FC2ブログ

記事一覧

東神奈川 じゆうな丘は確かに「やみつきになる」

連日、東神奈川の話題で申し訳ないが、この町が西の立石といいましょうか、東のジャンジャン横丁と言いましょうか、とにかく「酒都」としてのいい店が揃っているので仕方がない。 
そんななか、ここんところお伺いしているのが
[じゆうな丘]
イメージ 1
さて、みなさんにそれぞれ「よく行く店」があるだろうが、その条件というか理由は何か、と。
新橋SL広場風に聞いてみると
「ママさんが素敵」
「従業員の○○ちゃんが可愛い」
「つまみが、どれも最高においしい」
「CP抜群」
そんなところだろうか。
イメージ 2
緑茶ハイ
そうすると、案外ここは「料理がおいしい」なのだ。 
イメージ 3
キンキ煮付け
豆腐の方が主張してますね。
でも味がしみてよし。 
イメージ 6
イカリング・ハーフ
ハーフで充分でしょう。
これらは3月18日でした。
緑茶ハイ 300円×2
キンキ煮付け 380円
イカリング・ハーフ 230円
計 1210円
ごちそうさまでした
この日のaikoの会話。
「これ(自分の着ているジャンバー)とってもかっこいい。似合ってる。私も欲し~」(笑)。
 
そしてまたこの日。 3月26日
イメージ 4
今日は反対から。 
イメージ 5
黒板に「やみつきになる立ち呑み」と。
確かに。 
イメージ 7
ゆずサワー 
イメージ 8
ポテトサラダ
これ200円はいいなあ。
かなりのジューシータイプ。 
それでいて大きなジャガイモの破片がごろり、と。
イメージ 9
豚ロースのみそ漬け焼き
かなりの大きさ。 ぶ厚さ。
そして肉をいただいている、という味わい。
イメージ 10
カシスウーロン割り
「え~っ可愛い~」
そして「ごめんね~量多すぎた~」この日のaikoの会話。
なるほど烏龍の味がしない。
 
そしてこの日も「ネクタイ可愛い~」「その財布可愛い~」
それに対して「あなたの方が可愛いいよ」
これに対しては無視(爆)。
今日は一段とカチューシャの耳が大きいのに。
ゆずサワー 300円
カシスウーロン 350円
ポテトサラダ 200円
豚ロースのみそ漬け焼き 380円
計 1230円
ごちそうさまでした
 
こんなふうに、料理がおいしいという理由で(笑)、回数を重ねているわけでした。
 
[じゆうな丘]
横浜市神奈川区東神奈川1-12-5 リーデンスフォート横浜201
045-534-3310
15:30~23:00
日曜休
東神奈川駅・仲木戸駅下車
スポンサーサイト



コメント

No title

料理が美味しいのは基本のキでやんすね接客、コスパ、居心地もよさげだなあ。

夏になったらアロハをほめられるのに、1000点!のぶ

No title

のぶさま。
姫路城、楽しみですね~。
羨ましいです。
アロハは褒めていただきたいなぁ。
ということは、わざわざ休みにも伺うのか、おいら

No title

わたしの条件は「空気が馴染む」かな。居心地が良いとはまたちょっと違うような。

No title

料理が美味しいだけでは無いですね~(笑)
じゆうな丘はいつも見つめてるだけで、入った事無いので一度伺ってみます

No title

mojitoさま。
空気が馴染む。滋味深いことばですね。
自分は居酒屋ではなく、仕事柄、色んな学校に伺った時に、それを感じます。

No title

ゆりっぺさま。
違った意味で、かなりおっさん度の高いお店ですから、女子が楽しめるか、興味深いので、ぜひ入ってみてください。

No title

人それぞれ、何かに反応しているのでしょうけれど、料理が旨いのはポイントが高いですね。

No title

やまぴょんさま。
どちらも同じ低価格で、
一軒は美味しいが対応はイマイチ、
もう一軒は接客素敵で味はイマイチ、
なら、どうでしょう?
前者ですよね。
もしイマイチではなく、対応横柄なら、後者かなぁ。

No title

↑やはり両方兼ね備えてるお店を指向したいですねぇ~~美味しくて居心地がよくないと…選択権はお客である我らですからね(^^ゞ

No title

ノブさま。
選択権はこちらに。まさにそうですね。優勝劣敗、マイナスな店は淘汰されても仕方ない。消費税10%時代に生き残れないですね。
ただ、何が良いかは人それぞれですから、そんな店でも、生き残ったりできるのでしょう。

No title

こんばんは。

私の条件を新橋SL広場風に言うと、美味しいお店、価格にみあった内容が提供されるお店、一線を引いた接客をするお店です。
もしお店の方の接客が嫌だと感じたら2度と訪問しません。
とは言うものの、まだそんなお店には出会っていませんが~
じゆうな丘さんはお料理が美味しくて、カチューシャを体験でき、CPも良いお店で、みなさんクセになってしまうのですね!

No title

浜雪さま。
自分の名前のいわれとなった王子に、山田屋という、名酒場があります。
はじめは恐縮ではなく、恐怖(笑)。
それでも通ううちに、馴染んできて、とても心温まる、自分にとってはなくてはならない店になりました。
ファーストで接客どうかな?と思っても、また訪れると違った顔が見られるかもしれませんよ。
ばるきども、自分の初訪問でアヤさんがいい接客をしてくれたので再訪しましたが、初回であの無口?(笑)な男性ふたりだけでしたら、どうなっていましたか。

No title

王子さん探知機が反応したのですね♪
だから居心地もいいし、料理も美味い!
名店を探すの上手いんだから~( *´艸`)

No title

ペンちゃんさま。
鼻の下を伸ばして街を歩けば、ぶつかる、という探知機です(笑)。
小田原方面も梅雨入りまでのうちに、お伺いしますよ~。

No title

あ、豚の味噌漬けが私のときと全然違う…

こちとら同じ豚ロースでも肉がペラペラなのが「なんじゃこりゃ!!」という感じだったので、ちょっと悔しい気がします…

No title

シロキュウさま。
確かにシロキュウさんのと、大違いですね。
これはスマホ並みの厚みがありました。
自分の想定では、反発多くて、反省したのかな、と。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ