FC2ブログ

記事一覧

赤羽 まるます家・のんきとはしご酒

さてこの日は赤羽
毎年、この時期ノンアルの友人との飲み会である。
赤羽に集合。
まずはこちらで鰻をいただきますか。
[まるます家]
イメージ 1
こちらに来るのも久しぶり。
お盆休みなのか、日曜並みの混みようでしばし待つ。
しかしそれでもそんなに長く待たないのがここの良さ。
だって基本「酔っての入店禁止、ひとり3杯まで」ですから。
3人以上の人には2階という手もある。
イメージ 2
さて、席に座ったら、いただきましょう。
イメージ 3
緑茶ハイ
長丁場ゆえの節制呑みだな。
イメージ 4
たぬき豆腐
こちらのは胡瓜・カニカマ・わかめも入っている。この汁も旨いんだな。
イメージ 5
うなぎ蒲焼き
二つのサイズが合って、値段で別れる。これは安い方。
それでも十分の大きさである。
煮込みがないので、魚卵で行きますか。
イメージ 6
たらこ焼
こちらはお皿との大きさが違いすぎますな(笑)。
イメージ 7
水餃子
今日はこのスープはちょっと好まなかったな。
ピリ辛さが先に立った。
イメージ 8
カウンターのこれは呑んだ杯数。
ほかのお皿は残っていても、ジョッキは同じのを使っているからね。
イメージ 9
ママさんの声も健在。
イメージ 10
計算ミスはしないのがすごいな。
緑茶ハイ 400円×2
烏龍茶 200円
たぬき豆腐 500円
うなぎ蒲焼き 1800円
たらこ焼 350円
水餃子 450円
計 4100円
ごちそうさまでした

そこからこちらへ。
調べると、あ[川栄]の隣りですか。
[のんき 赤羽店]
イメージ 11
入るとテーブルにもカウンターにも「予約席」とある。
5時までならいいというので、それならと着席。
後で来た客にも「5時半までなら」と予約席に座らせていたな。

飲み物メニュー。
イメージ 12
ここから
イメージ 13
バイス
メニューを見ると「キャベツのお代わりは100円」と書いてある。
これはふたつ読める。
キャベツは無料で、お代わりなら100円とるのか?
キャベツは有料で、お代わりは安くして100円なのか?
それはどこにも書いてなかった。
そして支払う段になって、200円と分かる。
これはどうなんでしょうかねえ。
特にキャベツを要らない自分はそう思うのだろうが、きちんと書くべきでしょうね(自分の見落としか?)。
イメージ 14
「のんき不動の一番人気 食べなきゃ損!」とある。
むろん発注。
他のも頼んだが、特にタレか塩かまたほかのタレか聞かれなかったな。
言わないとタレなのか?
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
かしら/しろ
シロという部位をいただく機会はほとんどないのだが、なるほどこれは美味しいや。
タレが旨いのか、シロが旨いのか。
イメージ 18
つくね
これも軟骨でコリコリして美味。
イメージ 19
連れがもう少し食べたいというので「カシラとしろを1本ずつ」というと、お店のおばさんが「同じものを2本ずつなのよ」。
貼り紙にもメニューにも「串焼きの注文は2本から」とあったのでそれは見ていたが、それって2本縛りのことですか!
違うの混ぜて2本とは意味が大きく違うな。
このあとを考えると自分はやめておきましょう。
「キャンセルですか?」
「は、はい」
イメージ 20
トイレにありました。
「気になること」は前の行とつながっているとしたら「味について気になること」かな。それについては文句なし。
自分としては同じものの2本縛りはやめてほしい。
それとお通しがいくらか明記すべきでしょう。
「タレか塩か」を聞かないのもどうかなあ。
そういういくつか気になることが再訪するかどうかのネックだな。
だってここは混ぜてOKの[まるよし]もある赤羽ですからね。
バイス 400円
サイダー 200円
お通し 200円×2
しろ 100円×2
カシラ 100円×2
つくね 150円×2
計 1700円  
ごちそうさまでした
内税だったのはよかったのです。

このあと並ぶお店に行きます。

[まるます家]
東京都北区赤羽1-17-7
03-3901-1405
9:00~21:30
月曜休

[のんき赤羽店]
東京都北区赤羽1-19-16
03-6860-8910
15:00~24:00
日曜休

スポンサーサイト



コメント

No title

どちらも未訪問ですので、事前学習の参考になります 味もよくて気になることが少ないお店に通いたいなあ(笑)のぶ

No title

おはようございます🎶

やはりたぬき豆腐が見逃せませんね❗️
鰻に水餃子も食欲をそそってくれそうです

No title

のぶさま。
そういえば、山田屋で飲んだ時、赤羽も未訪とおっしゃってましたよね。
赤羽王子十条のトライアングルは魔の三角地帯ですよ。
あ、トライアングルラブレター♪ラブレターフォー・ユー♪じゃないですから。

No title

ペンちゃんさま。
麺つゆに木綿豆腐と揚げ玉でたぬき豆腐できそうですよ!
やっぱり暑いと豆腐ですね。

No title

まるますやは大体いつも予約で二階席ですね。
のんきはいつも記憶があやふや~(ー ー;)

No title

小太郎さま。
自分逆に二階に憧れるんですよ。ま、二階ではなく、そんな人数が集まることに憧れているのかも。
確かに赤羽ではしごすると後半ぐだぐだに(≧∇≦)

No title

まるます家いいですねぇ。
たぬき豆腐が迫力があっていいです。メニューがとっても魅力的ですね。

No title

mojitoさま。
この日は煮込みも煮こごりもなく、残念でしたが、それでも満足のお店です。なんせ朝9時から飲めるのがありがたい。
ま、その時間から飲めませんが。

No title

お店の流儀って確かにいろいろですね。その流儀が許容範囲ならまた訪問もしますけど、ストライクゾーンを外れたら多分もう行かないってことに。初対戦は色々あります。

No title

まるます家さんで鰻が未食なんで機会を捉えてガッツリいきたいと…ご飯が欲しくなっちゃったらここでお仕舞いか…う~ん、やはりご飯はなしか(^^ゞ
のんきさん、やはり堀切なんですかね♪

No title

やまぴょんさま。
まあ流儀は慣れればどうってことないので
自分としては
接客≧味>価格
かなあ。
ここのしろたれは確かにおいしいです。

No title

ノブさま。
鰻重のごはん少な目というのもありますからね。
ただそれでもここでラストになる可能性はあるので、その時はすごすご帰りますかねえ。

No title

バイス、バイス、バイス
赤羽で土曜どうでしょうの呑み会やった時
のんきさん知らなかったです。ザンネン。

ねぎまみれ・・・なにやら隠微な響き

No title

月灯小夜子さま。
バイスバイスバイスをアリスの「帰らざる日々」の曲でうたってみました。そしたらちょっと切なくなりました(笑)。

堀切菖蒲園発祥ののんき、今あちこちにできているそうです。

次はぜひ。まみれちゃってください。

No title

こんばんは。

赤羽方面は訪問したことがありません。
最初はやはり案内して頂かないと、入店しづらい感じがします。

No title

浜雪さま。
最近はいろんな情報があふれているので、それを参考にしてお入りになる若いカップルや男同士、女同士も多くいますよ。
店のローカルルールがありますが、それらはおいおい気が付きますね。
若夫婦、ご案内しますよ

No title

おお~
次に狙ってる街「赤羽」
6月に赤羽へ仕事で行った折伺った赤羽の酒屋さんからの情報では、「飲兵衛には良い街だよ」と聞いてました。
王子の狐様の赤羽のはしごの記事で更に確信しました。
なんとか赤羽へ行く出張を練らねば!
カシラとシロは実に美味しそうです。

No title

呑み酒士さま。
私的には「飲兵衛には危ない町だよ」と訂正を申し出ます。
早い店は朝7時ぐらいから、遅い店は一晩中、飲むことができます。
しかも、どこも安価。
懐は痛みませんが、肝臓にご自愛くださりながらお越しくださりますように。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ