FC2ブログ

記事一覧

大船 ちょいのみてい大船処 そろそろお別れの時か

実は大船駅北口にある[ちょいのみてい]、便利なのである。
駅の階段を下りて、徒歩30秒かな。小雨なら傘はいらない。
そこからバス停、これは駅の反対側だが、そんなに遠くないので、バスの調整飲みにも便利。
昼過ぎから開いているので、喫茶店代わりにも使える。
23時頃に飛び込んでも飲ませてくれ、サクッと帰れる。
まことにいいことずくめなのである。
 
ただ、そろそろお別れしようかな、という気がしている。
何か気に障ったことがあったわけではない。
その前に、飲み記録を。
こちらはほんのちょい呑みなので、2回分で記事になる。
まずは、2月20日
イメージ 1
緑茶ハイでスタート。
マカロニサラダは量が多い。またニラ玉は大皿がこの時間小皿に分けられているが「温めましょうか」と言ってくれる。
イメージ 2
だいたい、窓際の小さな机で立っている。外を眺めるのが好きだから。
昔はもっとレジ近くにいた、つまり店の女の子を眺めたりしていたが、極めて戸に近いここが多いのは、心理的なものが影響しているのだろうか。
ちなみにこちらはキャッシュオンだから、喰い逃げの可能性はない(笑)。
イメージ 3
そば茶ハイに移行した。これは初の飲みもの。
これで帰る。
緑茶ハイ 300円
そば茶ハイ 300円
マカロニサラダ 300円
ニラ玉 300円
計 1200円
ごちそうさまでした
安いのである。
 
つぎは2月24日
だいたい自分が伺う時間は、揚げモノその他が終わって、ショーケースの中から取る。
イメージ 4
トレーにこれらを載せ、レジのところで飲みものを言う。
小皿はどれもラップがしてあるので清潔だ。誰かが取ったものの戻した、なんてあっても安心。
イメージ 5
今日は緑茶ハイと同時に篠峯のお燗を頼んだ。
つまみはヘルシーにらっきょうと、マカサラと並ぶボリュームのポテサラ。かなりのジューシーさだ。
お燗なんかチンですぐだ。
なかなかできないので「まだですか」と言いに行くと、電気ポットのふたを開け、ちろりで温めてくれていた。ちろりの中に温度計を差し、それでもすぐに渡さず、頃合いになったのだろうか、お銚子に移してくれた。
緑茶ハイ 300円
篠峯純米 450円
ポテトサラダ 300円
らっきょう 200円
計 1250円
ごちそうさまでした
 
さあ、以上の中から書き出してみましょう。ここ試験範囲ね。
冒頭数行の便利さ、はもういいよね。
「温めましょうか」
ちろりで湯灌している。
どちらも丁寧である。
帰るときには「ありがとうございました。またお願いします」と声がかかる。
礼儀だな。
ただ、なんだろ、最近メンバーがかなり変わったこともあってか、何か感情がこもってないんですよ。そう思わない人もいるだろうし、厚くもてなされている人もいるだろう。彼女たち(店は女性のみ)との会話を楽しみにしている人も、いるだろう。
さっきの「篠峯まだですか」の時も「すぐに温度上がらないのよ」でも「ちょっと待ってね」でもなく、無言で温度を計る。
 
この店が出来た当初、行ってみたものの塩対応な感じがして、遠ざかり、あるとき行くとなんだかあったかい感じがしてしばしば伺い、そしてまた同じ感じを感じている。
 
そうか、今これを書いていて気がついた。
[じゆうな丘]のせいだ。
せいだ、とはマイナスの意味になるが、あちらの、ちょっと粘度の高い接客を見てしまったからだな。
むろんこれは好みの問題になるから、[じゆうな丘]より[ちょいのみてい]の方がさらりとしていい、その意見多いにある。
じゃあ[根岸家]でも[諸星]でも、ましてや(笑)[栄屋]でどういう対応をされているのかというと、かなり粘度は低い。
 
ちなみに、ここんところの、よく行く酒場で並べてみると
<粘度高い>
東神奈川ばるきど、町田あおば、町田やまと屋、鎌倉茶女、辻堂なぶら、辻堂信濃屋、日ノ出町たらふくちゃん番外編、子安金剛商店、王子串之介、野毛116、同鳥むすめ
<粘度低い>
東神奈川鳥清、茅ヶ崎鳥春、王子山田屋、新子安諸星、日ノ出町栄屋、戸塚くろーんまざー
<中間>
東神奈川龍馬、同根岸家、同どん八、川崎フルミチ、同元祖立ち飲み屋、茅ヶ崎綵菜亭
…やってみるとちょっと面白くて、ハマってしまった。明日も早いのに5時近くまでこんなことしていていいのか?
むろん[山田屋]のように当初粘度ゼロ→常連になった今粘度高し、というのもあるし、[フルミチ]や[元祖]も話しかけてくださるから、客観的に、今新規で誰かが行けば、というふうに選別してみた。
みなさんはどうでしょう?
え、そもそもの「粘度」の定義がわからん、ですか?
そこからか~。 
 
というわけで、ちょいと[ちょいのみてい]と別れて、さてどうするか、となると同じ23時半ぐらいまでやってそうなので[まるま]に鞍替えしてみますか。
まあ、そういいながらすぐまた[ちょのみてい]に行くかも知らないが、それはそれで。
だって便利なんだも~ん。(←三菱地所のCM、桜庭ななみの体で・笑)
 
[ちょいのみてい 大船処]
鎌倉市大船1-5-2
0467-44-1866
平日 16:00~23:30
土曜 15:00~23:00
日祝 15:00~22:00
無休
スポンサーサイト



コメント

No title

のぶさま。
お店の良さの半分近くは接客の良さ(応対、目配り、臨機応変)というのが、我らの共通認識ですからね。
岸田屋なんて、その典型です。

No title

mojitoさま。
あそこは濃い常連さんが多いですが、一見に近い客にもそれなりの応対をしてくれるので、良いと思います。
あ、昼間のバイト風のお姉さんは粘土低すぎます(笑)。夜のママさんをぜひ。

No title

はい、粘度の定義がわかりません。
ツンデレ度くらいにしておけばどうでしょう?
今宵の呑み屋に何を求めるかでお店を使い分けるだけですよ♪

No title

私はその日の気分によって使い分けていますヽ(^。^)ノ

No title

ypさま。
ツンデレ度、なるほど。
それ、オヤジ一人の店にもあてはまりますかね。
今宵の呑み屋に何を求めるか
…なんだろ?何をしに俺は行ってるんだろう?
帰るまでのクールダウンか。

No title

おん蔵さま。
その日の気分ですか。
楽しい気分になりたいですね。

No title

おはようございます。

粘度分析表の中では「ばるきど」しか行ったことがありませんが(まだ1度だけ)、確かに粘度は高く驚いたのを覚えています。その時は快適な粘度でした。
その時の気分にもよると思いますが、私の場合は、粘度の種類によってはとかなどの気分になる時もあります。

No title

浜雪さま。
確かにその日の気分ですね。
話しかけてもらいたいときもあれば、放っておいてもらいたいときもある。
あとは、親しげと馴れ馴れしさを混同したのも困ります。
なかなかお店も大変だ(笑)。

No title

なかなかすごい分析をされている。
心理学的考察で酒飲みの心を書いたら一冊できるのでは!

No title

蕎麦好きおやじさま。
過分なお言葉ありがとうございます。
自分のなかにも、つべこべ言ってないで黙って飲んでろ、という思いもあり(笑)、なかなかひとつにまとまらない次第です。

No title

料理、酒、姉さんの三角レーダーチャートの面積比較してみたいですね。
「粘度」あまり高いところに出会ってないですが(大阪旅行の時は別www)、最初低いところから、少しずつ上がって来た結果がいいなぁ。

No title

自分のメンタル次第で好みの粘度が変わります。
ほっておいて欲しかったり構って欲しかったり

No title

あるこりすとさま。
そのチャートは酒が突出してるか、姉さんが突出してるのがいいなぁ。
綺麗な三角形は魅力なさそう。

そうですね。低い店で自分がステージアップする形ですね。

No title

ririさま。
そうそう。静かなだけなのに、今日どうしたの?元気ないね、なんて言われるとがっかりです。

No title

人も色々と感じ方が変わるものなのでしょうね。
行きたい時に行きたい店がある。。。
それが一番なのでしょう(*^-^*)

No title

ペンちゃんさま。
そうですね。
いれてもらえる幸せを感じています。

No title

大船駅前の飲みや横丁は沢山の酒場が有り便利ですね~

ジンギスカンなどもあり楽しいのですが
いつも伊豆の温泉に行く時には大丸デパ地下で買い込んだ肴で車内で宴会をしていて通り過ぎます(笑)

No title

ティコティコさま。
ぜひ次回は帰りに大船にお寄りください(笑)。
ま、わざわざ途中下車していただくほどの町でもないんですが

No title

十人十色の価値観ですから、難しいですね~
やはり、付かず離れずの程よい距離感がご来店頂いた全てのお客様への平等な接客になる。とも自分は考えております
まぁご来店される動機もお客様ごとに違うので難しいところです
接客する側の得手不得手、向き不向きもあるだろうし、作られたモノではなく、持って生まれた感性もサービスマンには重要なんですよね

No title

コウヤさま。
いつもコウヤさんの、営む側のご意見、ありがたく拝見させていただいております。
また、万人受けのサービスもないし、同じ人でも、その日の気分で求めるものも違うと思うので、旗色鮮明にして、客に店を選ばせれば良いんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ