FC2ブログ

記事一覧

補欠候補とは… 11年度入試その10

補欠合格という制度がある。
たとえば、巣鴨
2日の結果が発表となり、不合格と知る。
その数時間後にレタックスかな、繰り上げ合格の通知が来る。
これもかなりひどいもんです。
発送の時間を考えれば、正規合格が決まった頃発送しているのだ。
欠員が出たから補充しているのではない。
見かけの合格者を多く出したくない、つまり実質倍率を下げたくない、という学校の見栄でしかない。
本人がどんな気持ちでいるかを考えていない。
 
あるいは補欠合格を正規の横に発表しているケース。
昔の三輪田。昔のですよ。
なぜそんなことをするのか。当時の理事長が話した。
「あなたは補欠合格ですよ、と自覚させて、発奮させるため」
それを教育と勘違いする○○がトップとしていたから、この学校の復興に時間がかかっている。
たかだか漢字1問か2問できなかっただけのことで、なぜ劣等感を与えなければならないのか。
 
電話で追加合格を伝えるパターン。
大多数の場合がこれである。
突然の電話。
だいたいが即答を求める。
なかには1日待ってあげる、という優しい学校もある。
このパターンで最悪なのは以前の(今もかな)TKである。
「学校名を名乗らず、どこかに合格しましたか、と聞く。受かった、というとそうですか、と切る。どこにも、というと初めてそこでTKですが、と名乗り、繰り上げ合格の話をする」そうだ。
○○も極まれり、の感がある。
そもそも、名乗らないものに「どこかに合格したか」と電話で問われて、キチンと対応するわけがない。
また、「はい、合格しました」と答えた家が、高輪を熱望していたのに、しぶしぶ他の学校に行く場合もあるではないか。
理由は「合格手続きした学校から引き抜いたら、その学校に申し訳ない」
こうなると、この元校長は教育者ではない、な。
目が他校に向いている。
 
一切繰り上げ合格を出さないで、合格者を出している頌栄女子学院鴎友学園が輝いて見える。
 
さて、ここからが表題だ。
以上の、卑劣列伝に並べたい学校がある。
まずは筑波大駒場
合格発表から数日後、「補欠候補になります」と推定十数名の家に電話がかかってきた。
召集日のあと、欠員が出たら、いついつまでに連絡をします。ただし、例年数名しか出ませんが、そのときは残念でしたの手紙を出すとのことだ。
これを「蛇の生殺し」と言わずして何と言う。
そんなことを告げて、期待させて、繰り上がらなかった時の絶望を考えてほしい。
それならいっそ、欠員が出た時に連絡すればいいではないか。
 
そして、今日9日の慶応中等部、2次合格発表。
イメージ 1
右端によって見ると…
イメージ 2
イメージ 3
 
補欠で1番と言われる気持ちもつらいし、20番と言われる気持ちも辛いだろう。
他人がキャンセルすることを願わなければならない状況を12歳の少年少女に味わわせてはならないと思う。
すっきり不合格、突然の繰り上げ電話でいいではないか。
学習院女子とか慶応系とか、大学附属にこの番号発表のやり方が多い。
 
イメージ 4
こういう「優しさ」は慶応生にのみ向けられる。
 
この記事、いくつかの学校を罵倒してしまいましたので、少し経ったら、ハートマークとします。
上記の学校に合格したかたがいらっしゃったら、妄言多謝、とさせてください。
 
また、もし追加合格で進学する方がいたら、安心して進学してください。
わずか数問の差ですから。
かつて攻玉社がデータにして出しましたが、ギリギリ合格や補欠合格の生徒が6年後トップ集団になっていました。
 
 
昔、聖園女学園のA先生が言った。
「面接はやります。しかし、小さい頃から塾通いをして頑張ってきたのに、面接なんてあいまいなもので不合格にする、そんなことはあってはならんことですよ」
横浜雙葉の校長は言った。
「国籍とか、片親とか、本人の努力と何の関係もないところで不合格になることはない」
――こういう、まともな学校がある。まっとうな考え方をする、生徒の気持ちがわかっている学校がある。
だから、中学受験は素敵なんだ。
だから、上記のような学校が許せないのだ。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

オニ母さま。
自分の愛娘で退学した(させられた)のがいます。中学ですが。(泣)
きっと、この方の岡田真澄ふうが、ちょっと胡散臭く見えるのではないかと思います。

No title

女子大時代に、王子さんが褒めている女子校、頌栄、鷗友、聖園、横浜雙葉に
それぞれ知り合いがいますが、
みなさん、自分の中高が大好きだったのを覚えております。
今も仲の良い聖園の子は、よく聖園時代の話を聞きますね。

No title

圧倒的な実力で 合格する子もいるでしょうが、
2回入試をすれば ごそっと顔ぶれが変わるレベルの子たちも多いでしょうね。
入試は 所詮そういうものだと心して、我が子には確実にうかる実力をつけたいものです。

No title

学校経営のためにも、欠員は出せないでしょうね。
方法には一考してほしいものです。
前出の付属校の大学では、合格者(定員)の発表の横に補欠合格A・B・C・Dという順番で50-100人単位で同時掲載されていました。学部700人超の大所帯です。Bまでは確実に繰上になってました。当時はネットもなく合格電報が流行っていた時代。行かなきゃ判らない。発表は国立2次の二日目で友人に見に行ってもらいましたな。

No title

よっこさま。
まあ、考え方をかえれば、これが人生すべてではないし、このあとどうなるかだし、悲しみが多ければ多いほど、心のひだが増えて、優しい人になれるのだと、思うんですがねえ…。

No title

みみうさぎさま。
聖園はわが子が生まれたときの、自分の考える志望校でした。
横浜共立・聖園の併願を考えました。
結局、あれこれあって共立はやめましたが、聖園は受験しました。
ちなみに、頌栄は補欠に関して誉めているだけですよ(笑)。

No title

yoyoさま。
さすが事情通。それは灘の校長のお言葉ですね。
同じ試験を同じ灘受験のメンバーにもう一度させると、3分の1は入れ替わるという。

フロックでもいい。
追加でもいい。
掲示ミスでもいい。
入れていただきたい。
そんな心境になりますが、圧倒的な実力、身につけたいものですね。

No title

ymppさま。
たしか、慶応湘南は今でもABCDのランクではなかったかな。ただし、候補、ですが。
まあ、あまり慶応の悪口を言うと、叱られますね。
いい学校です。

No title

うわ~なんとイヤラシイ手段なんでしょうか!!
教育者というより経営者なんでしょうかね。。。

受験者の親としては藁をもすがりたい気持ちでしょうし、そういう気持ちを読んでるのかな~
娘には最後でひっかからない位の実力をつけて欲しいなぁ~(^^ゞ

No title

AYAさま。
まあ、視点を変えれば、敏腕経営者なんでしょうね。
経営立て直しのために社員の首切る経営者が誉められるようなもんでしょうか。

うちのおチビを落とせるもんなら落としてみなさい。そんな堂々とした勝負をしたいもんですね。

No title

この時期、補欠合格については本当に切なくなりますね。私の友人は、もう何十年の前の「補欠」合格者です。運よく繰り上がったけれども「あなたは、仕方がないから合格にしてあげたのよ」と言われているようで、在学中ずっと辛かった、と言ってました。
また、ある学校では「5番まで繰り上げた」と塾あてに発表したのに、1番の子に繰り上がりの連絡が来なかったそうです。王子の狐さまが、ここに挙げられている学校のひとつです。涙が出ます・・

No title

繰り上げ合格も色々なんですねぇ・・勉強になります。
しかし、今回の狐様はかなり辛辣でビックリです(笑)

ウチの娘の志望校、どうしたらいいでしょうか・・・。

No title

どこの話も悲しくなりますね。。
まともな学校にご縁があるといいのですが。。

高輪は今でもそういうやり方なんでしょうか。
息子の友だちの志望校なんです。

No title

通りすがりさま。

在学中ずっと辛い思いをさせてはいけませんね。
なぜ1番の子に来なかったのでしょうか。
詳しく教えていただければ、さらに叩きますよ(笑)。

No title

samさま。
あれ、ご存じなかったですか?
辛辣が定評のわがブログです。
もしかすると最近にぶっていたのかも。
よくない私学をたたくのが、このブログの存在意義だと思っています。
ただし、こういう人間に限って、実際に会うと気の弱い人間でして…。

No title

ちょこさま。
是非その友達に、そんな電話があるかもとお伝えください。
今日も慶応中等部や栄東でバンバン、繰り上げが出ています。最初から合格させてろ、と言いたくなります。

No title

まさに今うちの娘が補欠候補で今、蛇の生殺し状態です。3日校の国立です。補欠候補の人数が多いので回ってくる確率は低いのは大人は理解出来ますが、娘は「回ってくる確率が高いからこの人数なんだ!」と言って聞きません。五日に補欠候補になってから早十日間、娘は落ち込んだり、いきなり笑い出したり、精神状態が不安定です。補欠候補の期限は2月末まで、それまでに連絡がなければ、学校から「残念でした」の連絡も何もない、と文章に書いてあります。これで補欠がまわらなかったら待っていた娘があまりに哀れです。今後気持ちを立て直して高校受験に立ち向かっていけるのか?すべてがいやになってしまわないか?心配です。補欠って本当に残酷です、、。

No title

シロネコさま。
御心中お察しします。
お子様が精神的に不安定。よく聞く話です。
心を切り替えることも出来ず、外出中も連絡があるかも、と不安になりますね。
お子さんのおっしゃるように、出さないならこんなに候補者がいない、という気持ちもわかります。
学校側の、自分たちの安心でしかないのですね。

すべてが終わった3月、結果がどうであれ、お子様を抱きしめてあげてください。

No title

ナイショさま。
入試が終わられたのですね。
そうか…あの中のどこかにいらっしゃっいましたか。
もう一度見に行こうか、のお気持ち、痛いほどわかります。
でもお子さんが明るく気持ちの切り替え。
子どもって強いですね。
いい中学生活が始まり、それを紹介するブログがまた復活されることをお祈りいたします。

No title

王子の狐さま お優しい言葉、感謝致します。学校側の都合、、それだけでこんな多い人数の補欠を出すのですね。補欠になった者の心情は考えてはくださっていないのですね、、。これなら補欠など通知せずにいきなり連絡が来るほうがよほど幸せです。この通知方法は大人ならともかく小学生の子どもが受け止めるにはあまりに酷な事実です、、。学校から帰るたびに「何か連絡あった?」と私の顔を覗きこむ娘が哀れで私も泣き出したくなりますが、娘の前では明るくしてなくてはなりませんね。本当にありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ