FC2ブログ

記事一覧

マイ・バック・ページ

川本三郎は今では映画評論家か、東京や地方の散歩の達人、また居酒屋についても一家言持っている人、というのが世間の認識だろうか。
自分も、何冊も持っている彼の街歩きのエッセイがとても好きで、愛読している。
駅前の大衆食堂でビールを飲むのがエッセーによく出てくる。
実際、それを読むと自分もビールが飲みたくなる。
 
ところが、川本氏はかつて「朝日ジャーナル」の記者であり、自衛官襲撃という「赤衛軍」事件に関連した罪で有罪判決を受けている。
この自分の封印してきた傷を赤裸々に描いたのが『マイ・バック・ページ』である。
この本が出版されたのは88年。
ついに出たか、との思いでその当時、読んだ。もう、20年以上昔なのだ。
また、とき同じくして『一九七〇年の狂気』という、福井惇の本も読んだ。こちらは、さすがにサンケイ新聞の記者らしく、偏見も多い本だった。
 
そして、また数日前、『マイ・バック・ページ』を読み直した。
川本氏の文章に漂う抒情的な感じが、より痛切な印象を受ける。
大学を出たての記者として、安全な側から学園紛争を見ている後ろめたさ。
スクープを欲しいという、ジャーナリストの野心。
そしてK(原作本での表記。映画では梅山)に対する個人的な親しみ(宮澤賢治の銀河鉄道の夜が好き、とKが語ったことと、CCRというグループの歌をギターで弾いたこと)。
そんなことから、川本氏は「証拠隠滅罪」で執行猶予の判決を受けるところまで行ってしまった。
あの時代がそうさせた、ともいえる。
あるいは、虚言癖で誇大妄想な男にまんまとしてやられただけ、とも言える。
 
今の平和な時代には、何かの「大義」で人を殺すことなど理解できない。
あるいは「政治犯」ということで犯人を隠す、ということにも理解が困難だろう。
でも、あの時代には死がすぐそばにあった。
いや、今でもひとは案外、「大義」に殉死すること、「大義」で殺害することが好きなのではないか、そうも思える。
昼に訪れた泉岳寺に眠る忠臣蔵の赤穂浪士たちへの共感。
太平洋戦争の時代。
60年安保と70年安保。連合赤軍事件。
そのあとも、さまざまな宗教団体がさまざまな事件を引き起こしている。
「なぜ、あんな教祖にだまされたの」というのは今も絶えない。
 
川崎に降り立った。
昼を食べよう。
今日は暑いなあ。
どこで何を食べ、どこで飲めばいいか、ブロ友のオニ母さんに聞こうと思い立った。
川崎はあの人の「シマ」だ。
しかし、
の番号を知らない。
きっと彼女がすすめるであろう[はなまる]でうどんだ。
なんせ、洗足の調べるレポートで、各うどんチェーンを食べ歩き、はなまるうどんが1番と結論付けた論文があった、と校長先生が言っていた。
洗足の子が好きなうどんだから、自分も好きなうどんなのだ。
イメージ 2
ゆずねぎ中 399円
半熟たまご天 105円
 
今日行く映画館は京急川崎駅そばのダイスというビルに入っている[TOHOシネマズ川崎]。
実は、王子、大学を卒業してから映画館に行くことがめっきり減り、とくに中年になってからはBSで済ますことはなはだしい。
今日もよくわからなくて戸惑う姿が何度かあったけど(しかも初めて行く映画館)、まあ、「普段映画に来ない客層が見に来てる映画なのね」と配給側に思っていただければいい。
イメージ 3
昔好きだった、アメリカTVの「タイムトンネル」のようね。
この中に入って8番のスクリーン。
イメージ 4
 
114名の定員。
全席指定。チケット売り場で前売りと引き換えに指定券を発行してもらう。
…ところが、平日3時の開演ということもあって、客の数は推定、自分も含めて9人。
おばさん組。中年夫婦。若いカップル。単独のおっさんたち。
静かに堪能できた。
 
お坊ちゃん育ちで直情な妻夫木も、狂気な松山もいい。
破滅的な先輩記者(古舘寛治)や山内圭哉も好演。
梅山の恋人石橋杏奈と、表紙モデルの忽那汐里もどちらもキュート。
 
ラストシーン。
赤ちょうちんに入る川本役(映画では沢田)の妻夫木。
新聞社を懲戒免職になり、今は映画評論家として歩み始めている。
ビールを注文すると、カウンターにいた店主は、かつて覆面記者で都内を徘徊する記事を描いていたときに出会ったうさぎ売りのフーテン。
店主はいまだに沢田の正体を知らず、同じフーテンだと思っている。
「ま、生きてりゃいいよ」と店主に言われて、耐えきれず泣く。ビールを飲みながらカウンターで嗚咽する。
生き難い思いをしたが生きている自分。
「戦争に行っているわけでもないのに、自衛隊の基地の中で、なんで息子は殺されたのか」と父親を慟哭させた自衛官の死。
「泣ける男の人が好き」と言った表紙モデルの眞子はスターになったけれど自殺。
そんなことや、激動の数年間を思ってか、泣く。
それにしばし付き合った自分も泣けてくる。
 
監督:山下敦弘
出演:妻夫木聡・松山ケンイチ・忽那汐里・中村蒼・石橋杏奈・韓英恵・長塚圭史・あがた森魚・三浦友和
主題歌:奥田民生+真心ブラザーズ「My Back Pages」
イメージ 5
前売り 1300円
オフィシャルブック 1470円
 ……………………………………………………………………………………………………
居酒屋好きの川本氏には、映画のラストシーンの焼き鳥屋が似合っていた。
そんな店は川崎にあるかわからないが、一杯立ち飲みでもしなければ帰れないな。
夕方近い景色の商店街を歩いて
イメージ 6
[立ち呑みとんちゃん]
立ち呑みといいつつ、オール椅子あり。
イメージ 7
この前、手術で入院中のブロ友の月灯さんが、病院を抜け出して?呑んだ「バイス」でも飲もうか。
バイスと言いながら梅酢のような色をしてないな。
イメージ 8
お通しはよくある春雨サラダ
イメージ 1
左は奥から、カシラ・豚バラ・もも。右は手羽先
手羽は塩がよかったかな。
 
ボイス 380円
焼きとん 各130円×2
焼鳥 各180円×2
計 1000円
ということは
お通し 0円
だな。
 
本当は嗚咽するまで飲みたかったんだが、
またあの大魔王からのコロッケメール。
そして、今日は大魔王との「こっちの方が我慢して続いた」と言いあう20周年記念の日だそうだ。らしいので、予告なしに
を買って帰る。
外出すると、お金を使うネ。
スポンサーサイト



コメント

No title

みみうさぎさま。
本当にそうですね。
いや、戦争のない国、を出さなくても、今回の大震災で学ぶ機会も奪われる子ども達を見よ! と言ってあげたくなりますよね。
(自分も勉強嫌いだけど)

No title

Timothyさま。
違います。
ご愁傷様、が正しい用語です。

No title

オニ母さま。
上に同じ。

やはり、思いは天に通じましたね。はなまる。
こんなに大きな柚子が入っていたら…持ち帰るのかなあ。

そうですか。では今度、立ち呑み歩くかな。
何軒まで立ってられるかひとりツアー。

忽那は少し顔が四角いのが難点です。
(逆三角形好き)

No title

オーストラリアの大地で小麦食ばかりだったので仕方ないです。

No title

20年ですか?おめでとうございま~~す!ウチはそれまで持つだろうか(笑)
ちなみにウチは、私と夫、それぞれの家族3人×2の計8人で結婚式&食事会をしたのですが、式と入籍は同じ日が良いという夫が、早朝に走って届を出しに行ったらしいです。

はなまるうどん、安くて美味しくて私も好きですよ^^

No title

結婚20周年、おめでとうございます!
ちゃ~んと覚えているところからラブラブさが伝わってきます*^^*
うちは知らないうちに記念日が過ぎていきます…^^;

たまには映画、いいですよね~
私はブラックスワンを見てきました。
今度は是非、大魔王さまを誘ってあげてください^^

No title

ご結婚20周年 おめでとうございます^0^
予告なしのケーキは喜ばれたでしょう*^^*
うちはお互いに全く覚えてなくて毎年何にもしません^^;

はなまるうどんより丸亀製麺の方が断然おいしいです!
知ってますか?丸亀製麺 お勧めはめんたいこが乗ってるうどんです
名前忘れました^^;

No title

横から失礼します。
RINKOさん
めんたい釜玉うどんですよね?
いつもおろしかたまごにしてしまいます。次回めんたいに挑戦します。

No title

ラゾーナのオイスターバーが好きです~♪
はなまるうどん、おいしいんですか!
私は丸亀製麺の方がおいしいのかと思って行ったことがありませんでした(^^ゞ
安っぽい看板な感じがしましたが、おいしいんですね~!今度行ってみます!!

No title

オニ母さん
そうそう!それです^^ 大好きでそればっかり頼みます
卵を混ぜてもらわずそのままでもらって少しずつ混ぜながら食べるのがお勧め^^
本当に最近名前が出てこなくてイヤになります><

No title

大義に酔える時代は 幸せだと思いますけどね~。
今は酔える大義もないから 若い子たちにはつらい時代だと思います。

20周年おめでとうございます!
うちは 何周年だか数えることすらしません ^^;
ケーキ喜んでくれましたか?
うちの夫が買ってきたら 今度は関東直下型か?!と心配になります ^^;

No title

オニ母さま。
オーストリアの大地で…なんか、雁屋哲みたいでいいですね。

No title

samさま。
以前結婚記念日とは式の日? 入籍日? と議論になりましたから、同じ日がいい、という夫さんは正しいです。
続くコツは簡単。興味を持たない・一緒に行動しない、です(笑)。

No title

nanoさま。
ブラックスワンも見に行きたいですねえ。
一緒は嫌です。向こうはレディスデイに行きますから、女だらけだと困ります(映画に目がいかないので―笑)。

No title

RINKOさま。
まあ、和菓子屋が100年を機に閉店ですから、うちも20年を機に…という感じかな。

丸亀ってあの大きな字の看板ですね。町工場のような看板。
行動範囲にあるかなあ。
見つけたら、必ず、めんたいこですね。了解です。
西に向かっていただきます。

No title

AYAさま。
はなまるは基本、讃岐うどん風なので、味付けが関西なので、旦那さんにも合うんじゃないかな、と思います。

No title

RINKOさま。
商品名を忘れるうちままだいいですよ。
自分は、一緒に仕事をしている同僚の名前をよく忘れ、
「あなた、名前何でしたっけ」と聞くようになっています。
人生の閉店が近づいてきたか…。

No title

yoyoさま。
少なくとも、へんな宗教にだけはハマってほしくないですね。
そのためにはスタンダードなキリスト教を、と思ってカトリックの学校に入れたようなもんなのですがねえ。

繰り返しますが(笑)、20年も、ご愁傷様、でお願いします。

No title

私も丸亀の方が好きかも(笑)
はなまるも美味しいけどね^^;
お蕎麦と違って、うどんは大抵美味しく食べられます。

No title

samさま。
美味しいお蕎麦は高いですよね~。
それに比べれば讃岐うどんは安くて美味しいのでいいですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ