FC2ブログ

記事一覧

お花茶屋 伊勢芳は最高でしたが…

さて[小島屋]でまったりした(http://blogs.yahoo.co.jp/kkwrw878/35125628.html)あとは、そこからてくてく歩いてこちらに。
[伊勢芳]
イメージ 1
反対側からも。
イメージ 2
こちら、お花茶屋・四ツ木・堀切菖蒲園・立石…どこから伺っても十数分かかる距離にある。
だから、通りがかってふらりと入る、そういう店ではない。
ある種ご常連さんで持っている店にお邪魔させていただく、そんな気持ちでいる。

入るとかなり狭い。
「**で予約なんだけど」というと、「奥!」と。
ちょっと厳しい応対なんですが、まあ下町の人って感じなんでしょう。
奥に行くと、見知った顔が。
今日はでっちさんから呑みましょう、とお誘いいただいたので、昨日[まるや]であったypさん以外にはお教えしてなかったのですが、ypさんが来るのは予想していても、まあここならのぶドラさんにもお声がかかるのも当然ね。
で、お顔を拝見しても驚かなかったのですが、それがちょっと物足りなかったようでした(笑)。
とはいえこちらは暑い中遠路歩いてきたので、喜怒哀楽の振り子が摩耗していたとも言えますね。
ただ、あとででっちさんがこられたときに、大きく驚かれていたので、これは真似るべきだとメモメモ。

で、ボールをいただいて…(@380円)
イメージ 3
カンパ~イ
お通しの白菜の浅漬け、イイデスネ。
穴子天ぷらと刺身盛り合わせは前もってでっちさんが予約していたとのこと。
イメージ 4
穴子の天ぷら 550円
こりゃあいいや。温かい天つゆにつけると旨い!
これが二皿来ました。
そして…
イメージ 5
新鮮な上さしみ盛り合わせ 900円
なんですか、この中トロやカンパチの甘さっときたら。
これも二皿。
そして、座敷にいたらウナギかば焼きのいい香りが。
今日は土用の丑
のぶさんが交渉に行くと2人前なら残っていると。
ここらあたりご常連のチカラ。
おっと、でっちさんもお越しになりました。
つまみを交渉されています。
これもまたご常連のチカラ。

こうなると日本酒でしょう。
座敷には何も貼ってないので、店内に行ってみます。
イメージ 6
生冷酒に行きましょう。
イメージ 7
安いよなあ~。
で日本酒は
イメージ 8
奈良、上田酒造の生貯蔵酒 650円
酒銘はないんですかねえ…。
イメージ 9
新わかめを酢味噌で。200円これ旨し。アゲインが出ました。
右は、埼玉屋さん手作りの奴どうふ。う~ん、豆乳の塊を口に放り込んだ感じ。大豆の香りが強烈に来ます。醤油が要らないどころか、ねぎもいらないんじゃない、という感じ。
イメージ 11
でっちさんの奥さまとヘムちゃんも来て、今日の7人が揃いました。
コップが揃ってないけど(笑)、乾杯です。
ヘムちゃんはパパの生グレープフルーツサワーの果実搾りに夢中です。
イメージ 10
アジフライ 550円/サバ開き焼き 450円
お安い。いや安いだけでなく旨い。
イメージ 12
来た~ウナギのかば焼き2人前。
愛知産上ウナギかば焼き @1750円
これをみんなでシェアなら大丈夫。
イメージ 13
新鮮なカツオさしみ 550円/新鮮なシメサバ 450円
あ、「新鮮な」は短冊にそうあるんです。
イメージ 14
エビフライ550円/タン塩焼き 300円/北海道いくら 480円
今のところ海老フライ以外はみんないただいております。
イメージ 15
おっとでっちさんがライス大300円を持って現れましたよ。
何という豪華どんぶりでしょう。
誰が食べるのでしょう。
まあ、後半いくらだけになったどんぶり飯をかっ込んだのは自分ですが。
イメージ 16
もつにこみ 380円/野沢菜漬 280円
この辺はもういただいていません。
ご飯の欲張りが利いたか。
飲みの量がわからないので明細かけませんが、それぞれのメニューに値段を付けたので如何にお安いかがわかるというもの。
確か全員で20870円かと。
ごちそうさまでした
大人6人で割ったら3500円。
だって浴びるほど飲んだし、いただきましたよ。
でっちさん、お誘いいただきありがとうございます。
イメージ 17
さて、明日が早いでっちさん一家と別れ、我々は四ツ木駅方面に。



せっかく来た我々浜っ子(笑)を、のぶさんがあの名店でもてなしてくださると。
明日につづく。

[伊勢芳]
東京都葛飾区宝町1-10-13
03-3694-9023
10:00~13:00
16:30~23:00
水曜休

お店の事情により、限定記事になっています。 


スポンサーサイト



コメント

No title

頂きましたねぇ。全てが美味しそうです。それとお安い!あ、鰻と穴子は余計ですが(笑)
下町を満喫されているようですね。

No title

こりゃほっこりとした下町呑み、土用丑の日呑みでございますねぇ~~
これなら固体の日本酒がマストでございますね(^^ゞ

No title

いろんな方にご紹介したい名店なんですけどね~ま、ご常連からも釘をさされましたしね。仕方ないですよね あとは天丼狙うか(笑)のぶ

No title

こんなに素晴らしいと遠くに居ることを忘れてしまいそうですね。次も行かれるのなら確実に忘れますね。

No title

ご常連の人と一緒でないと厳しそうなお店ですね~(ー ー;)

No title

mojitoさま。
安くて旨い。大衆酒場のあるべき姿ですよね。
はい、鰻もうまうまでしたよ~
(^o^)
美味しいと食べ過ぎる、酔っ払いの法則です。

No title

ノブさま。
丑の日を過ごすには最適の酒場でした。
まあ、鰻よりも、みなさんとお会いして話すことの方が、スタミナがつくんで、ありがたいことです。
猛暑の中も頑張れそうです。

No title

のぶさま。
ご常連さんからすると、苦々しいのは確かですからね。
むろん、常連だけだと低きに流れ、先細りになるので、新規顧客も必要だとは思うのですが。
難しいところです。

No title

やまぴょんさま。
それが逆で、いつまで京成・京急直通電車があるか、それに乗って乗り換えはいつか、などと頭の片隅にずっとあるので、遠い方がしっかりしているんですよ(推定)。
ま、いざとなれば、行き着いたところで子猫のように震えていればいいんです(仮)。

No title

小太郎さま。
はい、みなさんがいなかったら、入る勇気はちょっとない自分です。

No title

おはようございます。
楽しいお仲間と、穴子の天ぷら・中トロ・いくら・鰻等の美味しい物に囲まれて、最高の丑の日飲みでしたね!
朝の通勤電車の中でヨダレが止まらず~、困っています(笑)

No title

自分、最後にお店の外で粗相をしかかって、中のご常連から笑われてました(笑)

No title

浜雪さま。
浜雪さんの焼肉と当方の刺身とで、痛み分けの引き分けですかね。
(^o^)
酒場浴の刺身浴の、仲間浴でした。寿命が伸びました。

No title

ypさま。
えっ!あの最後の画像の辺りですか?
ypさんらしからぬですね。
ちょっと見たい気もしました。

No title

いいですね~♪
常連の力!
こんな素敵なお店で丑の日を迎えていたとは羨ましいです(笑)

No title

新鮮なお刺身たち、食べたいですねぇ。「清酒」とあるのは何か気になるところですが。酒を立てると料理が立たなくなると思っている人けっこういるみたいだし。地酒なんていらないと思っている店主さんもいらっしゃるでしょうしね。その店その店で良いですけど。

No title

ペンちゃんさま。
はい、盆と正月と丑の日が同時に来たような幸せさでした。
あとの人生でこんなこと、何回あるかなぁ。

No title

あるこりすとさま。
そうそう、灘か伏見の普通酒1種類だけでいい、というところありますし、合成酒のところも少なくありません。
食べるに重きを置く店はそうですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ