、かつてこの店で商店街の少女を強姦した地上げの男を殴り殺したことだ。
そのお陰とバブルの崩壊で、商店街は守られた。しかし、マスターは服役したものの、人道的な責めを負いつづけている。
殺された男の元女房と息子、マスターを求めてわざと離婚した幼馴染。店にやってくる商店街の友人や、非行に走ろうとした少女らが、マスターの人を殺した右手を見つめに、またこの店のとびきり熱いコーヒーを求めに、やってくる。

一読、最近はスタバや安いコーヒーショップにばかり入っているが、久しぶりに商店街の片隅にある、古い喫茶店に行きたくなった。

2010年8月13日読了
2009年1月初版 双葉社

スポンサーサイト



コメント

No title

最近、全く本を読んでないです(^^ゞ
王子の狐さんは通勤中に読むのかな?

神戸には昭和の香りがする喫茶店がたっくさんあります(*^_^*)
漫画が置いてあったり(シャコタンブギとかバリバリ伝説とかかぼちゃワインとは超古い漫画だったりしますが。。。)、メニューにナポリタンやホットケーキがあったり、アイスコーヒーが甘かったり・・・(昔のアイスコーヒーって甘かったですよねぇ)

義両親はそういうお店が好きなので、今回の帰省もでもよく行きましたが、マスターとか店主がみんないい人柄なんですね~(*^_^*)

No title

昔はそういうのを「純喫茶」と言ったりしてましたよね。
いい喫茶店て、入っただけでコーヒーの香り。幸せな気分になります。
ただ、そういう喫茶店はタバコOKですからねえ。
その点では全面禁煙のスタバがいいなあ、と思います。

No title

珈琲屋の人々読んだ事あります、読みやすくて好きな作家の一人です
コンビニララバイだったかな?そちらも読んだことあります

本が好きでよく読みますが、題名、内容ともにすぐ忘れてしまいます
なので図書館で同じ本を何度も借りて読めます^^;

No title

こんばんは♪

若い頃は、本ばかり読んでいたのに(推理小説ばかり)
この頃は目が悪くて、、さっぱりです(>_<)

我が商店街に、誰も分からない様な喫茶店があります
多分常連さんばかりが行くのでしょうね
とびっきりケーキが美味しくて、コーヒーも美味しいです
私は常連客では、ありませんが、
たまーーーーに、行きます
一杯のコーヒーと、ケーキで、心地よい音楽に酔いしれて二時間ほど・・・悪い客です(>_<)

No title

RINKOさま。
お読みになりましたか。
「アンクルケビンの小屋」だったかな、それに感動して以来、ほとんどを(コンビニララバイも)各図書館で借りて読みました。
買って読むほどではないときに、図書館はありがたいですね。
自分も最後まで読んで、前にも借りたと気付いたことあります。老人力がついたなあ、と実感しました。

No title

よっこさま。
2時間なら普通のお客さんですよ。
いまは何もかもささっと済ませて、回転率を良くしようというのが主流ですから、時間がゆっくりの古い喫茶店がいいのですね。
実は古い居酒屋も無理につまみの注文を取りに来ない点で、古い喫茶店と同じです。

No title

「少年時代」という川に飛び込む度胸をつける話しありますか?この作家 読んだことがあるようなナイような…
2度同じ本を読むだけでなく 購入する自分がイヤです。

近所の純喫茶は子供の友だちのおばあちゃんがやっているので気軽に行けますが(笑)ルノワールも敷居が高いように思います。
若いころはルノワールのソファで営業中に寝てました。

No title

さすがオニ母さま。
「少年時代」、あります。
筆者が岐阜出身ですから、たしか郡上八幡を舞台にしているのでは。

上京したころ、「談話室滝沢」という高級喫茶店に案内され、ここはどれだけいてもいいのだ、だからマスコミの取材や編集者の打ち合わせにもよく使われる、と聞かされ「さすが東京」と思ったことがります。

コーヒーで眠れなくなるって、うそですよね。
自分も良く、1時間ほど寝ていました。

No title

私は読んだことないです。さっそく読んでみます。
王子の狐さん紹介の「夏を拾いに」もオニ母サンの「5年3組リョウタ組み」も アルさんの「告白」も
プログで紹介していただいた本は 『私は』全部読んでます。
chobiは 一冊も読んでません…(--〆)

ドトールには しょっちゅう入っていますが、
喫茶店に入ることは めったにないですね~。
ましてや 純喫茶は 敷居が高いです。

私は 本は買って読む派です。
借りた本は たとえ図書館でも落ち着いて読めません。
おかげで 家は本で埋まり、廊下にまで本棚が進出する始末…。
最近は ブックオフのおかげで 安く買うこともできます。
気軽に本を買えるのはうれしいのですが、
それなりの扱いしかしないので 最後まで読まなかったり、整理・分類もせずに本棚に重ねるようになってしまいました。
学生時代は 作家別出版社別にきれいに整理して並べたものです…。。

No title

yoyoさま。
買って読む派、ですね。
確かに図書館の本はなにか、中身だけで、本を読んだ、という充実感にかけますね。
本の手触り、所有欲の充足、それをふくめての読書かなと思います。
といいつつ、つまらない本もありますからね。
図書館にないはず→買う
図書館に必ずある→ひとまず借りて読む
が基準です。

本屋さんのように作家別出版社別に並んだ学生時代のyoyoさんの本棚を拝見したかったです。

No title

下の子を産んでからめっきり読んでないなぁ・・・。
元々好きな作家の作品しか手を出さないから
そんなに読んでいたわけではないですけどね。。。

喫茶店、関東は少ないですよね。
私は「朝は喫茶店でモーニング」の国からやってきたので
此方に来て喫茶店の数やコーヒー一杯の値段の高さに
ビックリしました(+o+)

No title

ina*inaさま。
特に東京よりも横浜の方が喫茶店が数なく、「文化度が低いのかな」と思ったりしました。
自分も喫茶店が豊かな京都で過ごしたからかもしれません。

No title

うっひょっひょぉぉぉっ!!ヽ(・∀・)ノ

バイヴ攻めしてたら「ち○ぽ欲しいよぉ?」っておねだりキタ!!
ぶち込んでやったら、そんだけでイキまくってた件wwwww

これで5 万ゲット。。。ウマすぎるwwwww
ttp://ona.g-killing.net/bu1jpoz/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ