FC2ブログ

記事一覧

横浜中学 学校説明会その46(11年9月21日)

台風15号が接近してきている。

雨の中、京急で能見台へ行く。
横浜中学
ご存じのない方に、毎年のことだが付言すれば、高校野球の松坂大輔とか上地雄輔は横浜高校。
学校法人は同じだが、別の学校だ。
つまり、高校からの横浜高校と、中高一貫の横浜高校が併存しているわけだ。
この辺がちょっと難しい。
その結果「うちの子は運動が苦手ですけど、大丈夫でしょうか…」と相談する保護者がいるらしい。
いっそ名前が違うとはっきりするんでしょうが、それでは学校としての一体感もなくなる。
 
さて、この春に中高一貫コース専用の高校棟が出来た。
今までは中学は独自棟、高校は横浜高校と同じ校舎を利用していた。
それが一貫コースの新校舎ができたわけだ。
本当は3月に新校舎見学会があった。
震災の影響で中止になったので、やっと見にくることができた。
 
イメージ 1
イメージ 2
この出っ張りより右が新校舎。
 
学校のHPから写真を拝借します。
この新校舎の美しさが伝わると思いますので、お許しください。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
どうでしょう。美しいでしょ。
引用は
 
今日の説明会は中学と高校に分かれて。むろん中学のほうに参加。
募集対策室の大場室長が説明。
まず、「確かな学力の構築を目指して」と題して、「YSAP」というプランの説明。
「YSAP」とはokohana Study Assist Program の略。
今年度から中1から補講を行う。基礎学力の構築や「意欲があってもやり方がわからない」生徒へのフォロー。補講には先生以外に、卒業生がアシスタントとして付く。このアシスタントは自習室のチューターにもなり、自学自習の支援を行う。
チューターの大学学部の表もあり「あえて早慶レベルではなく、6年間苦しんだり伸び悩んだ生徒を招いた」と。すいすい合格した生徒でない方が、後輩のつまずきや悩みがわかるというわけか。なるほど。
先輩がアシストするのは、佼成学園とおなじだな。
 
また「ライフデザイン教育」と題いて、キャリア教育について。
「女子校ではキャリア教育がよく行われているが、むしろ男子にこそキャリア教育が必要」。
男子は女子に比べて「好きなもの」「何に興味があるか」を明確に認識していない、と。
小さい頃のなりたい職業も実現可能でないものが多い。なるほど「Jリーガー」とか「ウルトラマン」などだったりする男子児童と「ケーキ屋さん」「花屋さん」の女の子との違いだな。
「本校の生徒のほとんどが第1志望に落ちて入ってくる。失敗体験から自信をなくす生徒に自己肯定感を高めていく」。
この生徒への「自己肯定感」は横浜や佼成だけでなく、攻玉社や本郷をふくめた「併願校」に共通した課題だ。
親の職業講演や取材を通して、現実の社会・進路を考えさせるプログラムを組んでいる。
そして、その前段階としての「全員のMARCHクラスの大学合格」を掲げ続ける。
「大学通信」などの集計では横浜高校と一緒にされてしまうのが辛いところだ。
今春の一貫生の卒業生は128名。
国公立は現役10名。早慶上理が11、GMARCHが25名。
「全員…」の目標まではまだまだだが、同レベル同規模の学校に比べると、なかなかの数字と言える。
 
まだまだ昔の横浜高校の、空手部やボクシング部が強かったころの、いかついイメージを引きずっている人が多い、と大場室長。
その方々に、ぜひそうではないということをわかってもらいたい。「野球の強い横浜」から「野球も強い横浜」へのイメージアップ。
温かい雰囲気をもった感じ、ここは変えずに、進学に強い学校へと進化をして行ってほしいと思った。
 
雨風が強くなったので、仕事を休み、帰宅。
娘も学校は休校で、家族分の昼食を買って帰ろう。

 
ちょうど、昼に下校させられた生徒たちと同じ電車。
学校の校門付近だけではなく、駅前(校門から1分だけどね)、そしてホームにまで見張りの先生を配置。
制服のポロシャツ裾を外に出した生徒、革靴のかかとを踏んだ生徒、制服の下に禁じられているのであろう服を着た生徒が叱られているのが見られた。
こんなところが男子校らしいとも言える。
スポンサーサイト



コメント

No title

東京湾アクアライン通り戻ってきました~
あー恐ろしかった。
今、暴風域ですね。台風の被害が少ないといいのですが、バス停のベンチが倒れて動いています。
横浜高校に提案します。
横浜中学高校 普通部/野球・運動部でいかがでしょう?

No title

先日合不合テストを受けた学校「白梅清修」がそうでした
白梅高校があって白梅清修中高一貫校 名前が少し違うから間違うことはなさそうだけど
同じ敷地に高校が二つあるのってどうなんでしょうね?

りんこの学校も今日は給食食べて一斉下校でした
パパも早く帰って来いと今メールしたところです^^

No title

↑知ってます。中学、駅から、すぐらしいですね。(*^_^*)
ここは、間違えようが、ない!と、男子ママが、仰ってました。
高校と、中高一貫校は、別なのですね。運動ってイメージ、ありますよね。今、風が、ごうごう、怖いです。
悪天候の中、お疲れさまでした。<m(__)m>

No title

「併願校」の対応は気になります^^;
挫折感を持ったまま6年過ごすようなことになっては困ります。。

息子の学校は給食を食べて、引き取りになりました。
オットはおそらく帰ってこないと思われます。
今、風がものすごい音を立ててます。怖いです~。

No title

オニ母さま。
この悪天候にアクアライン。
なんて危険なんでしょう。

たしか、学部の名称などはなかなか承認が難しいらしいですよ。
いっそ横浜とヨコハマにわけますか。

台風の被害、次の記事です。

No title

RINKOさま。
まさかこの悪天候にまたお迎えの車ですか。
お気を付けください。

白梅、看護の学校でしたよね。

No title

mimiさま。
うちの母校ももとは高校野球で有名でした(全国優勝あり)。それが有名でなくなるには、簡単です。弱くなったからです。
でも、横浜は弱くならないだろうなあ。

No title

ちょこさま。
攻玉社も昔は「1年間は劣等感を取り除く」「また、負けの経験を与えたくないので、選抜コースも作れないんだ」と言っていた時代があります。
併願校の大事な仕事でしょね。
でも…併願校でない学校って何校あるだろう。
筑駒入れなくて敗北感で開成に、なんてのもありますから、切りがないですね。

子どもはすぐなじみ、敗北感をいつまでもひきずるのは、常に母親です。

No title

きれいな学校ですね~。
最近の私立には 驚くほどきれいな学校がありますね。
chobiが 受ける学校にはないのが 残念ですが ^^;

自己肯定感 大切ですね!
心の教育を きちんと校是にかかげる学校は いい学校だと思います。

No title

yoyoさま。
何年で汚くなりかが楽しみです。
まずは上履きのあとが壁にあるかなあ…。

大人でさえも、肯定感を持ちにくい現在、何とか持たせたいと、自分も面談を開始し始めています。

No title

我が子の学校も2時間目で授業打ち切りで早々にずぶ濡れで帰宅しました。メールでお迎えのアピールをしたようですが、私は気付かず
にいました(笑) 自己肯定感力は、人一倍養われているようにおもいます!

No title

なでしこさま。
メールでお迎えのアピールに対して反応なしの結果。
かなりの自己否定感に見舞われたと思います(笑)。
自分は、危ないので迎えを不要としました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ