FC2ブログ

記事一覧

創遊・楽落らいぶ14 (10年12月16日)

また上野に来た。
これだけ上野上野と言ってるのだから、上野樹里に会わせてくれてもいいんじゃないかと…(恥
今日は東京文化会館
数か月おきに開かれている「創遊・楽落らいぶ」。
調べると昨年の2月にVol.7で、1年と10か月後に倍の14回。
500円なのだ。
この値段で、ミニコンサートと落語家が話す横で音楽が流れるコラボが聴けるのだ。
イメージ 1
開館の10時よりも前から、長い列が会館の外にできていた。
寒いねえ。
 
今日の落語は春風亭昇太「愛宕山
音楽は「ストリングス・トリオ」。といっても、今回のために結成されたメンバー。
内田英介:作曲
加藤玲名:ヴァイオリン
阪本奈津子:ヴィオラ
井上雅代:チェロ
である。
 
初めに昇太師の挨拶。
「前回は平均年齢60代の男ばっかり。強く要求したら、今回こんな若い女性ばかり」と未婚の彼は喜んだ。
そのあとミニコンサート。
 バッハ
 ゴルトベルク変奏曲よりアリア
シュトラウス2世
 ピチカートポルカ
クリスマスメドレー
 きよしこの夜~ホワイトクリスマス
うちだえーすけ編曲
 デイビー・クロケット
 
ピチカートとは弓で引かずに弦を指ではじく演奏法。今日はすべてを指ではじく曲。
ずっとやっていて痛くないのかなあ。
最後の曲は昇太師の出囃子。それを寅さん風に編曲している。
今日の衣装はそろえてあるのか、3人とも肩紐だけの袖無ドレス。
そのためもあって、演奏中ライトに当たった3人の肌の白さが否が応でも(嫌ではないのですが)注目させられた。きれいなあ、が曲を聴きながらの感想。
(一番前でしたから)
 
落語と音楽のコラボでは、京都の愛宕山を登ったり、崖から傘で降りたりする噺の「愛宕山」に効果音的に演奏が入る。一回打ち合わせしただけと言うのに、いい効果音になっている。
前にも思ったことだが、今後「愛宕山」の落語を聴くと、音のないのに物足りなく思えるだろうな。
とても楽しめた。
 
前から気になっていたのですが、こんなのはどう思いますか
開館前に並んでいたとき、数人前に2人の女性が並んでいた。
やがてそこに、仲間が一人加わり、二人加わり…と5人になった。
開館後も開場まで中で並ぶのだが、そこにも3人ほど来た(いったい何人でつるんでいるのか)。
さすがにこの3人はしゃべったあと、後ろに並びに行ったが、さて初めの3人は「横入り」「割り込み」というのか、違うのか。
仲間なんだから多めに見てあげようよ、という見方もある。
どうせ先に行った数人がいくつもの椅子に荷物を置いて場所取りするんだから一緒さ、とも言える。
いや、そんなこと言えば、1人だけが寒いなか並んで、あとから20人も来たらどうなる、とも言える。
今回はみんな券を持っていたが、券を購入するための並びであれば、明らかに後ろの人は手に入らない可能性もある。
いや、みんないい席を求めて早いうちから並んでいるので、その席が取れなくなる点においては、「手に入らない」のと変わらないので許せない、とも言える。
自分自身も、完全に悪ともそうでないとも言えないのだ。
ただ、もやもやは残る。
プラスマイナスゼロより、ややマイナスよりかな。
そして言えるのは、そう言うことを平気でして、呵々大笑しているのは必ず、40~60代のおばちゃんだ、ということだ。

そして、群れをなすおばちゃんは必ずうるさい。
私もそうするわ、という人のご意見も聴きたい。
 
摺鉢山古墳からの紅葉が綺麗だ。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
(赤い着物の人は知らない人です。念のため)
 
アメ横でお昼を食べようか。
おお、昨日入った[たきおか]も先日入った[大統領]も、酔客でいっぱいだ。
まだ、お昼の12時半ですよ。
欲望の街って感じがしてすごいなあ。
[肉の大山]に入る。
ここは店先で呑みながらコロッケや焼き鳥を立ち飲みできるので有名だ。
しかし、この後仕事。今日は中で、昼食。
イメージ 5
特選大山丼。
和牛のすじ煮込み。大きなすじがごろごろ入っている。
これにトン汁がつき、しば漬け、そしてドリンクバイキングがコーンスープだの烏龍茶だのエスプレッソだのが呑み放題で、何と500円
これは良い買い物をした(ただし満腹)。
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

去年並んだ福袋の列に同じく後から横入り(?)する人達がいましたねー
私は2人までなら許容範囲かな^^
前にカードゲームをやるのにりんこが並んでいたら前に大人の人が一人(私は離れて見てました))
順番が近くなるとどこからともなくその人の子どもが現れゲームを始めました
そんなの本人に並ばせなよー!とイライラしちゃいました(ーー〆)

赤い着物の方 いい感じで写ってますね^^
すじ煮込み丼もおいしそうです

No title

赤い着者の人コワイです。サダコ?心霊君?(笑)

世の中泣く子とおばちゃんには敵わないのです。
どこのデパ地下にもある洋菓子屋さんの会長が ○○ザより怖くてシツコイのがおばちゃんだと言ってましたし…

昨日、横浜駅から桜木町を自転車で走っていたら(勝間さん風に)落語のポスターを見かけて王子さんを思い出しました!

No title

RINKOさま。
そうですね。甘やかすのも大事ですが、厳しい思いをさせるのも愛情と思うべきですね。
年老いても、一生子どものために並んであげる気骨があるならば、いいのでしょうが。

No title

オニ母さま。
自分も怖かったのですが、他に誰もいないところだったので、向こうもこっちを怖がっていました(笑)。
怖いもの同士で恋が芽生えました(嘘)。

自転車で疾走中、思い出していただき――感謝です。

No title

私は 一度TDLの入場券売り場で 夫を並ばせ、子供二人を列を離れて 遊ばせたことがありますね。
pinkもchobiも 保育園の時代で、長時間並ばせておくのは一苦労ですから 私は ありだと思ったのですが、
夫はひどく嫌がったので 以来 中止。
ついでに 夫を TDLに誘うこともなくなりました ^^;

ちなみに アトラクションは ちゃんと4人で並んでました。
なぜ 入場券売り場がよくて アトラクションはダメなのか?
入場券は どうせ一人が何枚も買うからかな。
長蛇のアトラクションで 横入りされたら やっぱり腹が立ちますものね。
夫は 何が何でも許せないタイプなんでしょうね。

No title

yoyoさま。
「ついでに夫を誘うこともなくなり」に笑いました。
こうして夫婦の別行動が始まるのですね。
小さい子ならOKと思いますよ。
知り合いでも、子どもが乗り物に乗っている間に次のを並ぶという人がいます(自分は乗らないでね)。
旦那さんがピュアな方だということも今回わかりましたよ(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ