FC2ブログ

記事一覧

普連土学園中学 学校説明会その20(11年5月27日)

幸い雨には降られずに済んだ。
さすがに学説週5は疲れるね。
まあ、飲めば頭の痛みも治るんだが(
田町から歩く。
考え事をしながらでも歩ける学校のひとつだ。
わが(何のわがだ
普連土学園の説明会。
以前と違い、いまは白金高輪からも歩けるので、王子からは便利。
東横の人なら、三田線直通かな。
 
この学校の説明会は、その前に授業見学を自由にできることに定評がある。中学生は外に名簿が貼ってあるので、知り合いを探しやすい。
中学校と言えば、この校舎ね。
イメージ 1
建築学会が選んだ名建築のひとつだ。
今は右手の銀色の渡り廊下があるので、ぬれずに渡れる。
自分がはじめてきた頃は、この校舎しかなかった。
中1の世界地理や中2の現代文などを少し見る。
イメージ 2
机の上の三角は名前。毎年中2が「後輩はどんな子かな~」と考えながら作って渡す。
もう先生に名前を覚えてもらえたころかな。
木製の机も椅子も、懐かしいでしょう。
「華美に走らず、質素であること」。これがフレンド派の教えだ。
 
高校の校舎に行く。
イメージ 3
屋上以外にも庭園があり、ここから眺める校庭のテニスの授業は楽しそうだ。
新校舎は綺麗。
イメージ 4
高2の授業を見学。この「現代文」は中島敦の「山月記」だな。
さすがに高2ともなると、し~んとしているし、誰も見学者がいることに気をとられない。
先生の声が小さいからかな(笑)。
 
浜野校長先生はフレンド派の説明などののち、「本業力」の話をする。
たとえば筆ペンのくれたけは墨以外の事業が95%を占めるらしいが、本業は決して絶やさない。
「ではこれがなくては普連土ではなくなる本業力は何か、というと、やはり、一人ひとりを大切にすること、それをスローガンでなく実行すること」という。
「もしある年の進路指導で、たったひとりでも『わたしの話に耳を傾けてもらえなかったな』という生徒がいたとしたら、その年の進路指導は失敗だった、そう断言できる」。
ひとりひとりに神の種が宿っている、そのフレンド派の考えを愚直に実行していくのが普連土だ。
だから、一学年120人という規模もあるが、どの先生もすべての子の名前と顔が一致する。卒業して数年経っても「ああ、あのこは何何なひとでしたねえ」と校長や教頭といった幹部の先生でも語れる。
それが息苦しい子は大規模校に行けばよいし、そうでなければ家庭的な居心地のよさ、と言えるだろう。
毎年の説明会資料には高3生の書いた「普連土学園のここがスキ、ここがイヤ」というアンケートがある。
その中で、干渉しすぎ、温室育ち、過保護、おせっかいといった「イヤ」があるが、それはこの年齢だからだろう。そこを「スキ」にあげている人も多い。
そのアンケートで「いじめ」を挙げる人はいないと浜野先生。
そうだろう。自分が大事にされていると実感したら、他人を攻撃しないはずだ。
 
副校長からは「塾・予備校のいらない補習」「予備校に負けない自習室」という。そして「勉強させる学校です」と。
数学の鳥羽先生はいつものように算数の問題の解説。
過去問分析すれば解ける問題も多い。今年のように1次・2次・3次で同様の問題を出したりもした。「定型問題を多くやって公式で解く子、ではなく、作業させることで気づく子がほしいから、そういう問題を今後も出していきたい」。
算数は必ず何か書けば答えが合わなくても部分点をもらえる。
実際は、合格者と不合格者で差がつくのは算数で、20点以上差がついている。
広報部の大井教頭は、ひとつの型として「350点で合否で50点差がついているとすると、算数20、国語10、理科9、社会8ぐらいの配分ではないか」とする。
国語は長文読解の記述問題だが、それを苦にしない人が受けるからね。
 
普連土の今年の大学実績は、126名卒業で、現役の国公立14、早慶上理68、GMARCH86は凄いでしょ。126名中、ICUを足したGMARCH以上の学校に進学した実数は71名だから、半分以上がそこに行っている。また、3分の1が理系進学だ。
これも、いまではシステムとなった補講が、出発点は生徒と教師の熱意の中から自然発生的に始まり、それがどんどん増えて行って…という、、面倒見の良さから来るのじゃあないか。
説明会の後、高2、中2、中1の生徒と、年齢をさかのぼる形で話ができた。誰もがこの学校に居心地の良さを感じているのが実感できて、この学校に通えてよかったなあ、と思う。
 
さて、このあと渋谷に移動したのだが、それは別立ての記事にします。
イメージ 5
 
スポンサーサイト



コメント

No title

みみうさぎさま。
本人が好きでなく、親が好き、悩ましい問題ですね。
ぜひ6月の学校体験に、今年も連れて行ってあげてください。そこで判断しましょう。

No title

制服が上品な感じでいいですね~♪
進学実績もすばらしいです!!

我が家には大学は国公立しか考えていない頑固なお父さんがいるのですが、
国公立に強い一貫校ってあるのでしょうか?
学校ガイドを見る限りではあまりわからなくて~
東大や京大を目指すわけではないんですけれどね(^^ゞ

我が校は国公立コース(文・理)もあります!みたいな、こういうことも学校説明会に行けばわかるのでしょうか?

No title

オニ母さま。
オニ~。呑まずに早く帰って来たのよ~。
オニ母さんが待っていると思ってね。
「人肌」ですか。お燗みたいね。
20年前は頌栄―普連土のランキングでした。
それが10年以上前に逆転したのも当然かな、と思います。
上の子を6月の学校体験に連れて行ってあげてください。

No title

AYAさま。
国公立に強い学校であるためには、地方でひとり暮らしをすることを良しとする親子の存在が不可欠です。
なぜなら首都圏の国公立のパイが限られているからです。
しかし今は子離れできる親が少ないので、地方の国立に行くぐらいなら、都内の私学、という親が多く、女子校には国公立に強いのが少ないのが現状。
そもそも、女子校で国立コースというのもあまり聴きません。
あるのでしょうが。

「国立大に行くなら、桐蔭だの桐光だの、勉強をガンガンさせる共学校になるよ、それでいいの」
「地方にひとり暮らしをさせていいの」
とパパさんに言いましょう。
ぎゃふんとなって、はい考え変更、でしょう。

No title

寄り道されずにご帰宅。早々にUP、ありがとうございました。
もちろん体験授業は申込み済です。
2度目なので応募者多数の場合は我慢します。
頌栄より人気なんですか?説明会の頌栄人気はすごかったです。
台風なのにグロリアホール満席でした。

No title

オニ母さま。
安心?してください。
頌栄は5日に100も採りますよね。あの規模が魅力で、5日しか受けない人も多く説明会に参加します。面接もありますからね。

No title

なるほど どういう学校かよくわかりました。
こういう面倒見の良さなら いいですね。

面倒見のいい学校というのが わたしは よく分かっていないんですよ。
イメージわかなくて。
こういう面倒見の良さなら いいな~と思います ^^;

No title

やはりオニ母さまはここですね。
お嬢さんが、ここで納得(満足)するかが問題ですね(笑)

私も今年は説明会や公開行事に娘を連れて行ってみます!

昭和女子大付属の事件については、全く知りません~

No title

yoyoさま。
「面倒見の良さがわからない」…ひとり笑いました。
なるほどJGらしいな、と。Ferisもそうですが、自立していることを前提とした学校は面倒見ませんからねえ。

行くと、こちらまで居心地良くなる感じ、そんな学校です。
少し、鷗友や恵泉と同じ匂いがします。

No title

samさま。
自分も少しうろ覚えになってきたので(実は少し老人力が着いてしまい…)、今度きちんと思い出してから、お話します。

No title

ですよねぇ~少数派ですよね~だから載ってないんでしょうね(T_T)
「勉強するなら国公立」が口ぐせのパパなので、一人暮らしさせることに抵抗はないみたいで「北大の獣医ええんちゃう~」とか言ってるんですけれどね(^^ゞ
横浜市立大に獣医学部があったら最高なのになぁ(*^_^*)

No title

AYAさま。
でもね~、いざとなったらひとり暮らしをさせられるかなあ。
北大、ポプラ並木って案外小さいんですよね。

No title

北大、素敵ですよね。
夫の実家が札幌なので、私も娘には北大に行ったら?と言っています。
おばあちゃまの家に住まわせてもらって~なんて言っていますけど
ココだけの話、あと12年生きているかどうか・・・><

No title

samさま。
もしかしたら、おばあちゃんちでひとり暮らしが始まるのかも。
子どもが地方に行くと、訪れる楽しみがありますね。
「そんなちょくちょく来ないでよ!」と言われるかも。
下宿に歯ブラシ2本あったら、どうします?

No title

横レスです。
samさん 洗脳します。
王子の狐さん 洗脳お願いします。

クェーカ―の洗礼受けろというなら親子で受けます。ダメ?

No title

渡り廊下・・・使わなくなった電車の車両が
展示してあるのかと思いました。。

こちらの学校は名前が印象的で記憶に残っています。
男子校を探している時、面倒見が良いと
進学率がイマイチだったり、またその反対だったりで
なかなか「ここ」と言う学校が無かったですが
こう言う学校に出会えていたらきっと
受けさせていただろうなぁと思いました。

No title

オニ母さま。
もし、「この学校を受ける」と決めたら、ネガティブキャンペーンで志願者を減らさなければいけません。

クェーカーにも洗礼あるのかなあ。
もし、信者なら100%合格でしょうね。
信者数がきわめて少ない宗派ですから。

No title

ina*inaさま。
使用済み車両、いい発想です(笑)。

もし、次に女の子の受験校を探す際は、ぜひ見学におとずれてください。
受験が終わると、見に行けなくなるので、ちょっとさみしですよね。

No title

嘘ばっかりの学校。
いじめがないなんて、塾いらないなんて、よく言うね。笑える。

No title

呆れさま。
嫌な思い出があるのですね。
いじめも塾もあって普通(肯定しての言い方ではありません)だとは思いますけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ