FC2ブログ

記事一覧

なでしこくらぶ (13年1月16日)

毎月第3水曜日は[お江戸両国亭]で、女流講談会(なでしこくらぶ)。
また両国に行く。
イメージ 1
こんな大きな額があったのね。気がつかなかった。少し古いので、どなただったっけなあ。
調べると横綱三重ノ海関と関脇長谷川関でした。
 
なでしこくらぶ
通し回数名が出ていないのですが、101回目ぐらいかな。
今日は木馬亭でも講談会があるためか、いつもの前座さんが受付ではなく、すずさんと貞寿さんがあたふたとなさっていた。
みなさん一冊になったチケットをお持ちでしたが、あれは永谷の会員なのかな。
今日は出演者が一人多い。
 
講談で「役者特集」となると、いきなりの出世→座頭からひどい仕打ち→考え違いを悟り→名優へ、という流れが多いのね。その分だけ、心安らかに聴ける。
神田すず「四つ車大八」
相撲取りと、め組の喧嘩の話。相撲取りと喧嘩しようというのだから、講談はすごいね。
田辺一邑「羽子板娘」
安政三つ組盃、の一部で、昔神田京子さんで聞いたことがある。大名が羽子板絵の娘を見て恋い焦がれ、側室に。酒乱の江戸っ子娘が啖呵を切って…という話。このあと木馬座に行くので早い上がりで、と。
神田あおい「荒木又右衛門」
その生い立ちの部分。幼くして剣術や槍の腕前が凄かった話。
あおいさんの話を聴いていると、声などが琴柑さんに似ている気がした。
宝井一凜「出世の石段」
愛宕山の石段を馬で駆けのぼった曲垣平九郎の実話をもとにした話。
平九郎と馬が会話する部分が可愛く、馬が会話のたびに「ヒヒン」と締めくくるのも、ファンファーレも受けていた。
この後が「俳優」特集
神田織音「恋の浜町河岸」
結婚を約束してお金を借り、その金を俳優の披露興行のために使い、挙句の果てに約束した男を殺してしまう。その後は…というところで切るのが講談だな。続きが聴きたい。
一龍斎貞寿「澤村淀五郎」
抜擢された淀五郎が忠臣蔵の判官切腹のシーンで、駆けつけるはずの大星が花道の途中で座りこんでしまう。中村仲蔵に教えを請う話。落語でも有名な演目。今日は貞寿さんちょっと調子が悪かったかな。
宝井琴柑「名優と牛乳」
新作。吉原や舞台で牛乳は健康に良いと売れっ子役者に言わせる話。
これは彼女の「横浜のヘボン先生」シリーズの一つだな。
楽しそうに演じていた。
神田すみれ「名人小団次」
初めは男女の若手で勉強会をしていた。仕方なく出てるという話を聴き、自分が会場費を払って開いているのに、と怒り会を閉じた。そのあと女流だけで会をひらいたと会の由来を語る。
これも淀五郎と同じ流れだ。
 
会の終演後、琴柑さんとあおいさんを撮らせていただいた。
私服なので、アップはどうかな、とも思ったのですが。
あおいさんは年女ですって。「12歳なので、中学になったらどの部活に入ろうかな」と高座で語っていた
 
イメージ 2
今日は8人出演したので、終焉が4時半を大きく過ぎていたため、
もう夕刻ね。両国駅から見たスカイツリーは光が回っていた。 
イメージ 3
スポンサーサイト



コメント

No title

我が家の今年初寄席は来月です(*^_^*)
古今亭文菊さんという方だそうです。ご存じでしょうか?

No title

幸せメールはこれでしたか!

No title

AYAさま。
その方は昨年に真打になったばかりの若手です。1度聞いたことがあるようなないような、です。
自由が丘出身らしいですよ。

No title

ymppさま。
むろん、このお二人とも交互にツーショット写真を撮っていただきました。ありがたや、ありがたや。

No title

両国でファスナー開かなかったのですか?
7のうち4はこちらでは??

No title

オニ母さま。
こちらでお出しする分は入場料以外は別建ての予算から(笑)。そうだとよかったのですが…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ