FC2ブログ

記事一覧

新井薬師前 焼串

秋田県の現横手市平鹿には、ふたつの酒蔵がある。
ひとつは浅舞酒造。「天の戸」で有名である。
もうひとつは舞鶴酒造。もとは「朝乃舞」という酒名。
まぎらわしいでしょう。
まぎらわしいのが理由か、地元の信用金庫などから「同じ町内に酒蔵は一軒でいい」などという暴論も聞かれ、当然首都圏にも幅広く知られた「天の戸」が「残される」側になる。
 
実は「天の戸」は自分の大好きな酒蔵だし、蔵元も杜氏さんもとてもいい方々である。
お世話にもなった。
しかし、もう一軒も独特の酒を醸し、つぶされてはならないと考える。
そういうファンも多い。
田从」という酒、淡麗辛口の嫌いな人にとって、これほど好ましい、個性的で濃醇な酒はない。
 
しかし、銀行の「貸しはがし」にあったり、積雪で蔵の屋根が押しつぶされ崩壊されたり、蔵人が仕込みの最中に一挙に「退職」したりとのきな臭い動きもあり、まさに「多難」の蔵である。
 
そんな孤軍奮闘の蔵元工藤華子さんを応援しようという「囲む会」が時折開かれる。
都合のつかないときもあったりのご無沙汰だが、彼女の久しぶりの上京に、仕事をやりくりして新井薬師前駅に行く。
この駅で降りるのは初めて。古本屋もあり色んな飲み屋にも興味があるが、急ぐ

 
[焼串]
イメージ 1
名前は何か、もつ焼き、焼き鳥、という感じだが、この大漁旗の暖簾でもわかるように、魚料理の店だ。
 
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
 
6時開始の集まりに、6時半に着いたのに、もう10人が来ていて、自分が最後だ。
顔見知りの「ごぶさた~」という人もいれば、存じ上げない人もいる。
最後の人間ということで、入り口近くのお誕生席。
しかしこれが功を奏した(
)。
自分が遅いだろうとのことで、自分を除いてのコース料理だったので、自分だけ別に同じものが出る。
イメージ 2
つくね団子と野菜たっぷりの小鍋。(つくねひとつ食べた後です)
(空腹だったので野菜全部食べましたよ。汁もすべて完飲
小分けするみんなのお鍋とは別個なのだ。
 
イメージ 3
岩ガキ。とにかく大ぶり。
ただ、ちょっと味が薄いか。
 
イメージ 4
殻からむいたウニ。イカ。タコ。ホッコクエビ。サバ。マグロ。アジなどがこれでもか、と船盛。
これひとり自分のモノ
 
イメージ 5
これは刺身の蛸が持っていた卵。ポン酢で食す、珍味。
 
お酒は今日の主催者が持ち込んだお酒。
むろん「田从」。
あ、これ「たびと」と読みます。
ひとつは16BY。
平成16年度製の純米。
これの別バージョンが家の冷蔵庫にも1升ある。
常温で。う~ん、いつもながらいい。
もう1本は12BYを6年寝かして出荷した古酒。
それから数年たっているから、つまり10年物の古酒だ。小学4年生ね。
 
イメージ 6
藁のような干し草のような、または大地に息づく野草のような香りだ。
11人でこの2升だけというのは辛い。
ただ、明日も早起きだ。
チェイサーの水を主に呑み、そのあと別個に店の酒も少し飲んで、8時に解散。
(実は今日も終電か、と思ったのだ。以前別の店で囲む会を行ったときは、小田原で野宿。電車内で眼鏡もなくした満身創痍
  朝早く起きた体調だと酔いが回るからね)
これなら寝すぎす心配はありません。
 
実は今日会うに当たって、心配していたのだ。
もう造りをやめたのではないか、などと思っていた。冒頭に書いたようにご難続きの酒蔵だからね。
ところがどっこい、まだ醸し続けていた。
とてもうれしい。
近所の酒屋に、取引をしてもらっているので、直接蔵から買ってもいいが、また頼んでみよう。
 
今日の会計は55000円。
持ち込み料をとらなかった。
蔵元さんを除いて、酒の分を割り勘したりしての、ひとり6000円
今日の料理なら、満足。
また個人的にも行ってもいいかな。
 
ただね~。
店にいた間じゅう、ずっと大将が若い二人を怒鳴り続けているの。
確かに、「頭悪いかな」と思うところもあるのよ。
鍋があって、テーブルに置き場がないのに「煮魚です」と大皿を置こうとする
また仕事の手順でも満足いかないのでしょう。
ただ、それは陰でやってほしい。
大きな店中に響く声で「帰らせるぞ」「注文お聞きしたのかよ」とやられると、自分たちには優しい大将だが、気が重くなるね。
その怒鳴りを楽しんでる風の、若い女性たちもいたが…
イメージ 10
ああ、この時も何かお怒りなのでしょうか
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

交友関係が幅広いですね!!
横手というと、学生時代の友人の出身で、佐藤養介の稲庭うどんをよくもらいます☆
造り酒屋さんもあるんですね~
このお店は王子の狐さんのいつものお店と比べると高めですね(*^_^*)

私も、人前で若い衆に怒鳴る主人の図を見たことがありますが(とんかつやで)、あれは見ていて嫌な気分になりますね・・・(T_T)

No title

AYAさま。
はい、かなり高めです。
実は[山田屋]で安い酒・肴で満足しているのは贋物の姿。
その真の実態は高級居酒屋で夜な夜な白身の刺身と大吟醸に酔いしれる私です(…妄想です)。

No title

酒蔵さんと仕事をしたことがあるので御苦労が少しはわかります。
頑張って欲しいですね。

今度「田ビト」(からは字が…)購入してみます。

〉大地に息づく野草のような…

ロマンチック素敵な日本酒ソムリエ…と思ったのも束の間 小田原で野宿(笑)終電じゃなければ熱海でしたね。

冷蔵庫に縦に一升瓶が入るんですか

私の夢は透明なドアの冷蔵庫に縦に日本酒と焼酎の一升瓶を並べておくことデス。
ワインやビールは仲間に入りませんから悪しからず(笑)

No title

こんばんは♪

しばらく更新が無かったので、体調が悪いのかな~
などと心配していました
お仕事が忙しかったのですね♪
あっ
お酒のお付き合いもかな~~(^_-)

横手は、我が故里の隣町♪
横手の名前を聞いただけで、嬉しくなります(^^)
凄いお店ですね
見るからに活気がありそうです
それに、お料理が美味しそう~~
疲れた身体に、酔いが回るのが早かったのではないですか?
今夜は心地よく眠れそうですね♪

No title

美味しいお酒も台無しですね
たひととよむのですね書けませんでした
お酒すきの母に飲ませたいですね
検索してみます

No title

頑張っている蔵元 応援したくなりますよね。

気がきかない 若いもんの教育は 大変でしょうけどね~。
料理もおいしそうだし、
持ち込み料をとらないあたり いいお店だと思います。
よっぽど 頭にきているのかしら?(笑)

No title

王子さん色んな知り合いの方がいるんですね^^
日本酒はほとんど飲まないので「田从」初めて聞きました
飲む機会があったら飲んでみたい

私もお客さんの前で怒鳴る店主って苦手です><
ホントせっかくのお料理が台無しですね

No title

ほとんど日本酒は飲まないんですが、独身時代、おじさんと飲みに行く時は、飲んでいました。
持ち込み料を取らないのは良心的。お客さんの前で、怒る店主さんが居たら、ちょっと委縮しちゃうかも。
今まで良い人だったら、通っていくとは思いますが、始めてだったら、きっと引いてしまう。

No title

また王子の狐さんの「また行きたいお店」リストに新たなお店が加わったのですね☆
別盛りで自分用に出てくるのは嬉しいですよね♪大皿だと、食べ損ねたりする事もありますし、遅れた特権(?)ですね♪お料理もとても美味しそう!
でも確かにお客さんに聞こえるように注意するのはどうかと思います;他業種でもよく見る光景ですが;お客さんに対して「うちは教育をしっかりしています」とのアピールなのでしょうか?見ている方はあまり気分良くないですよね;ちょっと残念です;

No title

オニ母さま。
小田原野宿はまだ若かりし数年前です。
今の自分はそんなことはありません…はず。

必勝法は自分の駅止まりの電車ですね。
駅員さんが優しく起こしてくれます。

透明の冷蔵庫、絶対ネットで安いのを見つけても買わないでください。
以前うちのを修理に来た、SANYOの人が言ってましたが、明らかにモーターの故障で大きな音がしてるのですが、新品の音の大きさを知らないので(無音に近いです)「そんなもんだと思っていた」というのが多いらしいです。

No title

よっこさま。
秋田出身のよっこさまは喰いついてくると思いましたよ(笑)。
大曲は花火。
横手はかまくらですかねえ。あ、いまなら焼きそばかな。

No title

ちび虎飼育員さま。
そうですね、御両親、お酒好きなんですよね。
山田屋で絶対隣りあってますね。

No title

yoyoさま。
持ち込み料をとらなかったのは、常連の方の予約のせいか、蔵元が来ているからかの、どちらかでしょうね。

きっと
どなり散らす→退職→新人採用→要領が悪くまた怒鳴る
の悪循環かも。

入店前に外の写真を撮っていたときは、外にいらっしゃったのですが、わざわざ写らないように移動してくださる、そんな気配りの大将でした。

No title

RINKOさま。
「孤独のグルメ」という漫画で、店員を怒鳴る店主に切れる主人公というのがありました。
まあ、自分は切れず、萎縮してるだけですが(笑)。
再訪して、今度はどうなのか、調べる必要がありそうですね。

No title

みみうさぎさま。
独身時代におじさんと行く…何べんも奢ってもらってましたね。
おじさんは若い社員と呑みに行くのが好きですからねえ。
自分もおごってくれるおじさんがほしいです(そっちかよ)。

No title

シーラさま。
お金が無尽蔵にあり、肝臓が3つほどあれば、毎日呑み歩きたいですね。
夢は
1 一日、家の猫をなぜているだけで収入が入る
2 毎日、呑み歩くだけで収入が入る
です。
まったく「非教育的」な人間です。

No title

あ、頭悪い店員さん見てみたい・・・かも?

最近おもむろに漁師チックな内装のお店増えましたが狐さんのお眼鏡にかなうなら
コチラはそうではなさそうですね。ポチです凸

No title

月灯小夜子さま。
実はねえ…若い店員の二人ともまあまあのイケメンでした。
ですから、大将のジェラシーもあるのかも。
またはイケメンくんに失恋の禁断の恋?
ともあれ、ポチありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ