FC2ブログ

記事一覧

跡見学園 学校説明会その51(11年10月17日) ~川崎 三惚で天丼

茗荷谷である。
丸ノ内線は時々地上に顔を出すので、なんか息継ぎできる気がして、ホッとする。
春に次いで、跡見学園に行く。
イメージ 1
校長先生は春に次いで、激烈な言葉を連ねる。
いわく、「跡見の教育の特徴を全人教育、と言っても、それを具体的に語れなければ欠陥商品を売っている」
いわく「学年主任の力量で、その学年が決まるのは、学年あって学校なし、だ。教師によって『はずれ』『あたり』と言われないよう、システム化して、均一なものを提供したい」
その言やよし、だ。しかし…
あるお母さんがこんなことを言った。
「今が底だと言われると、今通っている生徒を否定しているので、いやだ」と。
校長先生はこの数年ずっと、教師の力量アップを語るが、果たしてそれはいつ完成するのか。
それとも「終わりなき挑戦」なのか。
果たして、そこまで言うほどダメなのか?
 
授業を見学する。
中年の女性も、さまざまな年齢の男女教員も、しっかり授業しているのではないか。真剣に授業を聴く(そうでない子もいるけど)生徒たちを見ているとそう思う。
時間がなく、今日は中1・2年だけだったけど、そんなに派手な子もいない。
廊下で立っている先生たち(この学校は引率されての学校見学じゃないので、見たいものだけ見られてうれしい。もちろん希望すると校内案内してくれる)も、みなさん腰を折って礼をしてくださる。
若い男性が「ごきげんよう」というのは違和感があるけどね(ごきげんようは、女ことばではないのか?)。
 
現状に対して満足せず、跡見の復活を期して、よりよいものをもとめる山校長の姿勢は正しい。
しかし現在頑張っている生徒や教員に対しても、肯定的なまなざしも必要だろうと思う。
今は中学で「7時間目」の補講などを行い、ボトムアップを図る。高3に難関大向けのクラスを設置する。
そんな説明もいいけれど、
校則がないとか、中3で刑事裁判を傍聴後、裁判官との懇談など足を運び実物に触れる教育とか、跡見流の書体とか、パンフレットに載っている様々なよさを語ってほしい。
改革途上の学校に通わせたいのではない。
今もよく、これからもっとよくなる学校に通わせたいのだから。
 
震災関連の話を今日もしていただけた。
跡見からの歩いて帰る地図の配布や、いざというときのためのホイッスルなど。
使う機会が来ないことを祈る。
 
自分が跡見の構内で好きな一角が、創立者跡見花蹊先生の展示コーナー。
皇女和宮の降嫁に際して付き人になるよう要請されたが、ひとりの花よりも世界の花となれ、と言われて辞退。家塾を開いた。
円山派の画を学び、絵も書も達筆である。
イメージ 2
 
  ………………………………………………………………………………………
 
春は、この帰りに雨の中、教育の森に行ったのだが、
今日は



 川崎へ。
ミニオフ会である。
オニ母さん から、ちょこさんが近くの男子校の説明会に来るので、来い、と誘われる。
「芥川のように丸善にいます」と
すると
「ここの丸善は2階がありません」とRe。
本当に博学な人であると感心。
 
ラゾーナ川崎に初潜入。
丸善の本屋さんで携帯を見ている人がいる。
「丸善のメガネ売り場のベンチにいまーす」

がくるので、「真後ろを見て」と
まるで韓国ドラマだ(見たことあるのかよ)。
初対面である。やがて、これも初対面のちょこさんも現れ、今日の説明会の進行の下手さを憤っている。
川崎はオニ母さんの縄張りのひとつだ。
エスコートに従い、少し歩く。
西口もまたビルを建てようとしている。
猥雑な川崎が、無菌の街になるようで、ちょっとやだな、は旅人の感想か。
 
三惚
イメージ 3
イメージ 4
前は川崎大師にあった店が再開発で移転。
安くて量が多いと評判の天丼屋だ。
夜は飲み屋にもなるらしい。
イメージ 5
オニ母さんがいつもお食べになるのは「幸天丼」。
今日は自分が「三惚天丼」を頼むと、付き合ってくださった。
これで見ると、エビが1本増えて200円増し
高いな。
「三惚」の中の野菜を尋ねる。
一方、ちょこさんは野菜天丼と、王子が一生頼まないメニューである。
イメージ 6
三惚天丼700円
イメージ 7
えび2本。シロギス。かぼちゃ。オニオン。茄子。
茄子をちょこさんに差し上げると、大葉を下さった。いい人だ。
というより、初対面15分後に嫌いな野菜を押しつける自分の図々しさよ。
年を取ると、恥じらいも気取りもなくなる。
 
満腹である。
もう少し衣をからっと揚げるとよりいいかな。
つゆを少なくするといいかも。
いや、誤解のないように言っておくと、美味しいのですよ。
あとは好みでマイナーチェンジかな。
食べ終わったあとも、お茶を飲みながら(お茶
)話をする。
初対面の3人が薄暗い食堂で話し合っているのは、まさに出会い系である(知らないけど)。
やはり初対面でありながら、昨日までの友人のように話が出来た。
 
やがて、仕事に行く王子と、この後喫茶店に行く(予想)お二人とで、右と左に分かれた。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

みみうさぎさま。
今度、校長と語る会という、少人数の説明会が予約制であります。土・木・月などにありますし、普通の個別学校見学は随時です。
ぜひ。

接待でも茄子交換! ホッとします。

No title

ymppさま。
そうです。あなたが厳しく批判した説明会にちょこさんはお行きになったのです。

No title

yoyoさま。
まあ、希少価値でしょうか。
もてていると誤解する年齢ではありませんからね。
あと30年こっちが若かったら、誤解しますが。

改革は必要だけども、でしょうね。

茄子・ししとう・さやいんげん・オクラ、などガレージセールです。

No title

mimiさま。
跡見流とは「女性らしい丸みを帯びた優しさのなかにも、男性の書いた文字に負けない鋭さや力強さが全面に出た船室の強い書体」とのことです。
何のことやらわかりませんが、専門家のmimiさんにはお分かりかな。

No title

samさま。
では自分がお子さんとパスタかお好み焼きを食べている間に、samさんはオニ母さんと天丼、でいかがでしょう。
小生、小学生女子なら、しゃべる自信があります。

No title

yuriさま。
はい、前回のランチオフ会に行けなかった者への「補欠の会」をオニ母さんが考えてくださいました。
生きてて良かった! と思いましたよ。

No title

オニ母さま。
ごきげんよう。
昨日はありがとうございました。

跡見のお近くなら、お茶の水か貞静。または東大。
唐揚げや天ぷらつまんで冷や酒を飲む。いいですね~。

No title

AYAさま。
気楽に帰れるし荷物あっても楽な車にするか、駐車代を考えての電車にするか、悩ましいところですね。
自分は免許持っていないので悩まないし、飲めるんですけどね。

No title

ivyさま。
大丈夫です。キャッチできていません。きっと自分が帰ったあとのオニ・ちょこ喫茶オフ会では自分への悪口で盛り上がったことでしょう(笑)。

ご上京の折りは、すべすべお肌をお見せします(恥)。

No title

ymppさま。
だめ~っ。
ぼくのオニ母ちゃまとなかよくしゃべっちゃ、だめ~っ。(爆)
僕の知らない川崎ネタでもりあがったら、いや~(再・爆)。

今度ここで、飲みますか。

No title

ina*inaさま。
学校の良さ・個性は保て。
のびのび全人教育しろ。
ただし、実績は出せ、ですから、そんな保護者の要求にこたえる学校は大変ですね。

No title

RINKOさま。
さすがにランチオフ会では、寝ませんでした(笑)。

大葉は交換してくれないなんて、ひ・ど・い・ひと、ネ。

いっそのこと野菜丼を頼んで、みんなの魚介と交換してもらおうかな。
わらしべ天丼。

No title

ちょこさま。
ありがとうございました。

いつか誰かに「ちょこさんはどんな人?」と問われたら
「大葉を下さった人」と言います。
子子孫孫、伝えて行きます(笑)。

No title

みみうさぎさま。
となると、自分とみみさんとAYAさんの3人でランチ飲み会ですかね。
いい組み合わせだと思っているのですが。

No title

王子様、
川崎でも白楽でも荻窪でもどこでもついて行きますわ。

紅鯨団いいですねー。ちょっと待ったあああ(爆?

No title

ymppさま。
この前、阿佐ヶ谷がTVに写ってまして、大魔王が「あったねえ」「そう一番星!」。
あれから20年は経つのか…お互い老けたねえ。

No title

楽しそうなオフ会でしたね!
川崎ですか~その後お仕事ご苦労様です。
今回は仕事前という事で、お酒なしだったのでしょうね~
長くなって仕事行けなくなってしまいますものね~(笑)

No title

”お茶”というキーワードに2度見してしまいました!~~旦_(。-_-。)オチャ・・・

韓国ドラマでよくあるパターンはすれ違いですよぉ~

No title

マー君ママさま。
そうです。
仕事前に酒を飲んでいるのを見られたら、どんなことを書かれるか、ぶるぶる。

No title

月灯小夜子さま。
はい、お茶です。
3度見してもお茶です(笑)。
売れっ子ホステスが水割りのふりして烏龍茶、あれです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ