FC2ブログ

記事一覧

鎌倉 茶女 こんな素晴らしい店がオープンしてたんだ!

この日は鎌倉散策のあと、御成り通りを歩いたりなんかして…
[パンダバル]は今日は5時からか…[高崎屋酒店]は水曜定休…商店街に来て、また[肉の大成]で玉子サラダを買ったが、お向かいの[天昇]、こちらも5時からなので準備中。
ではと駅方向に戻って東急ストアでお手洗(商店街はないに等しいからね)。
再び戻ってくると…
イメージ 1
ん?
イメージ 2
こんな店ができたるんだ。このページには酒の名はあるが値段はない…ページをめくると、なるほどその価格か。
こちらは4時開店。
[茶女]
イメージ 3
入ってみる。あら~小さい小箱に6人も入ればいっぱいなぐらい。
カウンターの端の方にいれていただきます。
銘柄と値段はカウンターの上に紙の札が並んでいます。
ほとんどが5勺で300円。ものによっては400円もあるか。
では、「美稲を」。
「これちょうど今あけます(笑顔)」「それはありがたい(笑顔)」
イメージ 4
天の戸・美稲80純米無濾過生原酒(秋田)
変わらぬ美味しさです。米の甘みがギュッと詰まり、ごはんをかみしめたときの甘みのような感じが。
イメージ 5
これは「澪」が入っていた瓶かな。お冷が供されます。
日本酒メインの店で、水が出てくるのは本格的な店です。
正面の黒板や貼り紙を見て…
イメージ 6
地たこ
器が魚ですか。可愛い。量も可愛いんですが(笑)。
これがその正面。
イメージ 7
おでん鍋もあり、大皿もカウンターに並ぶ。
イメージ 8
つまみは黒板に150円が左側にずらっと。寄せ鍋・キムチ鍋が350円ですか。お隣りのリタイア世代のおじさん二人はホヤを食べていました。
カウンターにメニューがあります。
イメージ 9
イメージ 10
お酒は常時入れ替わり、今あるのがこれ。
入口の立て看に書かれたのがあるわけではないようです。
これにスペックだけで値段がないのも、わざと、のようです。
一言会話を増やすためかな、と思います。ま、上を見れば書かれてますからね。
こちらは若いお姉さんとお母さんのような人。
この若い方が店主のようで、どうやら、先ほど行こうかとした[天昇]のご関係の方のようです。
お酒が好きで始めました、そんな感じがとても好感が持てますし、何かを発注したときの「はいっ」と言う笑顔が素敵です。
で注文しましょう。
「七賢を」「はいっ」
イメージ 14
七賢・風凛美山・純米生酒(山梨)
あ、写す意図ではないんですよ…。そのつもりなら、こんな動き中ではなく、きちんとしたお顔を…。酒瓶を撮ったんですよ…。でも、いけないかもしれないので、少ししたら消しますね…。
(※後日、お顔をぼかしました)
 
女性二人でやっているためか、女の人も入りやすく、娘を連れたという感じの女性も来ました。
 
お隣りが燗酒として梅錦を。
薬缶に入れて温度計を差してますよ。
自分も頼もう。
「ぬる燗で」
あ、店主さんがお酌してくださりますか。
お猪口を持つ手が震えるなあ。
イメージ 11
ぬる燗はほっこりしますね。
イメージ 12
卯の花
日本酒には卯の花や温奴などが合うなあ。
 
こちら、基本として3合まで。5勺なので6盃かな。
座っている大女将が「1合で帰らせる時もある。この前も女性がどうしても、と入って来たけどべろべろなので帰らせた。連れの男性が喜んでいた。3合以上飲める時もある」。つまり、ケースバイケースね。
では最後にこちらをいただきましょうか。
イメージ 13
七田・七割五分磨き・純米(佐賀)
先ほどお隣りさんが尋ねたところでは酔鯨がよく出るそうだ。
「何がお好きですか」と伺うと「蓬莱泉」と。なかなか出てくる名前じゃありませんから、かなり呑みこまれてますねえ。
このスペック表の寸評も入れて呑んでみてのご評価でしょう。
大女将にも同じ質問を振ってみると「何でもいい」(笑)。ごもっとも。
 
ほかのお客さんがキムチ鍋を発注したので、注目してみていたら、かなりの大振りですよ。
安くていいですね、そんな感想を話しました。
 
ここ、とても気に入りました。
鎌倉はよく呑み歩きに来ますが、その折は必ずこちらに伺いましょう。
 
美稲 300円
七賢 300円
梅錦 500円
七田 300円
地たこ 300円
うのはな 150円
外税 150円
計 2000円
ごちそうさまでした
 
[茶女]
鎌倉市小町1-3-4 丸七商店街
16:00~21:30(LO)
月曜・第3日曜休
鎌倉駅東口下車
スポンサーサイト



コメント

No title

pat25@ユミちゃんさま。
はい、やはり母娘がビールは?と聞いてました。そして、生がありましたよ。
いやいや、いいモノが揃っていただけですよ。
エイヒレもいいなぁ。

No title

メタボリさま。
本物を狙うよりかは、罪が軽いか、と(笑)。
大女将の画像も、見ます?

No title

ココは元、佐助にある「うな豊」さんのお店でした。
それを、天昇の女将が借りて始めた店なんですョ!
以前、この前でケーキ売ってました!(遠い目)
http://blogs.yahoo.co.jp/youerika/53423253.html

No title

この値段なら色々呑めて楽しそう。
往復の電車代と相談してみます(笑)

No title

素敵な方はおさめたくなっちゃいますよね(^w^)
新しく良いお店との出逢い、おめでとうございます

No title

鎌菓子さま。
天昇の店にある、トイレの場所の地図の張り紙は確かまだ鰻屋になってました。
おにぎりやランチの店としてスタートしたようですね。
鎌菓子さんの思い出の商店街ですよね。

No title

思わず終電時間を確認しましたら一時間ちょいで帰れることが判明。会社のそばで飲むより早い(爆)
けど自信なしです(笑)
七田は、御徒町あたりの酒問屋で酒探しをしていた時に、「今年出たての若い杜氏さんの醸す面白い酒があるよ」と紹介されて買ったものでした。純米吟醸でした。

No title

ypさま。
藤沢の往復より、140円鎌倉の方が安いので、ぜひ!
鎌倉はやがて自家用車の鎌倉入りに課税されるそうなので、電車でどうぞ(^_^)

No title

ゆりっぺさま。
ここと、都橋116、辻堂なぶら、3大美人ママの日本酒専門店と認定しております(笑)。
あ、目的は美酒ですよ(´・Д・)」

No title

あるこりすとさま。
終電を確認されるところに意気込みを感じます(笑)。
こちらは9時半ラストオーダーですから、そのあと、どこに移動しましょうか。鎌倉の夜は早いですからね。

No title

いい穴場見つけましたね!
メモ!

No title

蕎麦好きおやじさま。
もし鎌倉方面まで、お越しの際はぜひ。

No title

良さそうなお店ですね
天の戸・美稲80純米無濾過生原酒(秋田)

地元のお酒ですが、聞いた事がありませんでした…
以前は、秋田というと、高清水、爛漫等が有名でしたが…今は本当に沢山のお酒が出てきた印象です


ドラ

No title

ドラさま。
天の戸は今は横手市に編入された平鹿の酒です。
こんど「じゃごたろ」と言う名前の酒を作ったそうですが、ドラさんならこの方言はわかるのかなぁ?

No title

これはナイス!
コソコソっと行ってみたいでござる。

No title

やまぴょんさま。
野毛彷徨で遅くなりました。
はい、コソコソっと行ってください。
ただし、公共交通機関のご利用を。

No title

いいお店ですね~店主独身かな~ってことは抜きにして酒類豊富で、いい肴も揃ってる間違いないお店です
しかしあんな廃れた感じの場所にこんなお店があると驚きですよ狐さんの鎌倉編は穴場の特集が多く大変参考になります

No title

みっち~さま。
うーん、風格からすると、既婚かなぁ。
ここ、かなり気に入ってもらえると思います。
お越しの際はおでんとキムチ鍋奢ります!
それでも合わせてたった700円ですから(笑)。

No title

鎌倉って言うと 私の中で小旅行気分なので気合が入ってしまいます
なのでこういうお店にちょいっと入った事もなく。。。
鎌倉でチョイってだけで 狐さんがオサレに思えちゃいます

No title

そらさま。
確かに小旅行だと、定番のハズレのない店になっちゃいます。数少ない食事で失敗したくないですからね。
オサレですか。
惚れてまうがな~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ