FC2ブログ

記事一覧

幽霊・妖怪画大全集

イメージ 1
 
8月12日に行ったら、その日だけ休館していた展覧会にやっと行けた。会期終了まであと数日だ。
横浜そごうである。
幽霊・妖怪画大全集
割引券をHPからプリントアウトして1000円。
 
福岡市博物館に所蔵されている吉川観方の収集品の幽霊や妖怪画を約160点展示。と言っても前期後期で約40点の展示替えがありますがね(最近そういうの増えた)。
円山応挙、歌川国芳、月岡芳年などの有名どころを多くそろえている。
妖怪画はコミカルなものも多かったが、幽霊画はいくつか本当に怖かったなあ。
幽霊画は誰が見ても怖いのか、心にやましいものがあると怖いのか。
 
珍しくカタログを買ったが、こんな夜中はちょっと見られないね。
 
同じフロアで
水木しげる版画展も行われていた。
こちらは、販売品なので、多くの「売約済」の紙が貼られていた。
イメージ 2
 
さて、見終わったあとは飲みに行きましょう。
そごうから近いのはあそこだな。
スポンサーサイト



コメント

No title

これもちょっと興味があったのですが、夜中トイレに行けなくなりそうなんで止めときます(>_<)

No title

ノブさま。
なんとか、トイレ行けています。
この年になると、幽霊より生きた人間のほうが怖いです。

No title

行かれたんですね(*^_^*)
普通の美術展より冷房が強めに効いていた気がするのは気のせいかなぁ~
お寺や家の床の間にあったら怖くて部屋に入れなさそうな絵もありましたね(*^_^*)
おチビは伊藤若冲のつくもがみを気に入って絵はがきを購入しました(*^_^*)

No title

AYAさま。
何とか間に合いました。
「静かに鑑賞を」と注意書きがあったせいか、絵のせいか、騒ぐ幼児やしゃべるオバサンがいなくて、良かったです。

確かに怖くて、こんな掛け軸の和室には泊まれません

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ