FC2ブログ

記事一覧

町田 若い友人を誘ってやまと屋に、すると驚かすはずが驚いた

これは朝ごはん。
町田の小田急とJRの間で売っているが、鰻おにぎり300円に惹かれたのね。
朝から精をつけなきゃならないわけでして。
もうひとつは辛味噌かな。
イメージ 1
ごちそうさまでした

で、そこから約半日の夜。
8月5日の金曜日。
職場の前で白いギターを奏でながら待つ。
「TVジョッキー」でGパンと一緒に土居まさるからもらったものだ(って、こんな冗句がわかるのは何歳以上だ?)。
で「冷たいもの飲みに行かない?」と誘ってこちらへ。
[やまと屋]
店頭・店内画像はなしね。
カウンターの角に二人で。緑茶ハイで乾杯~。
今日は焼き場はお兄さんが。
話しかけても聞こえないぐらいの真剣さで。

実はこちらのママのブログで
「洋平とマリが、オススメ1品を作り提供させて頂くイベント?をさせて頂きます(笑)仕入れから調理、値段設定まで本人達がやります」
とあるので伺ってみたのだ。
残念ながら、洋平さんは昨日だったようで、揚げた鶏皮ポン酢が好評だったよし。

一応大将に「あ、女房です」と紹介。
娘よりも若い女房を連れてきた設定。
途中からは設定に無理があるな、と「あ、孫です」に変更しましたが(笑)。
イメージ 2
これ自分が飲んだのみもの。
左は乾杯酒。玄米緑茶ハイ
にごり烏龍茶ハイ、そしてクエン酸サワー
この間に、相棒は玄米緑茶ハイ一杯なわけで。
イメージ 3
焼き物を頼むまでのつなぎで牛すじ塩煮込みとべったら漬け
イメージ 4
「こちらは味噌たれがおいしいんだよ」とうずら串
これ好きなんです。

こういう時のとるべき(?)動きとしていくつかありますね。
1)どんどん頼んであげて食べさせてあげるリーダーシップ型
2)彼女が食べたいものを決めるまで注釈しながら待つアドバイザー型
3)大将にゆだねる責任転化型(笑)
自分が一人で飲むと、この店はこれ、的にワンパターンになっちゃいますね。
だから同伴者に決めてもらうと新味を味わうかもしれないのです。
そんなあれこれで決まったものが焼けてきます。
きょうはずっとお兄さんが焼いてます。
イメージ 5
ひら(3)・カシラ(1)
イメージ 6
カシラあぶら(発注1、タレは3)
イメージ 7
プチトマトチーズ(1)
これなかなか良かったです。新規の発注。
そしてこれは彼女の発注。
イメージ 8
にんにく(2)
イメージ 9
ヤゲンナンコツ(1)
イメージ 10
ウメキュウ(2)
各メニュー名に1~3の型を入れてみました(笑)。
結局、(1)が多いじゃんという次第。

娘よりも年下の子と話が合うのか?
はい、大丈夫です。
もともと職場の話もありますし、あとはおおむね、質問しつつ「へえ」「それはちょっとね」と聞いてあげればいいのです。
あとは「これ旨いね」ですか。

そうそう、今日のタイトルです。
驚かすはむろん、こんな若い女房をもらっているのか、という方なのですが。
もう一方は、こちら8月9日(日)~13日(木)まで夏季休業期間なんです。
焼きモノがひと段落ついた洋平さん(大将の甥っ子さんでした!)に「お盆休み何するの」的なことを聞いたら小指を立てて「ここのところに挨拶に行く」と。
そこで相棒と、恋人はどこで知り合ったのだろう、お客さんか?従業員仲間か?などと噂していて、聞いてみなよ的なことで伺ってみると、えっ!あの人ですか。
詳しく書かないのですがこれは驚いた次第。
ということは結婚か。いつかはここを旅立って、自分のお店をお二人でやられるのかな~と思いをはせた夜でした。
洋平さんもまだお若くて、若い人の焼いたものを若い同僚といただく。
若いって、まだなんにでもなれるもんな~。
ちょいと寂しくなったので、BGMは井上陽水「人生が二度あれば」。

あ、父親代わりの自分ですから、しんみりしたふりしてないで(笑)そろそろ帰りましょう。
イメージ 11

玄米緑茶ハイ 380円×2
にごりウーロン茶ハイ 380円
クエン酸サワー 380円
席料 100円×2
牛すじ塩煮込み 450円
べったら漬け 120円
ひら 130円×2
カシラ 130円×2
カシラあぶら 130円×2
うずら串 120円×2
にんにく 120円×2
やげん 140円×2
プチトマトチーズ 150円
ウメキュウ 280円
外税 341円
計 4601円
ごちそうさまでした








[やきとん大衆酒場 やまと屋]
町田市中町1-18-2
042-721-3060
16:00~23:00
日曜休
                
スポンサーサイト



コメント

No title

これはまた新鮮な切り口ですね~頼みかたでカッコ書き、からのメニュー紹介に重ねるなんて。

驚いたとこのボヤカシはいつかうかがおっと(笑)ちなみに土居まさるさんと土井勝さんを混同してた世代ですm(__)mのぶ

No title

あまり女性と呑みに行くことはないのですが、やはり(2)が良いのかなぁ~と、真剣に考えてしまいました。
やはり、やまと屋さんみたいな良店にお連れするのが基本ですよね~。

No title

TVジョッキー…懐かしいっすね(笑)
う~ん、そんなにお若い女子と二人呑みができるなんて…王子さん、さすがですね、当方はお店の子以外は無理だなぁ~(笑)

No title

おはようございます♪

王子の狐さんったらお茶目なんだから(笑)
焼き物が珍しい物があり、種類が豊富ですね
さて、いつ焼き物屋を攻めに行くか悩み中です

No title

白いギターとジーンズの話題から孫娘のような女子との飲み会。ワープしましたね。(笑)そんな構成も面白いお話でした。どうしてお孫さんと飲みに行くことになったのかという件も解説が欲しかったなぁ。(*´艸`)

No title

おはようございます。

『質問しつつ「へえ」「それはちょっとね」、そして「これ旨いね」』という会話術いいですね。言葉を丁寧語にして、上司との飲み会にも使えそうです。

にんにくの発注が(2)であることから、お孫さんがリラックスして王子の狐さんと焼き物を楽しんでいるなぁと感じました(^ ^)

No title

一緒に遊んでくれてた若い女の子は、去年、親友の嫁になりました(笑)
最近は若い人はめんどくさいじーさんです(笑)

No title

スマートな記事にしているけど、エ◯上司が新入社員部下を悩み事を聞いてやると無理矢理誘った設定にして読み返してみよう(笑)
そういえば、相本久美子さんはもうお孫さんいらっしゃるそうです。

No title

のぶさま。
そうそう、同時期のお二人ですからね。
自分にとってのドイはジャイアンツか(笑)。

あの頃は白いジーンズもありましたね。小坂明子のピアノも白だつたか?
カーキ色の時代よりかはいいですね。

No title

チッタさま。
結婚のお相手はチッタさんの好きな彼女でした(^o^)
はい、やまと屋は店内明るいのでいいですね。
最近は薄暗いのがチェーン居酒屋ですが、あれは恋人以外とはいけなさそうですよね。

No title

ノブさま。
ま、家にもそんなのがいますから、慣れてます、と言おうとして、家の若い子とは会話がないと気がつきました(≧∇≦)
外の子は優しいのに。

No title

ペンちゃんさま。
どうしても、ツマミがワンパターンですから、ブログ画像としては他人発注が宜しいかと。
小田原にもいい焼き鳥あると思いますよ。

No title

やまぴょんさま。
理由は…寂しかったのです。
ま、実態は下のypさんの分析通りなんですが(笑)。

No title

とうとうシロートの女性に手を出すようになりましたか(笑)
若い子との会話、難儀しますよね。わたしなんて「へ~」が増えてしまいます。

No title

浜雪さま。
まあ、ニンニクは食べた直後は臭わないですからね。
家に帰ると翌朝まで言われます。

まあ、リラックスは確かだと思います。

No title

あるこりすとさま。
あるこさんは、娘さんが大きくなると一緒に飲む、という楽しみが待っているから、羨ましいですよ。

No title

ypさま。
スマート○ロ、またはソフト○ッチを目指しているブログです(^o^)
まあ、自分なりの暑気払いって感じですね。

相本久美子、大好きだったなぁ。
あの頃は増田恵子や木之内みどりなど、細いのがブームでしたね。

No title

mojitoさま。
やがて娘さんが大きくなるときのために、若い子と話して気持ちをつかんでおきましょう(^o^)
ま、自分はその必要はもう、ないんですがね(泣)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ