FC2ブログ

記事一覧

呑斉会55

RINKOさんとプチオフ会を吉祥寺[いせや総本店 公園店]で行い、5時に分かれたふたり。
中野へ。
東西線で人身事故で総武線は少し乱れているらしいが、中央線がそうだったら、どうするのかねえ。
いつも中野で呑斉会があり、幸いまだそんな目にあっていないけれど。
というわけで、中野の[大将]
イメージ 1
もう何十年とここに来ているが、呑斉会以外で入ったことないなあ。
 
呑斉会は自分のお酒の師匠でもある、漫画家(というより現在は酒評論家)の高瀬斉師が、市販酒をみんなで呑もうと企画した会。正式名称は「呑斉の市販酒を楽しむ会」。
年5回だから、単純計算で11年。
自分はその前身の「冷蔵庫の中を飲もう」会にも最初から参加しているので、20年近いかな。
初めは自分が一番若かったのに、いつの間にか中の上あたりの年齢に。
 
今日は京都市の「タキモト」さんの推薦の酒。
岩木正宗(青森県)特別純米
根知男山(新潟)純米吟醸(越淡麗生原酒)
乾坤一・冬華(宮城県)純米吟醸
まんさくの花(秋田)純米吟醸(雄町55)
小左衛門(岐阜県)純米大吟醸(赤磐雄町)
片野桜(大阪)純米大吟醸(ふくろ吊り)
玉川(京都)純米大吟醸
月山(島根)純米吟醸(佐香錦50%生原酒)
辡天娘(鳥取)純米
イメージ 6
「片野桜」や「玉川」は関西のお酒で、軟水なのかな。柔らかくて自分には合う。
この中には、この薄さは何なのか、ブラインドテストなら間違いなく普通酒かと思う酒が二つもあり、そうなると酒にうるさい参加者の罵詈雑言は激しく「鍋に入れろ」「このまずさは歴史に残る」「燗だと飲めるのか」「捨てちまえ」となる。
 
この[大将]はむろん料理もおいしい。
イメージ 2
前菜
イメージ 3
刺身盛り合わせ と タコのぬた
イメージ 4
海鮮寄せ鍋。その後で雑炊。
作ってくださる女性のお客さんがいて、ありがたかった。
イメージ 5
奥が茶わん蒸し。手前が自分の好物、イカ団子と唐揚げ
 
参加者の中には「酒のほそ道」のラズウェル細木氏もいて、漫画本をいただき、サインをねだったり、一緒に写真を撮ったり。
 
そうこうしている間に、お開きの9時になるのだった。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ