FC2ブログ

記事一覧

女流講談会 なでしこくらぶ(12年7月18日) ~講談の舞台を歩く

電車を乗り継いで両国へ行く。


 
女流講談師のなでしこくらぶである。
じつは先日、なでしこくらぶについて検索したら、自分の記事があった。
読みなおして反省。
誰が綺麗か、どの着物が素敵か、しか書かれていない。
何が目的か、ばればれである。
しかし、その目的を遂行に(
)今日もまた、行くのだった。
なでしこくらぶ
イメージ 1
神田こなぎ「仙台の鬼夫婦」
まだまだ。がんばってほしい。
宝井琴柑「臆病な勇士」
昔の新作だそうだ。強い武将が多い講談だが、じつはそのアンチテーゼとして、弱いものも出てくると。
両親に甘やかされて気の弱い男が、好きな女のためにならずものを倒す話。
宝井一凜「里見八犬伝」
ちょっとうとうとしてしまった。
一龍斎貞寿「応挙の幽霊画」
関西バージョンとのこと。死んだ女の幽霊画を描いて、なじみの居酒屋に寄贈。居酒屋は繁盛。そしてそのモデルの花魁は、居酒屋の娘で、ひとさらいにあった娘だったという話。
実際、行方不明になる少女が多いので、ちょっとつらい話だね。
神田あおい「遊女の仇討ち」
荒木又衛門が遊女の仇討ちに助太刀する話。
このひとの現代風な話し方もいい。
神田すず「木食上人」
かなりしっかりしてきたなと思う。
丁稚の小僧が、冤罪事件を解決する話。
田辺一邑「妲己のお百~重吉の報い」
幽霊話。人殺しの男が幽霊に驚き、女房子供を殺してしまう。
暗い気持ちで終わる話だな。
 
おわったあと、琴柑さんと小話。
写真を撮っていいかと聞くと、「一緒に撮ろうっ」と。
あおいさんに撮ってもらう。
イメージ 2
まあ、顔出しは彼女だけで十分でしょう。
 
そのあと、両国を少し歩く。
ここは
イメージ 13
こんなふうに文学者にゆかりのあるところでもある。
左は芥川龍之介生誕の地碑。
右は斎藤緑雨住居跡碑。
緑雨は明治の文豪で、樋口一葉の師匠のような人だ。
 
そして
吉良邸跡(本所松坂町公園)
イメージ 17
イメージ 18
 
イメージ 19
「忠臣蔵」で赤穂の四十七士が討ち入りしたところ。
当時の屋敷の86分の1の面積だが、首洗いの井戸などを地元の有志が土地購入。
東京市に寄付したもの。
「忠臣蔵」では完全な悪役の吉良上野介義央だが、実は善政の殿様として地元三河では知られている。
最近では吉良は悪人ではないとの再評価も多い。
イメージ 20
 
その後、すぐ近くの回向院へ。
ここには古い墓もたくさんあって、明歴の火事の犠牲者や関東大震災で亡くなったひとを供養する墓碑も多くある。
今日は
鼠小僧の墓
イメージ 22
イメージ 21
なかなかうまく削れず。
さて、相撲の街を離れよう。
イメージ 3
 
電車でひと駅。


錦糸町へ。
[佞武多]
イメージ 4
ネブタ、と読む。青森の飲み屋である。
初めは立ち呑みと謳っていたが、その当時から椅子はあった。
まずは生ビール。
6時までに入店すれば日本酒1合無料とあったので、頂く。
イメージ 5
ただ、なかなか話が通じないんだよねえ。
お通しはささみときくらげの和えもの。
イメージ 6
きりこみ。ポテトサラダ。
切り込みを頼むと「前にもいらっしゃいましたか
「…いや、メニューに書いてあったので」
「…確かに酒に合う」
東北の人しかわからないのかな。
ニシンの麹漬けです。自分の好物。
ポテサラは四角い形が残ったもの。これも美味しい。
 
初め自分しかいなかったときは、お姉さん二人とマスターで話をしていたが、さすがに少しずつ客が来ると
イメージ 7
働く。
イメージ 8
店内映像。ぶれだな。
イメージ 9
ほとんど300円台で安い。
もう一杯日本酒を頼んで
イメージ 10
升になみなみと注いでくれるのはいいが、コップが小さすぎる。
移し替えるにはコップの中を全部呑まなきゃならない。
イメージ 11
カモつくね。ハタハタの押しずし。
堪能した。
お通し 200円
生ビール(中) 380円
ポテトサラダ 350円
きりこみ 300円
鴨つくね2本 300円
またぎ舞(2杯目の日本酒)純米 400円
ハタハタ押しずし 350円
消費税 100円
計 2380円
どうして消費税100円かわからんがまあいいや。
ごちそうさまでした
  
 
近くの錦糸公園で酔いを覚ましましょう。
イメージ 12
スカイツリーが大きい。
イメージ 14
もうこの時間は暑くないね。
何してるんだろう彼女たち。
イメージ 15
若いっていいね。
 
錦糸町まで来ると…
イメージ 16
船橋屋の くず餅を土産に。 800円
スポンサーサイト



コメント

No title

今日は白いスーツ?さわやかでステキです。髪型は見えないから褒められないわ~。

錦糸町になぜ行かれたんですか?このお店に行くためだけ?
オニババは船橋屋の葛餅が一番らしいです。私は住吉でも船橋でもどっちでもいいや。きなこ少なめで食べます。

No title

オニ母さま。
今日は残念ながら白いスーツではありません(この猛暑はやばいでしょ)。

錦糸町はこの店目的です。
両国は早い時間開いてないんです、
オニババさんは船橋屋派ですか。東京の人はそうなのかな。

No title

380円は懐へ?
ミガキニシン、キスの天ぷら、数の子でお酒かな。
独身の時は西船橋に住んでいたので、総武線沿線でよく途中下車していたけど、最近こっちの方へ足を踏み入れることがなくなりました。
葛餅は王子の店ですね~、先日頂いたのは美味でしたー。

No title

ymppさま。
ごめんなさい。1行目がわかりません。
西船橋ですか。それは知らなかった。立石・門仲も近いじゃないですか。うらやましい。

No title

間違い、2380円-2100円(店の売上+消費税)=280円(私腹)という意味でした。

No title

ymppさま。
なるほど。レシートをもらったのですがよくわからんのです。まあ、東北復興と思っておきます。お酒一杯タダでもらったし。

No title

おチビも吉良を悪者と認識していますね~吉良邸跡、気になります~今度行ってみたいですo(^-^)o
8月ににぎわい座で子ども寄席があるので行く予定です(^O^)
おチビはちゃんとした場所で見る寄席は初めてなので楽しみにしています♪

No title

AYAさま。
おチビちゃんには、ぜひ、「歴史は誰の視点で見るかで変わる」ということをこの機会に、身につけてほしいですね。
この両国駅は江戸博物館もあるので、勉強にはいいかもしれません。

にぎわい座での落語鑑賞、期待します。

No title

ほんとだ。
いらしたんですね。
おばあさんたちも悪戦苦闘していたそうです。
王子さんが削れないと聞いて、
友人のために削りに行くのは、断念した次第です。

No title

みみうさぎさま。
ありがとうございます。
自分が削れなかったのは、単に情熱がないから。
削った夫さんは立派です。
見習って、また削りに行くかな。

No title

是非、王女さんのために削って差し上げてください。
大学にするりと入れますように!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ