FC2ブログ

記事一覧

第97回全国高校野球神奈川大会@俣野公園・横浜薬大スタジアム

朝早く起きて新聞を眺めるともなく見ていると、あ、今日も地方大会があるな、と。
昨年、一昨年と大和の引地台球場(現在名は大和スタジアム)に行ったが、俣野公園の球場は行ったことがない。調べると今年は今日の3回戦を最後に使われなくなるようだ。トーナメントを重ねると、動員数も増えますからね。
では行ってみるか、と開始時間を少し経ってならすいてるだろうと、バスで向かうことにする。
もちろんタオルに帽子、ペットボトルの水に発泡酒は欠かさずにね。
この日は梅雨明けとなった暑い日だ。
幸い涼しい風が吹くので何とかなりそう。
イメージ 1
ここで、この場所がわからない方のために場所を説明すると、昔ドリームランドだったで、あああそこかとわかる浜っ子も多いだろう。
ドリームランドは入場者数の減少で、2002年に閉園、2006年に横浜薬科大が開校した。当時のボーリング場とホテルエンパイアが現在も大学の施設として残っている。
さて、入場券を購入。500円。
イメージ 2
チケット嬢、アナウンス嬢、もぎりのおにいさん、ファールボールのおにいさん、グラウンド整備など、たくさんの高校生が裏方として大会を支えている。
手当など出るのかな、と思うぐらいの炎天下の仕事で、頭がさがる。
イメージ 3
今日の高校はまだ知られているほうだが、最近は高校の合併で校名変更が激しく「横浜**」とか「藤沢**」というのが多い。
横浜桜陽、横浜南陵、横浜旭陵などと言われても元どんな公立高校だったのかが分からない。
今日の第1試合の2校も「横浜」がついている。
特に翠陵は横浜翠嵐と混同する人もいるだろう(自分のことです)。
イメージ 4
横浜創学館は金沢区にある私学。旧校名は横浜商工。
プロ野球選手も多く輩出している。
やはり私学だけあって、紫色に統一した応援で、相手校を圧倒する。
横浜翠陵も私学だが、もとは国際女学院翠陵という女子校で、共学になって間がない。緑区にある。
在籍生徒数はわからないが、募集要項から見ると3倍の開きがあるし、2011年からの共学ということは、応援に行くOBはほとんどいないわけだ。
試合は4回に満塁ホームランも出るほどの一方的な試合で、5回に10点目が入った時に試合終了。
5回コールドとなった。
横浜翠陵0 対 横浜創学館10X (5回コールド)
イメージ 6
それでも、翠陵の選手たちは最後まで頑張ったと思う。
両校に拍手。
イメージ 5
後で、第2試合の途中で、外に出ると創学館の監督さんかな、がまだユニフォーム姿の選手に何か言っておられるのが見えた。
「スクールウォーズ」好きの自分としては相模一高の監督の倉石功が「後半明らかに手を抜いた」と選手を殴打する有名なシーンを思い出したが(苦笑)。

試合は12時過ぎに終わったので、第2試合の1時15分まで暇である。
イメージ 7
放水が涼しげ。
日光を受けて体が熱い。
そして第2試合。
秦野総合は名前で分かるように秦野市にある県立高校。
二つの学校が合併して2008年に開校。
関東学院六浦は金沢区にある私立。関東学院大学は一時ラグビーでその名をとどろかせた。併設中高はここと、三春台にある。三春台と区別するために「カンムツ」と称されることが多い。
いろんな知り合いがいたことから、こちらを応援させていただく。
3回に3点ずつを取り合い、5回に1点取られたが、その裏に六浦が5点も奪取で逆転する猛攻。
イメージ 8
ここは満塁のチャンス。
5回が終わってグラウンド整備の時間で8対4。
これはもう六浦の勝ちだろうと帰って行った人も多いだろう。
ところがその裏の6回表に3点取られて8対7に迫られた。
そして両チーム点を取り合って9対9で延長となった。
各回ごとに監督並みの指示を出すおじいさんがいらっしゃったが、その人のヤジが的確で、なるほどと聞いていた。
イメージ 9
スコアボードは10回まで。
そして最後には秦野総合が延長11回に加点。その裏のチャンスが1塁側にはあるが、ここでフライを打ち上げて試合終了。
まさに3時間半の激闘だった。
秦野総合10 対 関東学院六浦9 (延長11回)
イメージ 10
帰りに駐車場の警備員さんたちも、見ていたのか「すごい試合だったなあ」とうなずきあっていた。
これだけの点数が取られるのはファーボールも多い制球のなんもあろうが、つまらないエラーもいくつか見られた。
そしてあえて言えば、白球を追う執念に関しては、秦野のほうが一枚上だったのかなと思う。
秦野はピッチャーの継投であったのに対して、関東六浦はひとりで11イニングを投げ切ったのは立派である。
これだけのいい試合を見せていただいたのだから、勝った秦野は無論のこと、敗れた関東六浦も胸を張っていい。
両校にお疲れ様、と言いたい。
イメージ 11
帰りはバスではなく少し歩く。
それはここで生ビール補給と行きたいからだ。
むろん、大船駅まで出れば日曜もやっている店はいくつもあるが、出来るだけ球場の近くで呑みたい(なぜだ?)。
[バーミヤン]
イメージ 12
平日にビールが半額になるハッピーアワーもあるし、2杯目は安くなるが、この大きさで450円は高いね。
2杯目はお安く紹興酒ロック。
つまみは
イメージ 13
焼餃子
ちょっと焼きすぎじゃない?
今日はこのあと会食があるからね。
生ビール中 450円
紹興酒グラス 100円
焼餃子 239円
外税 63円
計 852円
ごちそうさまでした

そしてふらふらと涼しくなった夕方の道を歩くのでした。

[バーミヤン 戸塚深谷店]
横浜市戸塚区深谷町171-4
10:00~2:00
無休
スポンサーサイト



コメント

No title

あ、自分も翠嵐と混同しちゃいましたで、相模一高の勝又監督ですな

監督なみにヤジを飛ばしてよく当たる…いますねえ(笑)たぶんスタンドに20人くらいそういうおっさんいますねえのぶ

No title

そうそう、これこれ高校野球の季節ですからね!
本当は後輩の応援に土曜日行くはずだったのが…(>_<)
高校球児に元気と忘れていた何かをもらえますよね(^^ゞ

No title

高校野球ですか。観に行ったことありませんなぁ。
今のわたしには、白球を追う高校生は眩しすぎていけません。

その餃子確かに焼き過ぎですな。

No title

ドリームランドの辺りから歩いて駅まで行けるものですか?青し空の下で高校野球の観戦なんて違う一面を見せて頂いたような気持ちです。

No title

母校は神宮球場で荒木大輔と対戦しました。
しかしブルペンで投げていたのに何故か出て来ませんでした(ー ー;)

No title

神奈川の県大会はファンが多いですよね~。
これだけを応援して、甲子園が始まると見ないってヒト、結構知ってます(笑)。
炎天下での観戦お疲れさまでした。

No title

こんにちは。

高校野球観戦の記事、少し意外でしたが、3年連続で観戦なさっているのですね。
各校の解説付きというのが、王子の狐さんらしいのかな?と、勝手な想像をしています。

No title

のぶさま。
そいつは今日当たっているから気をつけろ!
前の打席のバッティングで行け!
などと懇切丁寧なヤジ。
監督に招いたら勝てたかも。

勝又監督はりんご園に帰っちゃいましたよね。
ちなみに創学館は前の試合は27点とっていたのです。

No title

ノブさま。
ノブさんも、毎年等々力球場でしたよね。
この暑さだと等々力渓谷の方がいいかな(笑)。
自分の高校時代はこんなピュアではなかったので、忘れていた何か、ではなく、未知の何か、です。
(≧∇≦)

No title

mojitoさま。
観戦しながらのビールや、日に焼けた身体を冷やすビールがいいんですよ。
そっちメインの、やっぱり邪道野郎です。

No title

やまぴょんさま。
そうですね、90分ほど歩くと着きますよ~(笑)。
むろん途中からはバスが宜しいかと。戸塚や藤沢方面へのバスも、原宿にはありますからね。

前回のカップ麺といい、これといい、やまさんが意外に思う記事をあげて行きたいと思います(^o^)

No title

小太郎さま。
神宮で予選なんていいですよね。こちらは横浜球場で決勝。
確か兵庫は甲子園で予選決勝が行われるんですよね。
ちょっと面白い。
エース温存ってヤツですね。

No title

チッタさま。
あ、それ自分です(爆)。
なんか地方大会の方が身近なんですよね。
甲子園はプロの戦いのようで、縁遠いです。

現在、肌ヒリヒリと戦っています。

No title

浜雪さま。
ご賢察の通りです。
野球よりも学校に興味が傾く自分です。
まして、知らない名前の学校が多いですからね。
ま、野球に詳しくないのをごまかしているという説が正しいんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ