FC2ブログ

記事一覧

滝野川落語会43 (10年8月26日)

イメージ 1

上中里で降りて、滝野川会館へ行く。
途中、ピンク、白、薄桃の綺麗な花が咲く。
この上中里の駅からの坂道でずらりとあり、王子にも時々あるのだが、名前を知らない。
どなたか教えていただけませんか。
どの幹にも「北区」の札が付いているので管理されているのだろうから、役所に聴けばわかるかもしれないが。
入場料500円。きゃくはあい変わらずのぱらぱら。

桂三木男「穴子でからぬけ」
かなり長い旅の話をマクラでする。旅の噺のマクラでこの話をすると長くてだれるので、次の旅の噺のマクラを今する、というむちゃくちゃな論法。
お互いに100円ずつの掛けをする。3回勝った方に600円あると言うが、これは基本的な算数の計算ミス。だって、買った方は前の100円をまた使うわけだから、手元にあるのは原資の100円と、向こうから巻きあげた300円のはず。再勝負のたびに新しい100円を出す必要はない。三木男君には難しいかな。
古今亭志ん八「フォーリン・ロボ」
彼女いない歴35年の男にロボットの恋人が来る。
そして、その男も実はロボットで、夢を見ていた、というちょっといシュールな新作噺。
桂三木男「ねずみ」
独演会でした噺。まだ聴けた、という感じか。
それでも平気で言い間違えるのが彼の特徴だ。甚五郎はネズミの彫り物をしたのに「甚五郎が虎を彫った? ならば拙者は虎を彫ろう」じゃあ、噺にならないじゃない。
古今亭志ん八「臆病源兵衛」
臆病な源兵衛を脅かそうとして、自分が逆にやられる噺。死装束で不忍池に捨てられる男。ここは地獄か極楽か、と迷う。

終わってまっすぐ仕事へ。
午前中の落語もいいよね。

スポンサーサイト



コメント

No title

猿が巷を騒がす中このピンクの花が真っ盛りなのは
”さるすべり”じゃないかと・・・・

おやすみなさいまし。

No title

うちの敷地にもこの花咲いてます
先っぽに集中して咲いてて面白いですよね^^
「さるすべり」なんだ、そういえば幹がつるつるしてたかも
落語の後に仕事もいいですね

No title

実家の庭にも咲いています。
この木のつるつる感…百日紅と言っていました。
100日咲き続けるように見えるから百日紅。
実際は花の先から再度芽が出てまた咲くと、祖父が言っていたのを思い出しました。

計算間違い、言い間違いはお稽古不足ですか?
三木男さん検索しちゃいました。
つるつるしてて百日紅のようなお顔立ち。

No title

月灯小夜子さま。
おお、さるすべりですか。
ありがとうございます。

No title

RINKOさま。
敷地に咲いてますか。
「夏桜」か「夏梅」と名付けたいですね。
ちなみに自分の二の腕も、この幹並みにすべすべつるつるです。

No title

オニ母さま。
♪うすべにのさるすべり、夏の日の~、ですね。
花から家族を思うのは素敵です。

う~ん、けいこ不足もあるのですが、基本的に彼はまだ下手です。
祖父が名人の先代三木助、叔父が数年前に亡くなった三木助と、サラブレッドの家系ですが。
それでもきっと、桂三木助を襲名するでしょうねえ。

No title

仕事前に落語とは
凄いバイタリティーですね!!

熱中できるものがあるって
羨ましいです・・・。

No title

さるすべりのピンクって目立ちますよね(*^_^*)
確か、長い期間花を楽しめるので百日紅というんじゃなかったでしたっけ(^_^)

¥500で楽しめる落語はいいですね。
失敗も許せてしまうのは王子の狐さんの懐の深さかな?
(私だったらプロなのに~って思ってしまうかも・・・)

No title

百日紅…何かの小説で 重要なキーワードだった気がするのですが、
ああ 思い出せない。もやもやする…。。

計算間違え(?)誰か三木男くんに教えた上げたのでしょうか?
このまま 各所でその話をしてまわったら 気の毒なようですけど(笑)

No title

百日紅、大好きな花です。
近所の庭で、たしかにずっと咲いてますね。

下手でも襲名するんですか。気の毒ですね^^;
せめて、この間違いぐらい、誰か教えてあげて。

No title

、瀧野川女子学園前からJR上中里駅前を通り、左に湾曲しながら平塚神社脇にのぼっていく坂は、攻坂と呼ばれる
↑いつも見てるのに忘れてしまうものですね(汗)
引用してきました(笑)

No title

こんばんは♪

なんだかホッとしました(ごめんなさい)
王子さんでも知らないこと(花)が有った~♪
('-'*)フフ
私PCに向かってニヤリ(^_-)
ほとんど花の名前を知らない私ですが
百日紅だけは♪(変な所で得意げです)

夏の花、今 とても綺麗に咲いていますよね
落語の後の仕事は、仕事も気分が乗りますね♪

No title

ina*inaさま。
まあ熱中というより病気か中毒ですかねえ。
タバコが切れると落ち着かなくなる同僚がいます。
そんなものに近いかもしれません。
肺は汚れませんが(笑)。

No title

AYAさま。
500円だから許せるのでしょうね。
だって、一席125円ですから。

前日のぽッぽちゃんのほうがはるかにうまいです。
志ん八さんのほうは聴ける落語です。

No title

yoyoさま。
もしかすると教えた人もそう演じているのかもしれません(落語は基本口移しで噺を覚えるので)。
要するに、考えてないのです。
少なくないですよ。
よく言われるのは
「矛盾があってもいい。ただし、矛盾が気になるように思わせたら失敗」
です。

No title

ちょこさま。
下手でも襲名します(たぶん)。
それを機に「化ける(上手くなる)」か、重圧につぶされるか、です。

時々彼の下手すぎるのが、しびれる魅力に感じることがあり、危険です。

No title

ちび虎飼育員さま。
攻坂ですか。
確かに、かなりの急ですね。
瀧女から聖学院に行く方も凄い坂ですが。

攻坂という名は、あるいは平塚神社に祭られている武士と関係あるのでしょうか。
坂好きのタモリ氏にでも聴きたいところですね。

No title

よっこさま。
願わくば、生まれ変わるなら、花の名前と星座の名前を知っている男に(今からでも覚えろ、でしょうか)。
知らないことばかりです。
それも幸せかもしれません。
みなさまに教えていただけるのですから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ