FC2ブログ

記事一覧

川崎 くりや

まあ、ひょんなところから、川崎で呑みましょう、ということになった。
まあ、ひょんと言ってもメールのやり取りなんだけどね。
スタートは8時半。
この開始時間に「よさ」があるとすれば、店の滞在時間が長くないので飲みすぎないこと。帰る客もいて、店もわりとすき始めること、だろうか。
 
川崎で下車。ミューザの前をまわり…小道に入ると
[くりや]
イメージ 1
実はこれを撮ろうと構えていたら、上手(向かって右)からやってきて、踊りながらこの店に入った人がいる。
これが今日の主役のオニ母さんである。
もし、自分が初対面なら、こんな「いっちゃった」女性と呑んで大丈夫か
とオフ会を後悔するが、幸か不幸か「慣れた」。
むろん、彼女は自分に気がついて踊っていたのではない。
単に踊る女性なのだろう。





イメージ 9
 
さて、程なく[元祖]で呑んでいたymppさんが現れ、乾杯。
自分は生ビールね。
かりんとうさんも誘ったが「家族サービス中」だそうだ。可哀そうに(笑)。
 
オニ母さんは、小さな空のコップを寄こせと店に交渉。これが店にはどうも通じない。
店の常識の範囲内で推測すると、きっとこの女性は連れの生ビールを一口飲みたいんだな、と判断。
初めからビールを注いだコップを下さる。
(なんてすごいサービスだ
コップに入ったビールを3分の2ほど私のジョッキに「捨てて」、いきなりCCレモンと、生レモンの汁を注いでいる。
ここまで書くと、彼女は奇行の持ち主、または昔の落研のように「わざと奇行を演じている」ようだが、実は
踊る→コップをくれ→ビールを自分のジョッキに入れる→持参品でオリジナルドリンクを作る
は、すべて真剣な、「新しい味の求道者」の活動なのだ(たぶん)。
初対面でなかったことをホントよかったと思う自分である。
ちなみに味の探索が終わって、大量に残ったCCレモンは私の鞄に無理やり入れられた。
そんなこととは知らない、CCレモン好きのうちの王女(娘)が、土曜の昼に呑みほしたそうだ。
お土産ありがとう、と言っておきたい。
 
ここのお通しは2品。
ひと皿は初めから机の上に置いていた枝豆
もうひとつは
イメージ 2
鮪の刺身。ふた切れ。美味しい赤身である。
前もって知らなかったら、「こんなの頼んでないですけど」というだろうな。
あ、手はむろんオニ母さんです。
 
ここのメニュー。
手書きの分だけで両面これだけある。
イメージ 10
イメージ 11
詳しく読めなくていいのです。凄いと思ってくださればいいのです。
他に日本酒リストに焼酎リストなどもある。読み切れない。
イメージ 12
もつ煮は大中小があり、これは小。これで十分食べ応えあり。
イメージ 13
シーザーサラダの半熟割る前
かき混ぜ後
「カボチャはあなた食べられるでしょ」
とお見通しなのだ。
イメージ 14
真剣に語り合うのか、互いの妄想にふけっているのかオニ母さんymppさん
そう机の上には
イメージ 16
串6本盛り。
左からピーマン肉詰め・お餅・玉ねぎ。肉・何か・プチトマト。
店長が教えてくれた。
「プチトマトは熱いので気を付けて」
右の図はお餅ですね。細長いのが3つ連なっている。
うまし。プチトマトも一つ食べるととてもうまし。
あ、この指は、白魚のようなとの形容がぴったりの、頻出する王子の指ね。
 
イメージ 15
このてんこもりはレバカツ。レバー好きでない自分が食べてもわかる新鮮な美味しさ。
中がまだミディアムレアであることが新鮮さの証拠。
 
自分は一杯目だけ生ビール。
あとは日本酒と焼酎。
日本酒は値段がグラスと1合とがある。
「グラスの大きさは」と問うと、「130mlぐらい」。十分じゃないですか。 
イメージ 3
これは二杯目の飛露喜。会津坂下の廣木酒造。
ymppさんが「瓶を持ってポーズしているところを撮らせてもらえば
」というが、
即座に彼女は首を振る。当たり前ね。
 
イメージ 5
トリ軟骨梅肉和え・らっきょ
こういう一品に癒されるね。
オニ母さんが「トリ軟骨梅肉和え」と言うので、復唱して店に告げる自分が、出てきたのを見て
「これ食べたかったんだあ」と言って笑われるが、それは大きな軟骨をイメージしてたからなんだ。
そのくせ、頼んでおきながら「これ、何の軟骨
」と聞く、オニ母さんも出来上がっているのだ。
まあ、言えばぐずぐずトリオ。
オニ母さんはほとんど飲んでないけれど、この出来上がりの感じなのね。
 
イメージ 4
揚げたこ焼き・グラタンコロッケ
後半の揚げものもまたうまし。
 
イメージ 6
肉とエビの焼売
食べながら「エビと言いながら、エビがないねえ~」とこぼすと
オニ母さんに「今あなたの食べたのがエビシューマイ。あなたは3つとも食べちゃったの
と叱られた。
 
お愛想を言うと「お茶を飲みますか」
と言ってお茶うけに出されたのが
イメージ 7
冷や奴にシラスを載せたもの
ラストまでお通しだあ。
サービスがいいなあ。え
満腹で食べられない
ではもう一ついただきましょう。
 
来た時は、冷たく冷えたおしぼり。ラストは温かいおしぼり。うれしいなあ。
 
お通し 365円×3
もつ煮 315円
シーザーサラダ 630円
串6本盛り 880円
レバカツ 580円
トリ軟骨梅肉和え 480円
らっきょ 250円
揚げたこ焼き 390円
グラタンコロッケ 240円
ミックス(肉・エビ)各3ケ 875円
 
飲んだもの
<オニ母さん>
にごり柚子酒 480円
<ymppさん>
生ビール中 495円
さつま 480円×2
<王子>
生ビール中 495円 
南 グラス 500円
飛露喜 グラス 525円
さつま 480円
計 9670円
 
自分の方が多い飲みに見えるのは、ymppさんは[元祖]で濃いホッピーを何杯か飲んだためです。
ごちそうさまでした
 
3人でちょうどを払おう
とすると
「あれは見積もり(だったか)」とおっしゃって、3人で割りやすいように9000円にしてくださった。
この店の何から何までのサービスが気にいりました。脱帽です。
脱いだ帽子をかぶりにまた来ます。
 
イメージ 8
夜道に消えていくオニ母さん
帰りは踊らずに。
なんだか、「酒場放浪記」のエンディングのようだな。
スポンサーサイト



コメント

No title

すっごく、洒落た事するお店だわ~。なかなか無いわよね!
オニ様のチョイスでしょう?
でも、20:30スタートかぁ…。絶対に無理だな!
この夏に上京する日はあるのだろうか?すっかり金欠だし、無理ねぇ~
気心知れた仲間と飲めるって最高ね(^^)

No title

パールさま。
オニ母さんは来たことがあるそうで、再訪するのは、良い店の証拠ですね。
この日来られずの、かりんとうさんで34として来るか、デートに使うか、自分たちも再訪ありそうです。

No title

いやいや是非34での再訪を希望します。
すぐに使いますか?

No title

撮影しているところに入ってあげようとジャンプしたのに・・・
ymppさんも私前座に出てるのになぜ王子さんは電車の中でビール飲んでこなかったのかしら?

かりんとうさんには別のお店を用意してますよね?王子さん!

No title

「オニ母さんが 踊ってた?
暑さが 頭にきちゃった?
エアコン値切ってないで すぐ買えばよかったのに…」
って 思ったら 一応 理由↑があったのね ^^;

わたしも ここ行きたいな~
あ、でも かりんとうさん じゃあ 来週 ここでいいや…っていうのはイヤよ。
都内近郊 どこでもいくけど、ちゃんと お店 選んでね (^-^)

No title

↑バレてる

No title

オニ母さんが、作られたカクテル、お店の人もびっくりだったんでしょうね。
空のグラスでは無く、ビール入りでしたか。CCレモンはわかるけれど、
レモンそこで切って絞ったのでしょうか?レモン汁を持ってきたのでは無いのね。
それを家では無く、お店でやるのは、かなり勇気が要りますが、美味しかったのね。

No title

オニ母さんが躍る人だったなんて。。(笑

ココは食べ物がどれも美味しそうですね~
私もレバーが苦手だけど、ちょっと食べてみたい。

No title

イイ店に出逢えました♪
お酒の種類も料理も自分好みでした。一品の量が多いからひとりちょい呑みにはキツイかなぁ。
次回から改札出てどっちに行くか悩みそうです。

No title

かりんとうさま。
きっと今頃家で退屈だろうなあ、と3人で言ってましたよ。ぜひ。

No title

オニ母さま。
どうもボックス席じゃないと飲みにくいですね。しかも混んでますし。

かりんとうさんは、隣りの三惚にご案内するかな(笑)。

No title

yoyoさま。
かりんとうさんともあろう方が、そんなやっつけ仕事をするとは思えません。
全身全霊を込めた店選びがあるでしょう。

No title

かりんとうさま。
梅が丘1丁目の「酒落亭」と言うのを調べてみてください。

No title

yuriさま。
世間の常識にとらわれないのが、オニ母さんの魅力です。

No title

samさま。
それはあたかもピーターパンのようでした。
走りながら舞い、そしてピタッと店のドアに貼り付き、中を覗いては、舞いながら入って行きました。
食べものの旨い店でした。

No title

ymppさま。
ひとり飲みだと、お通しでホッピー1杯目。串揚げ数本で2杯目、かな。
今度は刺身も攻めたいですな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ