FC2ブログ

記事一覧

湘南白百合学園 音楽コンクール

湘南白百合中高の学校行事の一つとして、春の運動会のあとに音楽コンクールがある。
他校でいう合唱コンクールであり、楽器演奏などはない。
 
これは九段の白百合もそうなのだが、中学1年と高校3年の保護者しか見に行くことはできない。
キャパの関係らしい。
他の学年はのちに販売されるDVD(2000円)で我が子の活躍?を見るしかない。
だから、高3の保護者にとっては、5年ぶりに我が子の歌声を聴くことになる。
成長も感じるわけだ。
外部からの審査員のお一人も「前回審査したのは高3の方が中1のとき」と語っていたから、保護者と同じ状態だな。成長は感じられたのかな。
 
昨年からこの75周年記念講堂で開かれ(以前は藤沢市民会館を借りたりしていた)、
午前は中学、午後は高校で、生徒も保護者も入れ替わる。
午前から見れる招待をいただいたのだが、午後から参加した。
 
その前に、事務所に寄ろうと学校の坂道を歩いていたら
前を歩いていた生徒さん達が振り返り
「あの~音楽コンクールは下ですよ」と親切に言ってくれた。
「事務室に行くので…」
「あっ、すいません」
「ありがとね~」
今まで1都3県さまざまな学校を見てきたが、この学校の生徒は高3でもいい意味で幼いのだ。地味なのだと言い換えた方がいいのかな。
他校によくいるような「大人の女かよ」的な生徒が非常に少ない。
ある種、田舎の学校なんだろうな。
公立の学校にありがちな、そのスカート丈は犯罪誘発剤だぜ、的な子もほぼいない。
それを好ましく思うか、不快に思うかは価値観の違いですね。
 
湘南白百合学園中高 音楽コンクール
イメージ 1
他校の合唱コンクールと異なる点がある。
4つのクラスがクラスごとに歌うのだが2クラス終わった段階でそのふたクラスが合同で課題曲を歌う。課題曲は[戴冠ミサ」だの「メサイア」だのの宗教曲で、学年ごとに決まっている。
つまり、桜、菊が歌った後、桜・菊合同で課題曲。
梅、百合が歌った後、梅・百合合同で課題曲。
という流れだ。
クラス単位で早朝や放課後に練習するだけでも大変なのに、合同の練習もしなければならない。たいへんだな。
 
自由曲はピアノの伴奏があるクラスも、無伴奏なクラスもある。
曲も合唱曲の定番的なものもあればわらべ歌的なものもある。
高1の先頭桜クラスは、無伴奏。うまいな~と思った。高1だとこれが4年目なので、だいぶ慣れたものかな。
その後はうまいな~というのも、散らかっているなあ~というのもあったが、全体としてはいい感じのものが多かった。
 
高3の合唱を聴いていると、不意に涙を流していた。
たどたどしさの残る中1の合唱を聞いてから5年。学校としてもいろいろなことのあった学年だが、こうして無事に過ごせた喜びを感じる。
課題曲「天地創造より み空は語る神の栄誉」を聴いても泣けてきた。
生徒の中にも泣いている子が何人もいる。
 
そして、審査結果発表。
運動会で一番ビリだった菊が優勝した。
そして課題曲を今度は高3全員で合唱する。
イメージ 2
撮っちゃあいけないのですが、すいません。
まあ閉じた記事なので…。
 
締めくくりの生徒代表の挨拶で、
「以前泣いたり爽やかな顔をしたりして先輩が合同で歌うのを見てきましたが、自分たちがその番になりました。これで自分たちの学校行事は全て終わりました。この後は受験に向けて頑張ります」
というのを聴くと、本当に終わったんだなあ~と実感して、またまた泣けてきた。
老化によるものだな。
 
帰りはケーキを買って帰った。
イタトマですけどね。
イメージ 3
スポンサーサイト



コメント

No title

今日は私も保護者会でした。色々な話を聞いてあーよかったなーと改めて思いました。
6年後はまた号泣しちゃうと思います。
王子さんが涙するのは年のせいではないですよ。色々あっての成長だもの泣けて当然!

No title

オニ母さま。
保護者会でいいなあと思うということは本当にいいのですね、
今日は全校生徒に抱きついて号泣したかったけど、自粛しました。

No title

この記事を読んでうるっと来たのは老化ですかねー(笑)。

No title

学校の方針と私の考え方が同じです。その方針が素晴らしいと自画自賛しているようなものです(笑)

抱きついたら通報されますねー

No title

かりんとうさま。
老化ではありません。
自分の文才です(爆)。

No title

オニ母さま。
とても礼儀正しく大人の高3を見ました。
あとで家で聞いたら、超大豪邸の娘さんでした。
家の財力が娘の上品さを作るのか、と思いました。

No title

いい涙出されましたね。
私はよく泣くタイプですが、感涙って悔し涙、悲し涙とは違う美しさがあると思いませんか?
泣きましょう!
感動しましょう!

って、イタトマって、イタリアントマトですよね?
ケーキ、デカイでしょ?
奥様達はOKですが、王子さんはダメですよ~

No title

わお!なんとな~くそうなんじゃないかと思いましたがやっぱりそうなんですね☆
王子メソッドを受け継いだ娘さんなんでしょうね~いいなぁ~
セーラー服かわいいですよね(^_^)
年を取ると涙腺がゆるみますよね(T_T)

No title

パールさま。
悔し涙とうれし涙は水温も味も違うといいます。

子どもにはうれし泣きの人生を歩ませたいですね。

大きなケーキは王女が、老夫婦は小さなタルトです。

No title

AYAさま。
前にメッセージでご連絡したように、この学校の記事は今年も運動会・説明会とも「お友達限定」もありますから、そちらからご覧ください(5月の記事です)。
併せて読むと、受験させたくなりますよ~。

受け継いだのはテレビ好きと人生をいい加減に生きる態度ぐらいでしょうか(泣)。

No title

自分がほれこんだ学校に 子供を通わすことができる幸せですね!
6年後 私もうれし涙を流せるといいな~^^;

No title

yoyoさま。
「ほれこんだ」とまでは行かないのですが、やはり泣きますね。小学校の卒業式と違って、親子で頑張って手に入れた学校だからかな。

No title

私も読んでいてうるっとしてしまいました。
「親子でがんばって手に入れた学校」、での6年間の成長。
感無量ですね。

No title

ryo-koさま。
幼稚園の卒業公演や小学校の卒業式で泣く人は多いですが、高校で泣く人間、ましてや来賓席で泣くおっさんはこいつだけですね。
ryo-koさんも泣けるように、我々三銃士もお手伝いしますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ