FC2ブログ

記事一覧

野毛 いつもの壱々六と鳥むすめ

さて、今日は朝から「土曜日だから116だな」、と考えておりました6月20日
そして、タイムカード的な機械が「:01」と分を表示すると同時に退社。
乗り継いでこちらに向かうわけです。
毎度まいどのお店の紹介ですいません。
相変わらず人の多い野毛、いよいよ今年も「野毛通手形」を売り出したようですからまた混みだすでしょう。
しかしそれほど人の多くない都橋商店街。
こちらにくると人の少なさもあって、なんかほっとするんです。
[壱々六]
イメージ 1
いつもは「開けといてね」的な電話をするんですが、今日はたぶん開いてるだろうし、閉店してるのもまあネタとしていいや的な感じでしたが、開いてました。
イメージ 5
あいてましたが、あいてません。
あちゃ~っと見渡すと「おでん終わったの」。
いやそれはいいけど、と思うと、じゃそこあけてあげてと指示されたところに行くと…
椅子ないですよ~。
あ、なかったごめん、立ち飲みでいい?
むろんこちらは普段立ち飲みの人間ですから、入れていただけるだけでありがたい。
「田从なくなったよ。みんな喜んで飲んでた」
「そりゃあ、よかった」
とすると、お隣のご常連さんが「王子の狐さんですよね」。
そしてひろみさんに「ね、やっぱり来たでしょ」。
今あなたの噂をしてたんですよ、とこれはまことにお恥ずかしい。
この方は先だって入り口の立て看板をおつくりになった、まさに大常連のお方です。
「ママの横顔が素敵と書いてましたね」
他のお客さん、これは有名なラーメン店の店主さんですが
「じゃあ、正面はどうなんだ(笑)」
誠に恐縮。
店があったら入りたい心境です。あ、もう入っているか(笑)。
気を取り直して「残草蓬莱」「なくなったの」。では「むかで」。
イメージ 2
無風(むかで)・涼や香 純米吟醸 (岐阜)
イメージ 3
「醴泉」や「美濃菊」を醸す岐阜の蔵の加盟店限定販売酒。
普段は無濾過の原酒らしいが、夏バージョンで加水して15度までにしたもの。
それでもしっかりとした味わい。
むかでは武田信玄の使番の旗指物だ。
一度出た情報は取り戻せない。それを後退しないムカデで表したそうだ。使番のなかには香車を用いたものもいるが、同じ伝。また、ムカデの素早さを信玄は愛したようだ。
イメージ 4
半分の酒が裏返り。
食べ物を注文。
「おでんがないのでこれお通し」
イメージ 6
オニオンサラダ
ここでは普段自分が発注しないどころか食べもしないものを出していただきます。
オニオンスライスにかつおとドレッシングかな、をかけたもの。
下の方はドレッシングがなかったのですが、美味しくいただけました。

ムカデの次はヤゴですか。
イメージ 7
いづみ橋・夏ヤゴ13 (神奈川)
イメージ 8
13はアルコールの度数。と同時にヤゴの脱皮する回数。
これで最後とのことで、大目に入れてくださった。
ただ、13度ということで、これは好ましくない薄さを感じた。
「おでんもない、お酒もないって、その日で売り切る魚屋さんのようだね」
「あなたが来るのが遅いのよ」
と呑んでいるうちに焼きあがりました。
イメージ 9
鮭酒粕焼き
かなり大ぶり。鮭だけでもおいしいのにそれが酒粕に漬けてあってさらにうまみが増す。
飾り付けもきれいです。
焼鮭って皮も美味しいね。
綺麗に食べたとほめられました~。
イメージ 14
お酒がなくなったのでビールを2本頼んで、やったりとったりして、もうお客さんはいなくなったのに、長っ尻な長話は続いたのでした。
ひろみママ、正面からだと後光が差してますよ~。
むかで 550円
夏ヤゴ13 600円
ビール 500円×2
オニオンスライス 300円
鮭酒粕焼き 450円
計 2900円
ごちそうさまでした

で、新規開拓もね、と思ったのですが、時間も時間ですから、毎度の様にここになっちゃうのです。
[鳥むすめ]
イメージ 10
いつもながらにぎわってます。
若い女の子たちが働いているのは見ていてほのぼのします。
左のゆりりんさんが「緑茶ハイ?」と覚えてくださっているのはありがたい。
あんにん店長に「食べるものある?」と聞くと「お任せでよかったら」。
任せました。
イメージ 11
緑茶ハイ
イメージ 12
しいたけ・つくね・ぼんじりと焼きあがりました。
どれも塩ですね。
イメージ 13
プチトマト肉巻き・ねぎま・皮
皮がぱりっぱりで旨かったですよ~。
つくねだけは値段がわからないのですが、それをのぞいても690円。
確かほかの店への配達だと6本700円でしたが、それよりお安くしていたようです。
こちら、レジはタブレットでやっているんですが、スマホのコードが調子が悪く、あったら貸して、と言われて、しばしお貸ししたお礼かしら。
緑茶ハイ 380円
焼き鳥6本 649円?
外税 82円?
計 1119円
ごちそうさまでした

今日は晩ご飯がこちらのみなので、少し多めにいただいた次第。

[壱々六]
横浜市中区宮川町1-1 都橋商店街116
045-242-4252
19:00~22:30
土 17:00~20;30
火・水・金・土営業

[鳥むすめ]
横浜市中区野毛町2-74-1 野毛たべもの横丁
070-5519-0393
17:00~2:00
無休

スポンサーサイト



コメント

No title

野毛通手形もまた楽しいもんですよねぇ~~今年はちょいと買ってまた楽しむかなぁ~~(^^ゞ
ふと思うとちょいと怖めの大将との会話って少なく感じるのは気のせい??(笑)

No title

なるほど、ムカデも香車も…ですねしっかし王子さんの行かれるお店は美人が多いこと(笑)のぶ

No title

相変わらず、王子の狐のお店に対する愛情を感じる語りでございますね。どちらも居心地の良さそうな雰囲気が伝わって参りました。

No title

毎週土曜日は、壱々六がレギュラー化しましたね。
いつかひろみママとアフターしてください♪

No title

王子の狐さんの記事を読むようになって、野毛が憧れの街になりつつあります。
オニオンスライスは身体によろし!
お互い食事に一品こういう物を取り入れてみましょうか(笑)

No title

同じお店でも王子の狐さんの語り口でいつも新鮮に感じます。
都橋商店街憧れますね~。

No title

ノブさま。
そう言えば、野毛、都橋は若い女性の店が多いですね(そこだけを選んで行っているという説もありますが、笑)。

野毛手形は半年有効なので、途中で帰るには健康的と思います。

No title

のぶさま。
確かに。
ただ、我らの小さい頃と違い、みんな綺麗ですね。
小学生でも、鼻たらしたガキはいないし。
せめて飲み屋だけでも、小汚いのがいいかな(笑)。

No title

やまぴょんさま。
結局。酒よりも飲み屋が好きなんでしょうね。飲み屋に集う人も。
愛される客でありたいですね。

No title

ypさま。
ロマンスカーで茶女も行きたいですが、今週はいつでもいけるし、と。
アフターは子育て中なので、ないかな。
ただ、ママはFフライで日本酒3升明けた豪の人なので、一緒に飲む勇気はありません(´・_・`)

No title

ペンちゃんさま。
体にいいもの取りたいですね。
酒をやめれば、もっと体にいいのですが、こればっかりは。

No title

mojitoさま。
ありがとうございます。
いつか行きましょう!
野毛の真ん中にホテルあります。ラブホですが(笑)。

No title

こんにちは。

鮭酒粕焼きは、お酒も白米も両方欲しくなります。
ひろみさん、いえ、ひろみママのお顔が神々しいです。とても優しそうな目をして王子の狐さんにビールをサーブしていますね~(*^_^*)
野毛通行手形があるとお店に入りやすいですね。購入を検討してみます。

No title

浜雪さま。
ぜひ野毛通過手形であちこちの店を堪能してください。

No title

そのうち、野毛も呑み助の原宿とか言われるのかなぁ(笑)
無風、大好きです。なかなか置いてある店は珍しいですね。下北沢に一軒、竹ノ塚に一軒しか知りません。

No title

あるこりすとさま。
そのためには、桜木町と日ノ出町の駅名を野毛にして欲しいですね。
駅前のモニュメントはハシゴで(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ