FC2ブログ

記事一覧

横須賀学院中学 学校説明会その35(11年6月30日)

これっきりこれっきり、もう~これっきり~ですか~。
ここは横須賀
 
あ、その前に。
今朝こんな人を見た。
自分が電車の長椅子の端っこに座っていた。
向かいの端っこにおばさんが座っていた。
途中、逗子駅でおばさんは少し離れた席に移動した。
先ほど座っていた隣りの席にレモン系のペットボトルが倒れて置いてあった。
一瞬、あ、と思ったけど、おばさんの忘れものではない。
前に降りた人が置いて行ったか、置き忘れたのだろう。
もしかして、それがいやで席を移動したのかもしれない。
さて、逗子駅で前4両切り離しのため、しばらく電車は止まっていた。
男が乗ってきた。20代中ごろぐらいか。
さっきのおばさんの席(つまり自分の正面)に座るや否や、そのペットボトルを飲み始めた。
えっ。
見てはいけないものを見たようで目をそむけ、また彼を観察した。
あのペットボトルが彼のものでないのは確かだ。
だって、あれは逗子駅寄りもはるか前の駅を通る頃からあったのだ。
しかもこの男は逗子から乗車。
なによりも飲んだ瞬間「あつッ」と言ったし…。
そして、彼は端っこの壁と体の間に、大切そうにペットボトルを挟み、また飲んだ。
この男、危機感ゼロ。
青酸カリ事件の頃は生まれていないのか。
いやいや、見知らぬ他人の飲み残しをのんで、気持ち悪くないのか?
う~ん、と唸りながら、横須賀で下車した。
 
横須賀学院中学。青山との連携で、人気が少し持ち直している。
でも「これっきりこれっきり」かなあ、と思う。
だらしないのだ。
説明会に行くと、全員の先生がピリッとしているのに出会うと、ちょっと気持ちいい。
基本サービス業として、だらしないのが嫌いな自分だ。
この学校に接していると、「いや、異国の文化なので怒ってはいけない」と錯覚しそうだ。
昨年は横須賀駅からスクールバスを出すのだが、時間より早く出発したか、大雨の中バスがなく、怒って電話。すぐよこせ!と。何人もの人が困っていた。
しかも着いたらもう会は始まっていた。
アクシデントがあったんだから遅らせろよ。
それは去年ね。
これに懲りたか、今年は出発の時間を過ぎてもいつまでも発車しない。
その結果、今年は先に学校見学があったんだが、それは始まっていて、説明を途中から聴くはめに。
自分(たち)は遅刻したのではなく、バスの遅延組なのだ。
その自分たちは説明が中途からで、自主的に遅れたものは同じ説明の2回目組として、全部聴けている。
一事が万事こんな調子なのだ。
今のご時世、携帯を持っているだろう。「駅出発します」とか連絡を取り合えよ。
 
授業見学をして失望した。
あるクラスは授業を聞いていない。
これが「青山進学をにらんでレベルの高いところで切った」生徒なのか。
先生の説明中、あるものは隣りの女とおしゃべり。別の物は手を後ろにやっての腕たせ伏せ。
別の、これは女の子。
先生が
「May I~とCan I~では先生とか目上の人にはMay Iを使いましょう」
と言うと、
「May Iを先生に使ったらどうなんの?」
「…May Iは先生に使っていいんだよ」
「あは、Can I、Can I」
こんな調子である。
学級崩壊か、と思う。
この学校の先生たちは優しすぎるので知られている。
忍耐力のいる学園だ。
自分なら、即日解雇だな。いや、即秒解雇。
 
また、毎年学校案内やデータブックは昨年度版を「昨年度資料」と朱印が押してあるのを配る。
説明会までに間に合わせろよ。
いや、まに合わないのなら、間に合う頃に説明会を開けよ。
 
都心のきちんとした学校に慣れてしまった自分の要求水準が高いのか?
そうではないと思いたい。
 
今年の目玉は青山学院との高大連携に関しての説明役として、青山の先生を招いたこと。
その方は中央大などを念頭に置いてか「定員集めのための吸収とか包括ではない。そこがほかの大学と違うところで」と、一切中央だの早稲田だのの名前を出さずに説明。おしゃれ。
「もともと自分たちがこの横須賀から青山に移ったあと、この地でキリスト教の教育を続けてくださった横須賀学院は兄弟校。だから継続したキリスト教教育のために生徒を受け入れる。大学でキリスト教学校出身者が減っているのはゆゆしき事態」。
「他の同盟校からも頼まれているが、まず横須賀との連携が成功してから、他校とも考える」と配慮を見せる。
提携の内容は3つ。今は17名の青山への推薦枠があるが、これを拡充。
高校生が相模原のキャンパスで授業を受けるといった事のほかに「高大接続ゼミ」を必修科目として開講予定。
青山初等部と横須賀小、中等部と中学校のように、学校間の交流や教職員の交流・研修も行うとのこと。
ぜひ、青山の先生に授業を見ていただいたりして、向上してほしい。
 
横須賀駅までスクールバスで送ってもらう。
節電ダイヤで電車の本数が12時台に2本。
駅で待っていても退屈、こんな景色を見るしかない
イメージ 1
ので、いい天気には海をみよう。
イメージ 2
この時間は軍艦がなかった。
軍艦見学のクリ―ジングがあるらしいので、船好きのオニ母さん、いかがですか。 
 
駅前が綺麗に整備されていて、
イメージ 3
ヴェルニー公園だって。
ヴェルニーとは幕末期に横須賀製鉄所の建設に尽力したフランス人技師。
フランスにちなんで公園はフランス庭園様式、バラもフランス品種が中心とか。
イメージ 4
ヴェルニー記念館。無料がうれしいね。
なになに、この記念館のデザインはヴェルニーにゆかりのあるフランス・ブルターニュ地方の住宅仕様。特徴は屋根窓・突き出た煙突・急こう配の屋根・石造りの外壁。
 
アメリカに支配されている横須賀にフランス式公園にフランス仕様の記念館とは、こりゃあいい。
イメージ 5
国重要文化財のスチームハンマー
スチームハンマーとは蒸気を動力としてハンマーを持ち上げ・落下させることで加熱した金属を鍛造するもの。
 
イメージ 6
お昼は海軍カレーじゃないのかって
いや、急ぎの用があったもんで。
一応昨夜と今朝はカレーを家で食べましたが

初めは[魚藍亭]で始まった海軍カレーは、現在名乗ることができるのが店20軒、レトルト9、カレーパン5つ。
通過する横浜と言えば、[勝烈庵]。 ハマッ子として知らぬものがない。
棟方志功の版画で有名ね。
イメージ 7
カツサンド。キャベツやレタスでなく、キュウリなのがちょっと嬉しい。
 
ちょっとぼろくそ書きすぎたので、
の記事にするわ。
 
(12年6月11日:公開記事に)
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

残念な説明会でしたね
去年に引き続き今年も×なのが余計にダメでしたね

生徒と先生の距離が近いのはいいと思うけど生徒になめられるのはいけませんね

カツサンド お肉が薄くてちょっと寂しいですね
キュウリが挟まってるのは珍しいかも

No title

RINKOさま。
残念な説明会に参加するのもまた、一興です。
こんな学校もあるのね、と思うようにしています。

うふふ。お肉が厚いばかりじゃ能ではないですよ。
人間もカツサンドも中肉中背。
少しトーストしたパンと柔らかお肉がグ~。
(あ、グ~って言う女芸人、見なくなりましたね)

No title

ペットボトルの若者に驚き!
飲んでしまうなんて信じられないです~!!

私はポツンと置かれたボトルを見ると「毒物じゃないか」と思ってつい離れてしまいます。
(地下鉄サリン事件の影響かな。。。)

先生をなめちゃいけませんね!

No title

AYAさま。
昔の青酸カリ事件は自販機の取り出し口に置いてありました。
この若者が呑むや否や苦しみ出すのを想像したのですが…平気でした。

No title

米軍の第七艦隊のある横須賀本港と長浦港をめぐるんですよね。キティホークは圧巻です。語らせるとオタクの世界へ行ってしまうのでこの辺りで(笑)

なんで若者は飲んだんでしょう?もっとイケナイものを飲んだのではないでしょうか?

ここが青山の付属になっても地元名士の御子息ご令嬢たちはKTGM(イニシャルでチョットやってみたかったので…)でしょうか?

大学との連携はどのようにして決めるのでしょうか?同じや系列宗派まではわかりますが、AYGがココと連携する理由はなんでしょう?
また答えにくいこと聞いてますか?(笑)

No title

オニ母さま。
答えにくくありません。
この学校はもともと青山学院の分校だったのです。
進駐軍が「軍都横須賀にキリスト教による教育改革」を目指して青山に分校を発足させたのです。
渋谷キャンパスは戦禍を受けて復興中。その後、横須賀を撤退した後を引き継いだから、純粋の「兄弟校」。
逗子開成と鎌女、麻布と東洋英和よりも、血は濃いわけです。

No title

KTGM、判りました(笑)

こちらの学校ははじめて聞きました。無知でスミマセン^^;
無知ついでに、狐さまの記事をよんで「何故ここと青学が・・・」と疑問に思ってお汰のですが、オニ母さんへの返信コメントで納得。

しかし、宗教繋がりというのは強いですね!偏差値より宗教なんですね。
香蘭と立教も・・。

No title

samさま。
夜更かしは組み分けテスト答案のアップを見たからでしょうか。
この学校は杉山清貴の出身校です。もとオメガトライブの。

どの宗教校も信者減少に憂慮していますからね。少しでも宗教心を持たせようとしているのでしょう。

No title

いえいえ、居痛で目が覚めました><
組分けテストの答案を見たら、更に痛みが激しく・・・なんて事はありません(笑

杉山清貴!オメガトライブですか~懐かしいですね。
兄が大音量で聴いていたので、ファンでもないのに歌えます^^;

ところで、算数の参考書を買いたいと思っているのですが
何かお勧めはありますでしょうか?

No title

samさま。
そうでした。記事で胃痛を拝見。お見舞い申し上げます。
5年で算数の問題集なら、やはり塾の受付で売っている紺色のあれじゃないですか。速さとか割合とかに分かれている。名前知らなくてすいません。
あ、あれは問題集かな。
あとは「応用問題の解き方」を買う方も多いです。
こちらは参考書兼問題集でしょうか。
学研の「計算問題の特訓」も良く使われます。
…て、自分が算数を語っていいもんでしょうか。

No title

紺色の問題集、ベーシックですね。一応、持っています。
「応用問題の解き方」探してみます。

狐さまは算数はご専門ではないのですね?(笑

No title

ありがとうございました!

No title

ナイショさま。
昔こんなことを言っていました。
確かに髪を染めたりパーマにしたりの子もいます。
無理やりに散髪することはしません。
その子が納得するまで、じっくり何度でも話し合います。
「悠長だなあ」と思った記憶があります。

さすがにそんな子は今はいなくなったようですが…。

No title

私も一昨日カツサンド食べました♪~
中身はキャベツはキャベツでもコールスローが入ってて美味しく完食!
カツサンド繋がりでTB・・・後ほど伺います。
(長文に対してカツサンドって・・・すみません)

杉山清貴ですかぁ~♪良く聞いてましたね、車で。
何故いつもサングラスかけてるんですかって聞かれて「サングラスの向こうに海が見えるから」って答えたの聴いた瞬間冷めましたが・・・

No title

月灯小夜子さま。
なぜかグループって解散するとダメなんですね。杉山もオメガの方も、前川清も…。

カツサンドって,どうしてカツ丼よりも美味しいのでしょう。

No title

お久しぶりです☆
ここの学校、いい噂聞かないですねえ・・・。

息子の友達のお兄ちゃんが通っていて、
2年前に『携帯電話事件』が起きて、学校対応も親もダメダメでした★


勝烈庵、大好きです♪
ジョイナスのお店の前を通ると、足が止まってしまいます。(笑)
ソースが美味しい☆ヽ(^o^)丿

No title

Timothyさま。
お久しぶりーふ。
Timoさんの中高生の頃からもそうでしたか?
親もダメダメでしたか…。

勝烈庵って、なんかミソっぽいソースじゃなかったかしら。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ