FC2ブログ

記事一覧

鴬谷 鍵屋ふたたび

夏の終わりに行った鴬谷の[鍵屋]に裏を返してみようと思ったのが先週の水曜日。
時間が少しあったので、こちらで小酌。
ここは10分ぐらいで出ようとすることもたやすいお店。
[ささのや]
イメージ 1
これは帰りに撮ったもの。明るいうちの撮影はちょっとぶれました。
イメージ 2
日本酒・ネギマ・チキンボール・カシラ
串は塩は3本注文。たれは入口のところから自分で取るのが鉄則なんですが、いつもお姉さんに言って取ってもらう。よくわからないときがありますからね。
この串の安さはたまりませんね。
持ち帰りの男性もいれば、制服姿で店頭で食べる女子高生もいます。あ、呑んでないようですよ(笑)。
イメージ 3
う~ん、向こうの時間までまだあるのに、日本酒が空いちゃったな。
もう一杯。二杯とも熱燗です。そういう季節ね。
さて、そろそろ良さそうだ、とここであがることに。
日本酒 220円×2
ネギマ・チキンボール・カシラ 70円×3
計 650円
ごちそうさまでした
 
お、雨が降ってきたようだ。傘を差しながら歩くと…
[鍵屋]
イメージ 4
木戸が半分開けたところで、3人?どうぞ、あとはお一人?どうぞと入れていただく。
入ると大将が座るところを指示。
だれも逆らう人はいませんよ。
イメージ 5
この季節は戸が閉められる。
次から次へと入り、弾かれる人も出始めた。
その点ひとり呑みはありがたいね。
イメージ 6
まずは菊正宗
イメージ 7
つまみは前と同じ煮奴。
イメージ 8
お猪口とお通しの煮豆
燗がつくのを待つ。
イメージ 9
タレの壺。貧乏徳利。日めくりは昨日のままだな。
イメージ 10
菊正を呑んで待っていると
イメージ 11
煮奴
たっぷりネギをかけていただく。
前は砂肝が入っていると思ったら、今度はレバーだ。あ、砂肝もあった。
煮奴にそういうのが入っていると、釜揚げしらすの中にカニやタコが入っているような、そんな喜び。
もう一本、桜正宗。ぬる燗で。
お姐さんが新しい瓶を開栓するので、ラッキーと思ったら、大将が、まだ途中のがあるよ、と指示。残念~。
ぬる燗を示すためか徳利に輪ゴムが。
イメージ 12
桜正宗
ぬる燗なら、こちらのお猪口の方がいいだろうとふちの厚い利き猪口。
くりから焼きをお隣りのふたりが頼む。「2本ずつ」というと「1人1本」。で、自分も、というと「それで終了」とくりから串の載った皿を下におろした。
ギリギリ間に合ったわけです。
イメージ 13
くりから焼き
鰻です。まあちょいと高いのですが、ここの名物ですからね。
鰻と日本酒って最高のマリアージュだな。
いや、横文字は似合わない。だってこれ、あとで雪隠で見かけたのですが、紙が落とし紙でしたよ。懐かしい。
イメージ 14
さて、そろそろ帰りますか。
日本酒 530円×2
お通し ?円
煮奴 580円
くりから焼き 490円
計 2130円
ごちそうさまでした
確か2,200円と言われたような。
とするとお通しは70円?
イメージ 15
入店後に出された看板に灯がともっていた。
辺りは暗いから、ひときわ誘われるだろうな。
乗り換えは面倒だから青い寝台車に乗って帰る



 
[ささのや]
台東区根岸1-3-20
03-3872-1997
15:00~23:00
日祝休
鴬谷駅下車
 
[鍵屋]
台東区根岸3-6-23-18
03-3872-2227
17:00~21:00
日祝休
鴬谷駅下車
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます♪
何だか昭和の歴史を感じるような店構えにほっとしちゃいます( *´艸`)
奴さんも味が染みてそう!
あ、肉豆腐作りたくなった(笑)

No title

ペンちゃんさま。
前回、この店に行く前の、なうの記事にコメントいただいたのに、お返事が漏れていたことを、この記事作りながら、見つけてしまいました。
どうもすみません。

はい、肉どうふいいですね。
自分的には、糸こん(白滝)いれていただきたいです。
玉子も落としましょうか。

No title

くりからをぬる燗で…いいっすねぇ~~想像しちゃったら喉が…(^^ゞ
落とし紙って今も売ってるんですね、それに吃驚(笑)

No title

ノブさま。
ぬる燗が心地よい季節になりました。
ゆっくりと酔うていくのもいいものです。
まあ、この日はこのあと、食材を買って帰るので、酔うことはできませんでしたが(笑)。

落とし紙、ちり紙とも言いましたね。
まさに三丁目の夕日。

No title

早めの裏返しですね。
老舗酒場フリークとしては新店訪問が先かと思っておりましたが(笑)
お通しは端数切り上げ分ってのはないですかね?
つまり0~90円(爆)

No title

いい雰囲気ですねぇ。
つまみもおいしいんでしょうねぇ。
「老舗」ってことを評価の中にあまり入れていないからかもしれませんが、自分はたぶん苦手。きっと好きだけどきっと苦手(笑)

No title

いいなあ!

No title

ypさま。
ちょいとこちら方面にヤボ用がありまして。
端数切り上げ、ナントナク自分もそんな気がしています。
もしかしたら、2100円で、四捨五入かな、とも。

No title

あるこりすとさま。
自分も、苦手でしたが、あちこちに白いものが増え、やっとしっくりする頃かな、と。
また、早くしないと間に合わないぞ、の気分もありまして。
ぜひ、どうぞ。

No title

蕎麦好きおやじさま。
そちらは、信濃路へお行きでしたよね。
信濃路、関所も捨てがたいです。

No title

シブい!
台東区にはこんなに素敵な店があるのですね。見てるだけで温かい気持ちになっちゃう。

No title

やまぴょんさま。
台東区、というくくりで考えたことはないですが、確かにここは根岸、少し行けば谷根千もありますから、なかなかシブく温かい店が多いはずですよ。
大震災や戦災で焼けなかった建物もありますからね。

No title

今度このコース真似させて頂くかも^^

No title

70円で頂けるなんて破格ですね
ウチの近所は割と物価が安いのですが
さすがに70円はf^_^;
女子高生が買いに来るのも
うなずけますね

釜揚げシラスの中から
カニやタコのジュニアを発見したら
私はゾッとしてしまいます

No title

えいちゃんさま。
または、あとにささのやを持って来るか、近くの秀吉で1000円回数券を使うのがよいと思います。
老舗酒場で満腹は、財布が大変ですから

No title

むぎこさま。
70円でそれなりのクオリティですから、繁盛は当然ですね。
タコインザしらす、ダメですか。
では、むぎこさんだけの比喩は、
そうめんの中の一本の赤いそうめん、でいかがでしょうか。

No title

自分もチリ紙、写真撮りましたョ!(笑)

No title

鎌菓子さま。
ご同類ですね!
我らにとって、臭くも怖くもあったハバカリの懐かしい思い出ですからね。

No title

最近は夜の冷え込みが冬に近付いてると感じますね熱燗をやる事が多くなってきました。煮奴に砂肝やらレバーが入ってるのって良いですね♪それだけでまたお酒が楽しめます

No title

みっち~さま。
全く。昼がそこそこ温かいので、余計冷えて感じます。
当方、今日はひとり鍋でした。
全く熱燗に温やっこが素敵な季節です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ