FC2ブログ

記事一覧

茅ヶ崎 綵菜亭で鮎を堪能

茅ヶ崎でいい和食をお手頃価格で食べさせるならここ、とオススメするのが
[綵菜亭]
イメージ 1
 
訪問前にこちらのHPを調べると、ある日は活魚で鮎を仕入れ、また大きなマグロを仕入れ、となかなか頑張っています。
また、新聞の折り込みでタウンニュースというのが入りますが、その茅ヶ崎版があると
イメージ 2
生ビールセットがワンコインとか。
これはありがたい
…って、茅ヶ崎市民ではないので、持ってないんですがね。
でも、生ビールセットいただきましょう。
前回は刺身セットでしたが
イメージ 3
生ビール/小鉢
小鉢はなんだろ。何かのおひたしかと思ったら、異様にねばねばしてましたよ。
はい、今回の主役
イメージ 4
燻製セット
美人ママさんが説明してくれます。
右上からまぐろの血合、チーズ、カジキ、下が馬、そして鳥もも
しっかりとした歯ごたえの血合や馬、柔らかいカジキやもも、燻製にすると良さがひき立つチーズと、これは生ビ-ルに合いますよ。
初訪問時に、単品で頼んだのですが、セットにしてもかなりのボリューム。
 
もし、セットを刺身にしていたら
イメージ 5
この日は鯛・マグロ・カジキですから、この中から選ばれるのでしょう。
ちなみに店のふたつの黒板、微妙に違っているのが面白い。
え?「ミニトマト食べ比べ」に惹かれたって?
まあ、待っていて、くださいよ。
 
ちなみに、黒板をズームバックすると
イメージ 6
こんなふうにたくさんの写真が貼られていて、見ていて楽しい。
さて、日本酒に行きましょう。
イメージ 7
一ノ蔵・無鑑査本醸造
これを頼んだのにはわけがあり、
今日は前回話を聞いていた鮎をいただこうという趣向。
こちら、親戚が清川村あたりで鮎の養殖業者。新鮮な鮎が手に入るのです。
鮎の話になると、まったく寡黙だったマスターが饒舌になる。
ほら、と踊り串を刺した鮎を見せ、抗生物質を使っていないので、天然のように身が細い、と見せてくれます。
そしてママさんが
「鮎がお好きでしたら」と
イメージ 8
鮎のうるか
「うるか、ご存知でしたか…」「はい」。
これは塩味ばっちりでちょっとずつでも日本酒がすすむわ~。
マスターの話を聴いていて、そうだった
と気がついた。なんで今まで気がつかなかったのだろう。
鮎ははらわたが命。塩焼きで内臓を取り出したのなんて売れやしない。つまり、開きにして干したものしか内臓はないわけで。ではどうするのかというと
「こういう小さいのからすこしずつ集めるのですよ」と小さいアユを見せてくださった。
それはさばくのも取り出すのも大変な作業。
もちろん、親戚の業者さんがしているのだ。
小さい鮎は干物にして、自家消費がほとんどだとか。
ほら、と焼いたのを出してくださった。
イメージ 9
稚鮎の干物
これね、一夜干しでほんわか柔らかいの。
軽くあぶっているだけ。
イメージ 10
無論手に持ってバクバク。歯ごたえは珍味の皮はぎがあるじゃない。あんな感じ。
こりゃあ、日本酒お代りだ。
そして来ました。
イメージ 11
鮎の塩焼き
こちら、タデ酢ではなく、レモン。
いやいや、レモンをかけずにそのままいただきますよ。
身はあくまでも白く淡く、そしてスポッと抜けて、頭と背骨だけが漫画のように残る。
こんな、鮎の3点セット、日本酒に合いますよ~。そういうと、菊池桃子みたいな声のママさんが
「鮎お好きなんですね」
鮎も、この店も大好きですよ~ママさんも~(これは心の声ね)。
 
この辺りごろに6人グループがお越しになりました。タウンニュースで見たのかな。
お話で盛り上がるのもいいですが、ぜひ色々食べてくださいよ~。
イメージ 12
「これいいですか」と今月までのサービス券を取り出す。
いいですよ、生ビールですか?
レモンサワーいただきました。
淡泊なものいただいたので、こってりなものいただきましょうか。
こちら前に食べて惹かれた逸品。
イメージ 13
日南鶏の手羽先揚げ
1つずついただけるのですが、2個発注。当然手に持って食べるのですが、こちらどうぞと新しいおしぼりを下さるなんて、なんて気配りだ~。
 
湘南でいただく川魚。堪能いたしました。
お勘定お願いします。
金額を聞いてう~んと唸りました。
うるかと干物はサービスだったんだ。
「これ試しにどうぞ」と言われてきっちりお金取られたこと、ある焼鳥屋であったからな~。
なんて親切なんだ。
こちら、今後も時折通う予定。
仲睦まじの若いマスターとママさんが楽しげに働いているのを見たい方はどうぞ。
焼けちゃうな~、悔しいな、という方は向かいのジンギスカン屋、かな(笑)。
 
生ビールセット燻製 980円
一ノ蔵 620円×2
鮎の塩焼き 580円
手羽先揚げ 160円×2
計 3120円
ごちそうさまでした
 
あ…ミニトマト食べ比べ…食べ忘れ
 
 
[飯酒処 綵菜亭]
茅ヶ崎市共恵1-3-6
18:00~翌3:00
日曜 18:00~24:00
月曜休
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

COCOさま。
実は一夜干しもうるかもメニューにないんですよ。売るか!というぐらいで(失笑)。
だから、サービスしかないかな。
あ、終電は23時35分ね。

No title

メタボリさま。
はい、燻製、かなりボリュームありますから、生ビール一杯では持たないほどの吸引力、直ぐにホッピー発注が必要かな、と。
ここ、焼き鳥も、なかなかの味です。

No title

鮎の干物なんてあるんですね
ちょっと興味深いです♪
ミニトマトは?って
途中で気付きました

No title

むぎこさま。
数日前は鮎の洗いもあったそうです。
テーブルも、半個室になっているので、いいですよ。
サザンの街、茅ヶ崎へどうぞお越しを。

ミニトマトねぇ~。

No title

干物は経験0 ^^; うるかは食したのは二回?
これで清酒飲みた~~~い 燻製もたまりません

No title

関東では鮎をメニューとして提供してくださる店は貴重かな。
しかも調理方法も数種類あり、塩焼きとか揚げくらいはたまに見ますが。
この店は大切にしたいですね~♪

No title

これは良店、いいっすねぇ~~鮎をこんな感じで楽しめるお店って中々お目にかけかかれないですからね♪
あ~喉が渇いた(^_^;)

業務連絡
ご指摘、ありがとうございました、ちょいと後で直しますm(__)m

No title

鮎づくし!!超うらやましす!!

No title

ここはいい店だ!!
中身が充実している!!
さすがです。

No title

えいちゃんさま。
つくづく、日本酒の好きな自分で良かったと思った次第です。
ノンアルでうるかと思うと…ぶるっ。

No title

ymppさま。
えっ、そうなんですか。もっと感激すれば、良かったかな。
確かに、鮎と言うと、四万十川を連想します。西の魚なのかな。

No title

ノブさま。
こちら駅から少し行ったところなので、静かでいいです。
自分が行く頃はあまりお客さんがいないのですが、マスターずっと仕込みなどで休んでないし、新鮮なものをしいれるので、常連さんがいるのかな。
頑張って続けていただきたい店です。

No title

あるこりすとさま。
はい、重荷を背負って階段を上り続けの自分にとって、とても幸せなひとときです。
だから、呑みはやめられない。

No title

蕎麦好きおやじさま。
酒場めぐりの上級者のおやじさんに褒めていただき、若夫婦になり代わりまして(笑)、お礼申し上げます、

No title

鮎美味しそうですね。燻製も美味しそううるか食べたことないです。どんな味なのかしら。
うるかに使う鮎小さいですね~。
頭が親指の爪くらいしかないなんて

No title

鮎美味しそうです~!
思い返してみたら、鮎を食べた事ないかもしれません。。。
塩焼き食べてみたいです!

No title

りんごさま。
そうですねぇ~、蟹味噌を塩っぱくしたのが近いかな。
え、蟹味噌もない?困った。
鰹の酒盗に似ているかな?
え、鰹の酒盗も…
お許しを(笑)。

No title

にゃんとらさま。
あれ?やはり鮎は西の魚なのかな。
ただ、いまの時期、スーパーの鮮魚売り場にあるはずですから、ぜひお食べください。
川魚なので、好き好きですが。

No title

いいお店ですね~こういう楽しいお店は時間が過ぎるのが早く終電なんてあっという間なんでしょうね稚鮎の干物や燻製のセットは最高の肴ですね

No title

みっち~さま。
ここの燻製、いただいて欲しいです。
いい店やいい仲間は時間がすぐ立ちますね。
いまは、仲木戸のトシフミではないバルにきています。
ここも、みっちーさん、好みかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ