FC2ブログ

記事一覧

横須賀学院中学 学校説明会その32 (10年9月27日)

さすが横須賀。雨足が激しくなった。
この電車で降りる時間に合わせてスクールバスが用意されているらしい。
しかし、毎年あるあたりに見当たらない。

する。事務の人が「40分にもう出発しましたよ」という(お前が遅れるから悪いんだ、と言外に)。


「9時44分を待つと書いてあるぞ
」とさすがの好青年もちょっと怒る。
さっそく来るが、小さすぎて乗りきれない。
いや、ボーっと待っていた連中は何考えているんだ
どっちもどっちである。
 
しかし、そのあとの説明会で、かわるがわる話す人が謝り、なぜバスがもう出発してしまったかの原因を説明するので、怒りが消える(熱しやすく冷めやすい、いい性格だ)。
 
横須賀学院はもともと青山学院の第二高等部を前身としている。
戦後、軍都のこの町に来た、横須賀米海軍基地司令官デッカー少将は栄光・清泉・青山に占領地を提供。ヨゼフ病院などの名前が残っているのもそのため。
日本の復興は教育と医療と考えたからだ。
横須賀学院として再スタートは1950年。
今年、60周年を迎えるにあたり、原点回帰として、青山学院との連携に乗り出した。
学校法人同士が「教育提携協定」を締結。
高大連携授業や高大接続ゼミなどがそれである。
ところが、交渉の向こう側の理事長が再任されない緊急事態で、交渉が一時とん挫。
10月から新執行部との交渉に臨むと言う。
「交渉の途中で内容を話すことはしてはいけないのですが、横須賀駅のバスの件でご迷惑をかけたので、少し明かします」。いいぞいいぞ。
学校の狙いとしては、従来の指定校推薦やキリスト教学校同盟以外に、「提携校推薦制度」を盛り込むこと。つまり、提携校として、基準を満たせば全員を合格とせよというもの。
その基準としては、高大連携ゼミで中3次に論文提出・プレゼン力検定試験3級取得・英検2級取得の3つを予定。
「英検2級を全員が取得するのは至難のわざ。そのため、学則定員にこだわらず、厳しく合格を切っていきたい」。
ほかにも生徒の交流や教職員の交流なども考えている。
「今はまだ話せないが合併以外の大きな交換交渉を考えている。きっと世間は驚くだろう」と交渉にあたっている鎗田謙一副校長は話す。
合併以外で驚く
 
思いつくこととしては校名変更か。
「青山学院大学附属横須賀学院中学」
「青山学院係属横須賀学院中学」(香蘭はもう、立教大学係属と名乗っています)
「横須賀青山学院中学」
こんな感じか。
まあ、妄想の域は出ないんですがね。
 
校内見学。
60周年を記念して、新チャペル棟を完成させた。
イメージ 1
1100名収容。横須賀では「横須賀芸術劇場の次に大きい」とのこと。
 
授業はあまり長く見れなかったが、まだまだ勉強に興味のないご様子。
怒鳴りたくてうずうずする。
だらしないのが多いのが昔からの特徴。
むろん先生たちは叱らない。本校はやさしい先生が多いのだ。
案内をする鎗田副校長は以前は横浜中学にいたころからのお付き合い。
この方もソフトな人だし、他の先生もソフト。
「校則で締め付けるのでなく、じっくり話し合って」という校風ですから。
 
懇談は広報室長の蛭田雅晴先生と。
どうすれば学校の人気が上がるか、を話し合う。
むろん、横須賀という地の利の悪さもあるが。
高校の募集人員が多いことが「中学から入らなくてもいいんじゃない」と親に思われる。
近隣の公立と比べれば大学実績は出ているが、親は同レベルの私立と比べる。すると、山手や湘南学院に比べると見劣りがする。
 
今春は中高一貫の生徒のみの実績では48名卒業で、東大1、早慶3、青山3、立教1、理科大2など。
分母の小ささを考えればなかなかではあるが、まだまだでもある。
 
鎗田先生のかつていた横浜のように、中高一貫生と高校からとを完全に分離、その中に青山進学コースと、他難関大学への選抜クラスをきちんと作る、こんな感じだろうか。
「高校からの横須賀とまったく違いますよ」というふうに。
ただなあ、学校の中に学校が二つ併存するようで、あまり好きではない。
 
横須賀学院の新院長に中学一期生の井苅堯子先生が就任。初の生え抜き院長のもと、新しい学校を作る意気ごみで、頑張ってほしい。
 
雨が激しく、校舎の外観も港の軍艦も撮影できず。
こんなのが横須賀駅前にあったので、これでご勘弁。
イメージ 2
もちろん、手に持っているのはよこすか海軍カレー。
 
休みだったり、いい天気だったりすると、海軍カレーを食べたかったんだけどね。
軍艦巡りのクルージングもあるそうだ。
 
 あ、昨日の日曜は会社の女性がひとりやめるので送別会。
肉好きだと言うので(肉食女子
)[牛角]へ。
 
イメージ 3
焼き肉以外に、にんにく焼きもたっぷり食ったなあ。
学校で熱心に話していたけど「臭いぞコイツ」と思われたかも…。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

横須賀青山…になったら↗↗↗
我が家から通えない範囲でもなく…中高一貫の人数の少なさが気になります。
高校からはドーッと入学するようですが別学。
志望校選びの決め手はなんでしょうか?(また質問)
悶々としてきました。

No title

オニ母さま。
難しいですねえ。
基本は、子どもが気にいったかどうか、なんでしょうねえ。

…昔、T女子学園の校長が「うちの学校の売りは何か、といったら、王子の狐さんが保護者から何か言われたら、それを聞く耳を持っている学校だ、ということです」と。
なるほど、と妙に気になりました。
結果、自分が信用するに足る、と思える先生がいる学校の実を受験しました。
その人がいて、うちの学校の欠点を知りつつ、良いというのなら、その学校はよのだろう、と。
あまり役に立たない、自分流の志望校の選び方でした。

No title

入学前に先生が信用できるかは、顔を覚えられるまでアプローチしないと難しいですね

若い先生(といっても生徒の親世代やそれ以下)が活動的なは魅力的に見えます。
高輪台のSは受験生の質問コーナーに年配の先生が3人座ってました。
T学園は職員室前の廊下に置いてあるテーブルで、にクレームをあげたと思われるご両親との面談…
オープンとはいえ、外部者も入り乱れる学園祭ですから…

細部を気にする私がいけないのでしょうが、子供が6年間を過ごすと考えると慎重になります。
高校は別のところへ行きたいと言われればそのようにするのでしょうが…

ここはあまり深く考えず、距離、偏差値、賄える学費+交際費これで考えた方が楽かもしれませんね。

また、質問させていただきます。(お断りと仰らないでー)

No title

志望校選び、わたしはオニ母さんのようにしっかり考えてないですね。。。

素敵なチャペルですね♪
こういう素敵な器には、ついつい惹かれてしまいます^^;

焼肉、ずっと食べてません…。
息子がお肉をあまり食べないんです。
一人で焼肉屋には入れません、わたし。

No title

こんにちは♪

青山学園♪
なぜか反応してしまいます
何の関係もないのですが、自宅の近くに大学があっただけなのに・・・
無理な仲間入りですね(^^;)

前の日にニンニク入りは
('-'*)フフ ヤバイかな~~

No title

私もオニ母さんと同じで志望校選び迷ってます
りんこの気に入った学校が1番なんでしょうけどこちらのさじ加減でいくらでも気に入ります^^;
今は私がプッシュしたせいか【早実】なんて言ってますが本当に行きたいのかは???
単純なので「青山学院大学附属横須賀学院中学」だととってもいい学校に見えます

好青年の王子さんと同じで昨日はスエヒロ館に焼肉を食べに行ってきました
でも牛角の方がおいしいかも 久々の焼肉だったのにがっくり(TT)

No title

やる時はやる。遊ぶ時は遊ぶ。
というメリハリが付けられる子なら良いですが
ウチの息子はやさしい先生ばかりだと
ぬるま湯に浸かりきってしまいそうです(*_*)

それにしても、好青年王子の狐さんはさすが優しいですね。
私なら謝られても「問答無用(--〆)」と
怒り続けそうです・・・。

No title

とにかく、ここのイメージがあまり良くないのですが、
昔から、近所にここの生徒さんが多かったので、どうしても入れたくない学校になってしまいます。

どうなんでしょう。授業の雰囲気とかがだらけているのなら、
うちの娘は、流されやすいので、まず選択肢には入れられないです。

No title

私は 志望校選び あまり深く考えられません。
欲を出さずに かつ あまり成績をさげずに、
そこそこのところに入ることができさえすれば、
どこだって うまくやっていきそうな気がしてしまいます。
やっぱり 男の子だからでしょうか?

今までみたのは ほんの数校ですけど、
どこも まじめで 地味で 勉強熱心で。
どこに入ってくれても 満足です。
行く前から すでに選択しているからですかね?

No title

オニ母さま。
もう一年あります。
かいがいしく通ううちに、意中の人に見つかるかも。
あるいは逆に良くない教師に出会った学校を消去していくのもありかも。

お断りどころか、オニ親さまの質問にこたえるために生まれてきた自分です。

No title

ちょこさま。
さすがに1人で焼肉屋は侘びしいですよ。
では私が同伴しましょう。
と言いつつ、自分は魚派ですが。
みなさんのコメを見ると、やはり息子ママか、娘ママかで違いがありそうですね。

No title

よっこさま。
自分にとっては青山=サザンですね。
または青山=紳士服=松浦亜弥ですね。
今日もラーメンにニンニクを入れてしまった…

No title

RINKOさま。
そうですね、結局親の意向で左右されますよね。
そもそもの塾通いだってそうでしょうし。

もう、RINKOさんも牛角の味に慣れてしまったのですね。
あるいはコストパフォーマンスに。
今は高校生が文化祭の打ち上げで牛角に行く時代ですから。

No title

ina*inaさま。
まあ、知り合いがいると怒れませんね。
いなきゃあもっと怒るかなあ。
でも、失礼な応対はたまにありますから。
向こうが反論できにくい立場での文句は言いたくないですね。
なんせ、こっちも普段から、クレームにおびえる毎日ですから。

No title

みみうさぎさま。
はい。昔の印象はぬぐえないですね。
ちょっとだらけているかも。
ただ、あくまで一瞬を切り取っての見学ですからね。

No title

yoyoさま。
選択なさってますよお。
どれもしっかりした学校ばかりです。
とんでもない学校も見てみましょうか。
どれがとんでもないのか、というと問題ですがね。
オニ母さまのT女子学園のように、首都模試しか判定しない学校にお行きになって見るのも面白いかも。

No title

二者面談中失礼します・・・・

ツウは”スカレー”って呼ぶんですか?
軍艦巡り体験してみたいです!おっきなハコ物(?)好物!
ホルモンのアブラで口の周りデュルンデュルンにしたいです!

No title

月灯小夜子さま。
この坊やがスカレー君かと。
彦にゃんや地デじかに対抗するにはキャラが弱いかも。
無人島猿島にもぜひお越しください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ