FC2ブログ

記事一覧

東神奈川 じゆうな丘に行くのはなぜ?

というタイトルに解を求めたい。
少なくともサラリー生活を送っているものならば「退社しようと思っていた時間に出られない」これは誰もが経験しているはずだ。
突然の電話が入ってくることもあるし、あっそうだ!あれやっとかなきゃと思いだすこともある。
そんななかで定時退社が遅い自分にとっては、そういうことがバスを逃したり食事難民になったりするので、かなり危険なこととなる。
そういう自分にとって、遅い時間に入ることのできるこちらは極めてありがたいお店となる。
 
[じゆうな丘]
イメージ 1
4月17日(金)
この日はまだ早かった。22時20分ぐらいか。 
サラリーマンで混み混みである。
 
実は、一般的にホッピーセットというと、外と呼ばれる瓶に、中と呼ばれる焼酎がジョッキに入ってくる。そして中をお代りする。これが一般的、というよりもそれしかない。
たまにハイボールのように初めから混ぜて出てくる店もあるが。
こちら後者は短冊でもパウチメニューでも「300円」とあるわけだ。
ところが、前者の一般的なセットでもらうことが出来ていない。
実際それで呑んでいる人もいて「中おかわり!」なんて言っている。
この店を最も多く紹介されているのはシロキュウさんとおっしゃるブロガーさんで、そちらでもときどき拝見させていただいたのだが。
それで、この日は注文をとりに来たaikoさんに手のポーズを加えて「ボトルとジョッキ」と言う。ああ、とうなずく。
やった~やっと通じたと思ったのもつかの間、
イメージ 2
ホッピーセット
これで来る。
手前のポットは焼酎。
いや、いちいち中を頼む手間が省けていいじゃないかという考えもある。
しかし、このセットは
1)中が多いので、どうしても濃くなる
2)またはラストは中だけのロックを呑む羽目になる
3)ホッピーの良さである、中2でやめたり、場合によっては中1でやめたりの自在さがない 
と、へっぽこ呑み助としてはちょっと困るのである。
ま、来たものはしょうがないので、ありがたく頂くことにする。
自分のブログをよく見ている方ならわかるが、これホッピーの白だ。
普段は黒を好むので、この日も「黒ね」と言い、aikoさんも「黒ね~」と言って持って来たのが白です。
まあ、飲むと沸点が低くなる自分なので、いいでしょう。
 
ホワイトボードにあったのは
イメージ 3
シーフードグラタン 
イメージ 4
これ、魚やエビなどシーフードも入ってとてもいい。
この容器は何だろうと思うのですが。 
イメージ 5
ミートオムレツ
たっぷりのケチャップをaikoさんがかけてくれたのである。
残念ながらLOVEとかではないのである。 
これは昔懐かしいオムレツだ。
幼いころ母が作る「オムレツ」は玉子焼きの中にみじん切りの玉ねぎと挽き肉が入ったものだった。中がトロ~なんて感じはなかった。あれがこうしてここでいただけるわけだ。
イメージ 6
ホワイトボード。
麻婆豆腐とかナメタカレイ煮とかホタテ稚貝バターなど魅力的なメニューがおおむね380円なのだ。 
はい、11時を回ったので帰りましょう。
 
ホッピーセット 900円
シーフードグラタン 380円
ミートオムレツ 300円
計 1580円
ごちそうさまでした
 
さあ、冒頭の話題になるのである。
4月21日(火)
この日店の前にたどり着いたのは22時40分。
もう看板の灯は消え、のれんも仕舞われている。
それでも自動ドアを開けると「いらっしゃい~」なのだ。
そして出てくる言葉は「もう食べるもの終わった」ではなく、「玉子は終わった(売り切れた)」なのだ。
この日はもう上がったのかもともとお休みなのか、ピンクの電話さんだけがいた。
この日は滞在時間30分しかないので、ホッピーではなく
イメージ 7
緑茶ハイ
今から頼んでフライや唐揚げもできそうな勢いだったが、ちょっとこちらにバスの関係があるので、 温めるだけのものにしよう。
イメージ 8
竹の子と厚あげ煮
一味をふりかけるといい塩梅なのだ。 
もう一杯おかわりして
イメージ 9
煮豚と茹で玉子
というタイトルであるが、大根もメンマも入っているのだ。豚や鶏と一緒に煮た玉子っていいよね。この色がいい。
大根と肉を一緒に煮るのもこれはいいよね。
ましてこの肉厚な豚ちゃんだ。
 
そういえば、昔[根岸家]の閉店時間がもう1時間遅かった頃、のれんが仕舞われても入らせてもらったりしたが、今日のようにちょっと退社がずれたときなどにこうやって入れていただけると([じゆうな丘]の基本閉店時間は23時のはず)、愛好しちゃうんですよね。
 
緑茶ハイ 300円×2
竹の子と厚あげ煮 300円
煮豚と茹で玉子 380円
計 1280円
ごちそうさまでした
 
[じゆうな丘]
横浜市神奈川区東神奈川1-12-5 リーデンスフォート横浜201
045-534-3310
15:30~23:00
日曜休
東神奈川駅・仲木戸駅下車
スポンサーサイト



コメント

No title

私はなにがあっても17時ピッタリでベルサッサです(笑)ヽ(^。^)ノ

No title

ノブさま。
居場所は大切ですね。
特にこちらは、煮魚やお惣菜があるので、立ち飲みですが、ほっこりします。

No title

むぎちゃんさま。
そうなんですよ。予想外のグラタン皿。
シーフードグラタンなのに、シーフードが入っていていい、なんて、完全に、寝ぼけながらの記事作成でした(苦笑)。

No title

のぶさま。
その時は達成感とともに、このお店とお別れするかも知れません(笑)。

No title

mojitoさま。
でしょう。ですから焼酎ロックというほど楽しめないですね。
なんせ甲類は藻や雑草などからでも作れますから(大五郎がそうだという訳ではありませんが)。

No title

おん蔵さま。
それは羨ましいです。
ということは、この季節、まだ明るいうちに飲めますね。

No title

おはようございます
コメントありがとうございます
いつもブログ拝見させて頂いてます
よろしくお願いします

No title

naw*410*さま。
おはようございます。
はじめまして、でいいのかな。
いつも飲んだくれの記事をお読みいただき、感謝至極です。
これからもよろしくお願いします。

No title

はは、なんかここまでくるとわざとのような気さえしますが、これはもう「レッツトライ!指差し注文」でどうでしょう。

確か厨房の右横に貼られたホッピーセットの短冊はジョッキのやつだったと思うので^^

No title

答え、王子さんが好好爺だから。

No title

シロキュウさま。
これはもう、外国の食堂のように、他のお客さんのを指差して、「アレ、クダサイ」と言ってみましょうかねぇ。
あの、ラテン的なお店は、確かに外国ですから。

No title

ypさま。
その好々爺のふりがなは、ヒヒじじいでしょうか。
当たっていると思います、

No title

ホッピーを注文するのに技術と勇気とタイミングが必要みたいですね。追跡記事を希望します。( ̄▽ ̄)

No title

やまぴょんさま。
相手が強ければ強いほど、征服の喜びがありますぜ。
って、ホッピーごときでなんなんだ、オレ?

No title

おお、じゆうな丘の記事だ!
まだ外見しか見て無いので、楽しめる内容です。
ホッピーは関東圏で本当に普及してますね。
私は甲類焼酎は飲まないので、いつも横目で見ています。

No title

自分は、遅い時間に退社した時は、外呑みがわずらわしくなり、直帰してしまいますねー。基本的に、タッチ&ゴーは苦手で長尻なんです。
学生の頃は1軒に8時間とかいたこともざらでしたし(笑)

No title

こんにちは。
ホッピーを飲んだことがないのですが、こちらのお店で飲む場合は注文方法が少し難しいのですね。明菜さん、aikoさん、ピンクの電話さんによっても解釈が違うのか?も知りたいです!

訪問する機会があれば、迷わずホッピーを注文してみます。初飲み初オーダーで、期待通りの基本セットが来るのかを試してみたいです(笑)

No title

呑み酒士さま。
関東はホッピー圏ですね。
自分も以前は甲類だめでしたが、いつの間にか緑茶ハイだの、ゆずサワーだのを飲むようになっちゃいました。
こちらは、高清水などがあるばかりです。

No title

あるこりすとさま。
自分もその傾向が強いですが、この日は家に何もないという状況でしたので。
8時間は凄すぎます。
自分は逆にはしごしないとダメな体になりました。

No title

浜雪さま。
ビール好きだと楽しめると思います。しかも外は、ノンアルのビールテイスト飲料ですから、ドライバーも安心。
はい、初頼みでの成功を期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ