FC2ブログ

記事一覧

講談本牧若芽の会 (11年6月19日)

久しぶりに9割がた書き終わって、画面が凍ってしまった。
全部消去するしかなく、号泣
さっきまでの記事を、少し変わって打ち直し。
 
御徒町へ行く。
かつて上野に本牧亭という、講談の定席があり、
今はここ黒門町に移って、日本料理屋と講談の店になった。
イメージ 1
ここではよく講談の会が開かれている。講談の聖地だ。
キャパは30から40も詰めると「おひざ送り」。
難民船だな。
 
月に1回、前座と二ツ目の会が開かれている。
贔屓の宝井琴柑さんが出るので、行く。
イメージ 2
 
講談本牧若芽の会
一龍斎貞鏡「真田幸村 大坂入場」
彼女の話の「間」は間なのか、次を忘れたのかと、ハラハラさせる。
そこが、彼女の追っかけにはたまらない魅力なのかも。
今日は軍記物で、このほかにもいろんな会で軍記物をやろうとする意欲を買いたい。
ただの講談界のアイドルでは終わらないぞ、という意気込みだな。
一龍斎貞弥「村越茂助 左七文字の由来」
こちらも年齢から来る安定感が前座なのにある。
学問のない茂助は仲間からからかわれるが、家康自ら字を教える。「七」をみんなの前で書こうとして、十のあと左右どっちに曲げるかわからなくなり…
神田山緑「お富与三郎の出会い」
今日は彼とあとの駿之介が男性。
男ならではの力強さが、この話にも生きる。
「死んだはずだよお富さん」の歌で知られる、お富と若旦那与三郎の不倫話だ。
女房を寝取られた親分は与三郎に34もの傷を負わせ、お富は崖から落ちる。
「でも、死んだらこの続きができなくなるので死なないのよ~」とホッとさせる。
田辺銀冶「黒田節の由来」
黒田藩の母里太兵衛は藩主から禁酒の命を受けたが、福島正則の挑発に乗り、八升の酒を飲み干す。それで秀吉から拝領の名鎗「日本号」をまんまと手に入れる、という酒で成功した話。
酒で失敗することの多い世の中だからこそ、講談はこうありたい。
銀冶は6月から二ツ目。
「自由を手に入れた銀冶は、どこへ飛び立っていくのでしょう
」と言うが、
確かに脱力系フワフワ派の彼女がどうなるのか、期待はある。
宝井琴柑「塚原卜伝 怪猫退治」
初めに銀冶の手ぬぐいを見せ、「これがどうすれば手に入れられるか
 大きさは問わないが四角い封筒に四角い紙を入れ、彼女に渡せば良いのです」。
古武道を学んだ話から、塚原卜伝の一席へ。
少し前に塚原卜伝の連続読みを行った彼女だから、聴きやすく面白かった。
人間に化けた黒猫を退治する話。
うちにも黒猫がいるが、あれは何に化けるのだろう
田辺駿之介「三保の松原誉れの仇討」
自分もてぬぐいもってくればよかったな~、通信販売しよう、と携帯の番号を3回繰り返し、
「なぜ誰もメモを取らない」と怒って見せる。
この話は古い講談本からとってきたもので、彦太郎とおきよが清水で奇跡の再会。次郎長親分の助けを借りて、仇討を果たす一席。
彼を聴くのは初めてだが、このひとの荒っぽいハチャメチャさは、ちょっと面白い。
 
ハネたあと、琴柑さんと「ひさしぶり~」と久闊を叙す。
そして彼女の教え通りに、銀冶さんに四角いものを渡す。
振り向くと、後ろにも四角いものを包んだ人が並んでいた(笑)。
イメージ 4
 
御徒町で小酌。
かなり以前、琴柑さんと飲んだ[蔵元居酒屋 清龍]
イメージ 5
お。
イメージ 6
安いじゃない
ひとりだと、外が見えるカウンターに案内される。
「まだカツオありますよ」
「じゃあ、それ」
この店は埼玉の蔵元が自分の酒を売る店だから日本酒が安い。
イメージ 7
つまみメニューも豊富で、「本日」のメニューもいい。
イメージ 8
結局、小酌のつもりが…
イメージ 9
純米辛口と千葉・カツオの刺身
イメージ 10
メゴチの天ぷらと普通酒
イメージ 11
煮穴子の玉子焼きと普通酒。これは卵が出し巻きではなかったので、味がなく
 
…などと飲んでしまった。
 
辛口伝・1合 315円
かつお刺身 250円
お通し 158円
ます酒・1合 168円×2
メゴチ天ぷら 294円
煮穴子の玉子焼き 399円
計 1752円
 
今日、夜はピザ。
イメージ 3
相変わらずの高カロリー一家である。 
スポンサーサイト



コメント

No title

二人とも夜更かしですねー 特にオニ母さんお肌に悪いですよ!
小悪魔の手ぬぐいおしゃれでかわいいです^^

お魚がおいしそうなお店ですね 玉子焼きだけ値段も↑で残念でした
昨日のお昼にピザを頼むか悩んだけどお昼から¥3000は出せないと仕方なくソバを茹でました

No title

RINKOさま。
そうなんです。深夜の密会コンビです。

一番高いメニューがいちばん美味しくないなんて傑作です。
ピザは父の日だからです。

No title

やっぱりピザは特別な日じゃないと頼めないですよね
うちは私からミルクレープ1切れ(市販)りんこからプレミアムモルツ(500ml)
二つとも大好きなものなので感激されました
安上がりなパパさんです^0^

No title

横レスです。
RINKOさん
ピザハットお近くにないですか?水曜は取りに行けば半額になる限定商品がありますよ。
曜日は店舗に寄って異なるのかも…

No title

お手ぬぐいかわゆす♪←合ってますかね?使い方・・・

本牧亭の前は通れど入った事ないです・・・純粋な料理屋さんだと思ってました。
講談が聞けるんですか。
この辺りの何本目かの路地に関所?とかいうラーメン屋?(”?”ばっかり・・・)込んでたような記憶が・・・

デリバのピザってガッツリ食べようとするとお高くないですか?
サイドメニューの方が頼みたくなっちゃうし・・・

No title

オニ母さん
あります ピザハット そんなサービスがあるんですね
平日じゃなくて土日だともっといいですね
ちょっと調べてみます^^ 土日のお昼は作るのが面倒で

No title

ます酒168円なんですか?飲みた~い。
でも王子さんって、週何日くらい飲んで帰るんですか?
お小遣いなくなりますね~

No title

RINKOさま。
ミルクレープ、食べたことないです。
今度、デパートで探してみます。

No title

月灯小夜子さま。
使用法、合ってマンモス(←流派が違うか…)
きっと、落語協会の若手に聞くと、いろいろ知ってるんでしょうねえ。

ピザは高いです。
ご飯を炊いて、おかずとして食べましょうかねえ。

No title

アイビーさま。
さすが、ご明察です。お金ないです。
貯金、切り崩して飲むこともあります。
ダメですね。

No title

我が家は時鮭のホイル焼きです。2切れ入って1280円のものを2パック。
夫が2切れ。

夫が選んでお会計は私がしたのですが
値段も全く見ておらず、そういえばいくらだったの?と聞くと1280円。
思わず「えっ?そんなに高いの?)と言ってしまいました~^^;

この値段で差別化したい・・・と、夫の言葉。なるほど。

ピザよりは安いです(笑

No title

黒猫ちゃんも飼ってらっしゃるんですね~
王子家のネコちゃんを今度紹介してくださいね♪
家族3人でMサイズのピザを2枚食べられるんですね~!
宅配ピザって結構高いんですよね~(^^ゞ

No title

「はなし亭」という小さな落語会をまだここでやっていた頃のこと、お膝送りを繰り返し最前列の真ん中に座っちゃったことがあります。あまりに高座が近くて師匠がお辞儀をしたら「ははぁ。」とばかり こちらもつられてお辞儀をしちゃったなんてことがありましたなぁ。恥ずかしかった!

No title

samさま。
差別化したい…何と? だれと?
そう言う夫も、納得するsamさんも、ほのぼの一家って感じで素敵です。
家での晩ご飯が3人で2560円。
むろんこれだけがおかずじゃないはず…セレブです。

No title

AYAさま。
3匹のうち、仲のいいのは1匹だけなので、紹介できるのはそれだけかなあ。
猫にも家族にも好かれていない自分です。

1枚はあの薄っぺらいタイプですから、食べやすかったのです。

No title

ゆきうさぎさま。
そんな会がありましたか。
以前、琴柑の会だったか、あまりにも入りきれず、楽屋にまで客を入れていました。
後ろから講談を聞くって、どうなんだろう。

No title

普段の食事(食費)との差別化ですね(笑)

いつも、1パック1000円以上する魚なんて買いませんから!
普段が600~800円くらいだとして、この日は父の日だから特別に1280円。
ということです^^

この日は他にも活ナマコの酢の物とかいつもよりちょっと高いお豆腐とか・・・
いつもよりほんの少しの贅沢で、差別化(笑

No title

samさま。
なるほどです。
わかる気がします。
ならばいっそのこと
「今日は父の日で焼肉。俺は黒毛和牛。諸君は輸入肉」と夫さんに言わせてあげたいですね。
残りの364日が地獄でしょうが…。

No title

たびたびスミマセン。

ウチの家族は大多数の日本人が好むような、霜降り牛や大トロのような
食べ物が苦手なんです。
魚なら白身ですね~

娘はすき焼きが好きなんですけど、以前、貯まったマイルを消費するために
神戸牛の高級すき焼き用肉を買ったことがあるんです。
ところが、「高級なものは脂が多すぎて気持ち悪い・・」といって殆ど食べませんでした(笑

No title

samさま。
商店街のおっちゃんも「鮪で本当にうまいのは赤身」と言います。自分もよくて中トロ。
霜降りや大トロが苦手なのは、味覚が外国人なのですよ。
雁屋哲は「ジューシーと言うが、とんでもない。大トロや霜降りはただのオイリーなのだ」と言ってましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ