FC2ブログ

記事一覧

野毛・都橋 壱々六とそこからの

これは土曜日なので、5月23日のこと。
帰り道に電話で聞いてみると、10時までというので、訪れることに。
なんせ頑張って9時到着ですから。
[壱々六]
イメージ 1
ちなみに正式名称は[壱々六]になったようで、この116と書かれた看板も間もなく終わり、現在新しいのを発注しているそうです。
そうそう、この都橋商店街は客引きはまかりならんと、していると注意を受けるようです。
だから、暑くても戸を全開にしていると、店内からおいでおいでとできるので、やはり「閉めろ」と言われる。
なかなか厳しいですね。
でもそのおかげで、女子でも安心して歩ける商店街になる。
では、入りましょう。
店内は、人生の先輩が一人呑まれていました。
今日はこのラインナップ。
イメージ 2
1枚だけ色が違うのを聞くと、前に書いたのがあった、と(笑)。
はじめは残草蓬莱を今日は置かないでいいかと思っていたが、やっぱりと置いたら、蓬莱の社長が来て、よかった~とのこと。
社長さんは時々訪れるそうです。
ではそれからいきましょう。
イメージ 3
残草蓬莱 純米緑ラベル (神奈川)
イメージ 4
味わいがあって、旨い。
最近あちこちで見かけるようになった。いいことである。
「昨日、お酒が品切れって、そんなに来たの?」
「完全な発注ミス。開店時間が早かったのもあって、おでんもなくなった」
「じゃあ何を? ビール。おでんと日本酒がない壱々六かぁ」
イメージ 5
お通しのおでん
汁までうまい。
イメージ 6
出雲富士・夏雲 特別純米本生原酒 (島根)
イメージ 7
知らない酒は積極的に頼むタイプ。
生原酒はいい。夏だからと、低アルのお酒を出す蔵も多いが、やっぱりガツンときてこそ夏。
イメージ 8
ごま塩胡瓜
メニューを見て、キュウリに丸美屋のごま塩を振りかけたものかと思うと、さにあらず。キュウリをぶっ叩いて、何かして(失念)、ごま油をかけたもの。
これトマトが一緒でもいいね。山芋やカブなども一緒でも彩りいいかも。
先日神奈川新聞の取材を受けたがその新聞ができたので拝見。4つのお店が紹介の、見開き2ページの特集だった。
さっそく、新聞で見ましたとのお客さんも来たそう。
テレビの取材申し込みもあって、今後入りにくいお店になりそうな不安。
イメージ 9
いづみ橋・夏ヤゴ 純米生原酒 (神奈川)
イメージ 10
神奈川の酒を牽引する、もう一つのお蔵。
現在は、今日の2蔵と天青(茅ヶ崎)か。
表ラベルに酒名がないのも面白い。かわいいラベルだ。
そうそう、薄いのが好きならここに書かれたように炭酸水やロックで飲めばいいのだ。酸の高いこのお酒ならそれもあり。
イメージ 11
左は野沢菜漬をいただいたもの。人生初野沢菜かな。
右はシラスおろし
この時間は先輩はお帰りになり、おいらんの衣装の着付けをしてくれたお姉さんがいらしてました。
もうお客さんも来ないし、ビールでも飲みますか。
残草蓬莱 500円
出雲富士 600円
いづみ橋 550円
おでん 500円
ごま塩胡瓜 300円
シラスおろし 300円
ビール 500円
計 3250円
ごちそうさまでした
やっぱり[壱々六]は現在の自分がほっとできる空間だ。
人生、長生きもいいもんだと思う。

[鳥むすめ]を覗くが、彼女がいない感じで、久々にこちらに。
[肴こばち]
イメージ 12
若いお客さんがいっぱいいたものの、席を作ってくださると言う。
と思ったら、お姉さん、彼の膝の上に座ってまでして席を空けてくれなくとも…と思うと反対側の女性がもうひとつ空けてくれて、安心して飲める(笑)。
みんな知らないおっさんに優しい。
イメージ 13
いづみ橋・情熱 (神奈川)
これは常温だよ、といわれるがむろんOK。
(これが一番安いからと言うのは秘密のハナシ)
あてはの花
こちらはごぼうが入っているタイプ。
イメージ 14
王冠の下が今日のおすすめ。
目がよくないので「さんまのお刺身」と読めたので発注すると、「うちは刺し身は扱ってない」とぴしゃり。
イメージ 15
さんまのお酢煮でした。
これは美味しい。
お客さんは優しいのですが、ちょっとアウエー感が強いので(笑)あがりますか。
いづみ橋 500円
うの花 300円
さんまのお酢煮 300円
計 1100円
ごちそうさまでした

と、再び覗くとあんにんさんがいたので、こちらでクールダウン。
ここもまた、自分に優しいお店なのでした(笑)。
イメージ 16
緑茶ハイ 380円
外税 30円
計 410円
ごちそうさまでした
青い寝台車でかえりましたとさ。






[壱々六]
横浜市中区宮川町1-1 都橋商店街116
045-242-4252
19:00~22:30
土 17:00~20;30
火・水・金・土営業

[肴こばち]
横浜市中区野毛町1-23
045-262-6160
17:30~23:30
月曜休

[鳥むすめ]
横浜市中区野毛町2-74-1 野毛たべもの横丁
070-5519-0393
17:00~2:00
無休
スポンサーサイト



コメント

No title

壱々六さんはかなりのお気に入りのようですねぇ~~
ヤゴ、これ結構当方も好きです、神奈川のお酒もいいもんですよね

No title

ノブさま。
一度お越しくださると、みなさん、なるほどね~と納得してくださいます。
野毛にお越しの際はぜひ。

県民として神奈川の酒を積極的に飲もうと思っています。

No title

神奈川県でこんなにも綺麗な日本酒の瓶があるなんて、知らなかったです!
日本酒には疎いので、こういうところから入門したい(笑)

No title

ペンちゃんさま。
そうそう、ラベルから入るのも手だと思います。
自分の見つけた法則は、ラベルがはがれやすい酒は旨い!ですが(笑)、本当です。

No title

王子さんアテンドも含めて2回ほどお邪魔させていただきましが、通いたく理由が何となくわかります。
あっさりおでん食べたくなったら、またお邪魔します♪

No title

残草蓬莱は、いばしょ!にも合ったのを記憶しています〜。
いばしょ!に置いてあるみたいなので、『変わった名前の日本酒だなぁ〜。』って思ってました。今度呑んでみようっと。

No title

ypさま。
ありがとうございます。
曜日限定ですが、ぜひまたお越しください。
ここと鎌倉[茶女]のおでんは汁まで美味しいですから。

No title

チッタさま。
残草とかいて「ざるそう」と読むのですが、蔵のあった地名とのことです。神奈川の酒限定のいばしょ!にはありそうですね。
自分もまた行かないと。

No title

壱々六、ビール置くようになったのですね。
日本酒は苦手なので行く機会が増えそうです。

No title

イヒ 犭苗さま。
はい、ビールありますよ。
あとは焼酎ハイボールもあります。
日本酒をお飲みにならない方もたまにお見かけします。

No title

ほっと出来る空間があるというのは人生において強みですね。
そろそろ自分も、近場でほっと出来るちょい呑み処を見つけたいものだと思いました。

No title

こんにちは。

壱々六さんや鳥むすめさんは、1度通えばその良さが分かるお店なのですね~。行きたいと思いつつ、なかなか・・・

日本酒を炭酸水やロックで飲むなんて初めて知りました。スパークリング日本酒があるのは知っていますが、一般的な日本酒もそうやって飲んで楽しめるのですね。
自宅で試してみます

No title

mojitoさま。
混んでも弾かれるほどではなく、値段も高くなく、愛想のいい接客。そんな店は最高ですね。
お近くにあるといいですね。

No title

浜雪さま。
その場合は、アルコールが18度ある、原酒がオススメです。
普通の日本酒なら、薄くなっちゃうかな。無論薄いのがお好みの方もいますから、そこは試してみて。

はい、入ってみてください。
ただし、相方さんがトリコになって、ひとりで行くようになったりして(笑)。

No title

あれっ?こばちママさん、いつでもハートフルですぞ(^∀^)ノ

No title

ゆりっぺさま。
はい、この日は若いご常連さんには、ハートフルでした。
自分にはファーストアクションから塩対応いただきました。(^o^)

No title

ちょっと前は夏用って言われると薄いんだろうな~と思っていましたが、最近しっかりとした味わいですっきり呑ませるものも増えてきましたね。みんな研究熱心だな~と感心しています(なんでオメーが上から?www)

No title

あるこりすとさま。
夏向け低アルは薄っぺらでまずい、と理解されたんでしょうね。
いいことだと思います。
夏でも冬でも、呑みたいのは旨い酒ですから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ