FC2ブログ

記事一覧

町田 喜楽 これがホントのちょい呑みだ

ちょい呑み、とはふたつの定義が混在している。
ひとつは、量として「ちょい」。たとえば喫茶店で、ビールの小瓶を飲むのもちょい呑みと言える。
もうひとつは時間として「ちょい」。この場合、量は関係なく、30分以内ぐらいが限度か。
そして量も時間も短い「ちょい」がある。
まあ、ベン図をイメージしていただけるとありがたい。
 
喫茶店って、よく使いますか。
自分は比較的に使う方です。時間がちょっと空いたときの、手帳の記載とか、ブログのチェックなどにいいですよね。
でも中には「まず入らないなあ」という人がいます。
同じようにひとりで呑み屋に入らないなあ~という人もいます。
自分にとっては喫茶店も立ち飲み屋も、ひとりでぼおっとできる点では同じですね。
 
と、前置きしての今日。
帰り路って寒いですよね。地下だけ通って帰れる人がいたら、羨ましい。
[喜楽]
イメージ 1
あれ? 何かいま、一つ電気を消したかな。
と思いながら戸をあけ「まだいいですか」。
ちょっとだけなら、と言われてカウンターに。
イメージ 2
コップ酒を燗で。
焼きものを頼む。
イメージ 3
豚バラ・にんにく・つくね・かしら
「にんにく」とあるので、なんだろうと注文すると、精肉の間にニンニクが挟まっていた。ねぎまならぬにんにく間、ね。こりゃあいい。
さあ帰りましょう。
お酒 350円
やきとり 120円×4
計 830円
ごちそうさまでした
 
焼くのを待つ時間もあったが、約10分の滞在時間。
句読点で言うなら、読点のほうですね。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

ホントこれがチョイ呑みですね!当方はやはり二杯かぁ~(笑)

No title

ノブさま。
自分は閉店近くに入ることが多いもんで。
座ってゆっくりも好きなんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ