FC2ブログ

記事一覧

大船 九っ井本店・ギャラリー山の上

今日は大船へ。
駅前に見えるのはウルトラの母、じゃなかった大船観音
イメージ 1
今、駅前は高架歩道橋の建設中。
いずれ、戸塚や藤沢のような駅前になる。ちょっとさみしくもあるし、歩道橋から見た大船観音はどんな感じなのか、と興味もある。
何十年も昔、電車が大船についたとき、何だ?とびっくりしたよなあ。
栄光の入試の日「帰りに観音さんに拝んできます」という人がいて、(おいおい宗派が違いすぎ…)と思ったが、合格したよなあ。母の愛は宗教を超えるのか
 
実はなぜ今日、大船なのかというと、ブログ仲間のビーグルキネマさんの「九っ井でかきのてんぷら」という記事を読んで、無性に食べたくなったのだ。
王子の蕎麦屋にも「牡蛎そば」や「牡蛎のてんぷら」と出ているが、今日まで我慢したのでした。
この[九っ井]のとなりに[侘助]という、もう一軒、そば・うどんすきの店があり、古民家を移築したこちらの方を昔から愛用していたのだが、今日は迷わず[九っ井]へ。
店のHPはこちら。
 
九っ井の言われは、戦国時代、この高台に平戸御前という豪族が居を構えていたが、飲料水にことかき、ふもと一帯に多くの井戸を掘ったことから、この辺りを九つ井(ここのついど)と呼ぶようになったとのこと。
イメージ 2
広い駐車場の一角に小道が続く。
撮り忘れたが、地面のいたるところに、自分の窯で焼いた陶器が下に置かれている。
この店のほとんどの食器は「市販に満足のいくものがない。じゃあ、自分で焼こう」とガラス工房や陶芸工房まで持って、自ら作っているのだ。
イメージ 11
夏だとここで食べるのもいいだろうなあ。
イメージ 12
ここを登って行くと山の上に離れがぽつんぽつんとある(コース料理のみ)。
芸能人のお忍びで利用される個室ね。
SM○Pの○居○○もよく利用するとのこと。一緒にいるのは関西弁の歌手か(和田アキ子じゃないよ)。
○居ファンのRINKOさん母子なら、来たくなるでしょ。
イメージ 13
 
さて、注文。
今日は珍しく、


大魔神と王女も一緒なので、王女とろろそば、残り2名ざるそば。
 
イメージ 14
イメージ 15
 
細いけど腰があって、いいのよ。
また、辛めのつゆによく合う。
(この器は5500円で販売)
さて、と…
イメージ 16
生がきの天ぷら。
イメージ 17
割りと大ぶりね。天つゆにつけて…ぷりぷり…あ、なくなっちゃった
あと、3つ4つ食べないと感想は言えないな。
むろん、もう一つとししとうは大魔神に。
ざるそば 800円×2
とろろそば 1000円
牡蛎の天ぷら900円 
揚げまんじゅう 200円
計3700円
ごちそうさまでした。
 
店の前に看板が。
イメージ 18
本店から10分ほど歩いたところにある[山の上ギャラリー]に行く。
(ここからは単独行動。喧嘩別れにあらず)
 
イメージ 3
警察犬訓練所だが、訓練中の犬はいない。
でもどんだけひなびたところなんだよ、って感じ。
あ、この辺一帯は田谷と言い、古くは「横浜の軽井沢」とも称された高い(地価じゃないよ)ところなのだ。大船駅前と気温が数度違う。
ヨコハマの人なら「田谷…ああ、田谷の洞窟ね」と言う(今度紹介します)。
イメージ 4
イメージ 5
北鎌倉の酒屋を移築した古民家がギャラリーとなっている。
小林裕児展」。
どこか童画を思わせながら、それだけでない、一筋縄ではいかないぞ、という絵が魅力だ。
[九っ井]の社長が小林さんの絵に惚れこみ、横浜の店に巨大な壁画も飾っているし、各店舗にも多く展示しているとのこと。
今日は画家さんがいらっしゃった。
いろいろお話をさせていただき、写真の許可をもらうと「どうぞどうぞ」と。ありがたい。
イメージ 6
イメージ 7
 
ギャラリーの後ろがうっそうとした林なので、そのロケーションが素晴らしいのだ。
むろん絵も。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
終わり2つは2階の画像。白黒の民家に赤や青の原色の絵が似合うなあ。
 
今日は偶然、3時から「自作を語る」というトークショーが開かれた。
予約をしていないが参加させていただく。
なぜ自分が動物の絵を好きかと言うと、動物が好きで…と郊外のアトリエで飼っていた動物や野生の動物の話。
それらがいつか自分の中に入ってきたとき、絵になる、と。
また、自分の女性の顔は横顔か正面しかないが、その変化を持たせるために横に傾けたり逆さにしたりする、と。
人間の目で奥行きが感じられるのは、20メートルまでで、それ以上は平たい絵の連なりだとか。ならばいっそ、奥行きがない絵にしようと。自分の描く顔は平たいのだが、見るものは顔は立体だと認識しているから、平たい顔でも顔と認識する、と言った話をされた。
油絵が苦手で、現在はテンペラと油彩の絵になった、といった話もあった。
 
美食と美画をともに味わわせてくれる[九っ井]でした。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

二ヶ月に一度は行ってます。
2人で行ってざる3まい食べまーす!
横浜店と玉川店は行ったことがありますがやはり本店が一番でしょうか?お庭の佇まいも素敵で四季折々感じられますよね~。
子供たちを連れていくとお高くつくのでナイショで行きます(笑)
ココへは車でしか行かないのでノンアルコールとなるのが残念です。

No title

懐かしいー、私、九つ井でそば打ち体験しましたよー。
美味しいですよね。
いつか娘を連れて行きたいと思いつつ、いまだに行っていません。
横浜に行くと、つい、違う店に行ってしまいます。

No title

こんどは ウルトラの母ですね(笑)

いいお店ですね~。有名なんですね?
かきのてんぷら 食べたいですけど、大船では遠すぎます ^^;
玉川店なら すぐ行けそうですけど、玉川高島屋SCの中か~。
風情で だいぶ負けてそうですね?

No title

オニ母さま。
わざわざ車で本店までいらっしゃるのですか。
自分は横浜店より本店でしょうね。
高い分だけ、景色のよさも必要かと。

ノンアルコールビールもありますが、次回はぜひ、じゃんけんしてご主人に買って、呑みまくりを。

No title

みみうさぎさま。
おお、そんな体験がありましたか。
もしかして、子どもの頃ですか?
お子様を連れて[九っ井]→田谷の洞窟→公文国際の文化祭・運動会→[侘助]、こんな観光コースをお薦めします。

No title

yoyoさま。
そうか、ニコ玉なら自転車でしょうか。
景色と器も味のうち(料金のうち)でしょうから、広々としたところで食べたいでしょうねえ。
本店は広々だけが取り柄です。

No title

夫と2人で食事に出かけません
ジャンケンに勝っても、端から好きに飲み食いしてもいいと言われてもイヤです(笑)

No title

藤沢だったか町田だったか車で走っている時によく見かけました看板を。
ドライブインのぉおっきいバージョンかと思っていましたら立派な構えのお店だったんですね。
牛タン厚切り3500円ですかぁ~δ(⌒~⌒ι) とほほ...

No title

SMAPの文字に惹かれて来ちゃいました^0^
お久しぶりです♪

もう少し早く教えてくれたら夏休みに寄ったのに~!!残念(TT)
中居くんはあー見えて湘南出身なんですよね だからその辺は詳しいような気がします^^
くみさんとは別れちゃったんですかねー?お似合いだったのに

最近おいしいもの食べに行ってません かきの天ぷらおいしそうですねー 食べたい~^0^

No title

王子さん、もちろん働きだしてからです。
こねる切るのを自分でやるんですが、
お店では上手にできるのですが、
家に帰ってやるとまるで駄目で。
最後に、おそばとそばがきを頂いて帰りました。
ここのそばがき、お汁粉みたいで美味しいんです。

No title

オニ母さま。
さすがです。
では、バスで来てくだされば、一緒に呑みましょう。
帰りは熟睡。東京と小田原を何往復しましょうか。

No title

月灯小夜子さま。
茶色い看板ですね。
注文の時、とろろそば、ざるそば、と頼んで、「あと牡蛎の天ぷらと言うと、やっと笑顔が出たように思います。
そうひがませる高級店です。ふー。

No title

RINKOさま。
お久しぶりですね。
このネタでは、お忙しいRINKOさんも出てこられるのだとお待ちしておりましたよ。
是非、受験がおわったら、またいらっしゃってください。

No title

こんにちは♪

鎌倉に行く時に、ウルトラの母 じゃ無くて
大船観音がはっきり見えました♪

私は、大船と言えば大船観音しか、思い浮かばないのですが、素敵なお店があるんですね
王子さんも、奥様と、お嬢さんと、お忍びで♪
牡蠣の天ぷらが美味しそうですね
でも、、高そう~~
中居君、ファンとしては行って見たいのですが
会うことなんて、ありえないですよね(^^)

No title

みみうさぎさま。
家で復習するとだめ。
料理教室の「法則」でしょうかね。
もし、うまく行っていたら、今頃はこだわり蕎麦の店主に……?

No title

おいしそう。。
玉川店なら、いつでも行けます。
風情はともかく味は同じかな。

No title

ちょこさま。
はい、味は同じでしょう(使う水が横浜市水道局か東京水かの違いはあるでしょうが)。
金額も同じでしょう。
家族で行くと物足りず、出費がかさむので、ぜひ「おひとりさま」で。

No title

素敵なお店ですね。

ただっ本店はちょっと遠いので、行くなら玉川店でしょうか・・。
買い物ついでに一人で行きます!

No title

samさま。
一人派と家族派、連れあいと派にそれは決して嫌派などに分かれますねえ。
今はひとりで食べてもいい状況なので、気楽ですね。是非、記事で玉川店の紹介を(行ったことないので)。

No title

お姉たまにまたがられてグィングインやられちった!!
リードしてくれたから緊張せずにイケたぜ!!
つか卒業+5万もらえるとか、マジ最高っすな!!ヽ(*゚∀゚*)ノ
ttp://nnstarterpp.net/sb/52x8v7n/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ