FC2ブログ

記事一覧

版画アートラリー'11 その10 ~銭湯寄席千代田51

版画アートラリーもかなり大詰め。今日は大和~座間方面に出没。
大和市はまだしも、海老名・座間方面は初めて足を踏み入れるに近い。
いわば、大和で歩いていたフェリス生や、南林間から乗ってくる聖セシリア生はわかるけど、それ以外の駅から乗ってくる女子高生がどこか(私立か県立かも含めて)わからない…って、何の基準だ。
 
まずは大和で下車。

「飯塚羚児2011年回顧展」 <大和 花の画房> (ラリー19)
イメージ 1
小田急の線路際に大きなビル。
イメージ 2
貸し画廊でありながら、ほとんど飯塚羚児氏の個人美術館になっている。
自分は寡聞にして存じ上げなかったのだが、戦前は講談社の絵本や、軍艦などの船の絵で知られるらしい。
画廊の隣りは飯塚氏の資料室になっているが、戦前の切り抜きや紙芝居の原画などが大切に保存されている。よく戦火をくぐり抜けて残っていたものだと感心。
飯塚氏に心酔する画廊主の、画業に対する愛情が美しい。
 
駅と画廊の間に、大きな公園があった。
イメージ 4
秋だなあ。
イメージ 5
元小学校の跡地だという大和公園
遊具などが整備されていないのがうれしい。
 
小田急を乗り継ぎ、座間に。


「市」の駅前というのに、小さいなあ。
「版画3人展」 <ギャラリー・アニータ> (ラリー20)
イメージ 3
板倉知恵・内山良子・箕輪香名子の3人展。ちょうど30代、40代、50代だ。
赤の箕輪、黒の内山に対して、板倉は淡い水色を多用。いい感じのメルヘン風の版画になっていた。画像左奥の絵が板倉の作品だが…。
 
再び小田急とJRを乗り継いで、成瀬へ。


「版画展」 <ギャルリー成瀬17> (ラリー21)
駅前すぐのプラザの2階に。
イメージ 6
若い作家の安価な作品もあれば、値段をつけていない作品もあった。
気楽に入って、気楽に作品を買う、そんなふうになりそうな画廊だな。
 
駅前の[タリーズ]でひと休み。
今日のおさらいと、日曜の予習。
イメージ 8
 
成瀬から横浜線菊名で乗り換えて、白楽へ。


菊名で捜真生とすれ違うと、地元に戻ってきた感じがする(なぜだ?)。
イメージ 7
天井のこんな扇風機懐かしいです。

銭湯寄席千代田51
柳家初花「饅頭怖い」
正統的な饅頭怖いにややうとうと。
春風亭正太郎「転宅」
この人はこの落語会のレギュラーではないが、今日はゲストとして。
なかなかよかった。
色じかけの女の役も似合っていたし、それにだまされる男の馬鹿っぷりも面白かった。
この人はこんなに面白かったかな、と認識を新たにする。
春風亭正太郎「宗論」
キリスト教と浄土宗の戦い。
打ち上げで、落語に詳しい方の話によると、もとは浄土宗と日蓮宗の戦いだったそうだ。
柳家初花「竹の水仙」
こちらも少しうとうとした。
おじさん、ややお疲れなのだ。
 
その場で打ち上げ。
こんなのが出来ていた。
イメージ 9
この落語会のメンバー表だな。
スポンサーサイト



コメント

No title

大和に反応。
その昔高座渋谷にまだらーめんの中村屋さんがあったころ寄ったことが・・・
行ったのは車でしたが高座渋谷って凄い駅だなぁ~と駅前散策しながら思いました。

記事に関係ない思い出話でスミマセン・・・まして深夜の1番コメだし。
恐縮ですのポチッ(*´゚∀゚`)σ凸

アニータって・・・聞き覚えがある名前。

No title

月灯小夜子さま。
そう、高座渋谷を初めて聴いたときは、全国にある○○銀座と同じかと思ったのですが、逆にここが、渋谷の地名のいわれと聞いて、見直したことが。

やはり、アニータに喰いつきましたか(笑)。
今では笑点でたい平師が時々出すぐらいですよね。
ポチ、深謝です。

No title

おはようございます♪

落語に反応です(^^)

まだまだ秋色に染まらない風景ですね
この間、バイトの子の写真展に行ってきました
彼の作品が、何十万もしていたことにビックリ
芸術が分からない自分にもショックでした
こんど落語に行ってきます(^^)
私にも分かるか心配ですが・・・

No title

私、多分ばっちりわかりますが、
弟の高校だけは、わかりません。制服なしなので、
女子は、高1までは中学の時の制服などで通うのでますます混乱。
大和は、多分場所的にわかりそう。
成瀬って、会社の同期が住んでいました。
この中に、母の母校あります。

No title

私はアニータに反応(爆)
貢いでくれる男と貢がれるような魅力を備えたいです。
成瀬に時々行きます。
今週も行きましたがアートには縁遠く、いつも食い気。
王子さんお昼食べましたか?

No title

おー。またまた、ここらにいらしたのですね。(*^_^*)
私も、中村屋さんに行きました。いまもあるのかな?
お疲れ様でした。(@^^)/~~~

No title

飯塚羚児さんでググったら資料室として花の画房が出てきました。
軍艦の画は力強いですね。。

建物の天女?の画がインパクトありますね。
何だか仏具店みたい^_^;

No title

よっこさま。
お久しぶりです(笑)。
数十万ですか。
まあ、値段は本人がつけてもいいですからね。
仲良くして1点もらっちゃいましょうか。

No title

みみうさぎさま。
制服をリニューアルするところに加えて、公立でもしゃれた制服のところがあったりして、しかも高校のみの学校もあるので、もう無理ですね。
まあ、知っておく必要もないのですが(笑)。

No title

オニ母さま。
きっと画廊主には苦悩の日々もあったことでしょう(笑)。

成瀬は、日本酒を揃えた酒屋があり、よく行ってました。
結婚前は
「どこでも運転して連れて行ってあげるよ」と言っていた大魔王。詐欺商法でした。

No title

mimiさま。
この辺り、mimiさまのお庭でしたか。
小田急はいろいろありすぎて、あの車内の路線図が欲しいです。
横浜線に乗ると、快速か普通しかないので、ホッとします。

No title

ina*inaさま。
調べてくださった、そういうinaさんが好きです(照)。
建物には「表具店」とあるのですが、なるほど仏具店っぽくもありますね。
お茶を何杯も出してくれた、優しい画廊主でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ