FC2ブログ

記事一覧

町田 一軒目に三軒目

8月後半はちと厳しい日々だったが、何とか今日で一区切り。
ゆっくり眠れるのである。夜更かしもできるのである。
本来ならばあちらか、はたまたあっちの女性店主の店で、と言いたいが、月曜はどちらも休みなのであった。
まあ、なんか探そう。

さて、その前日。
探そうにも、店そのものがない日曜。8月23日。
もしかしたら、[いちはし]。日曜もやっていることもあるらしいので、と久々に行ってみると、やはり休みか…。
仕方なく駅に向かう途中、閉め切らず隙間が開いた戸から見ると、足が一本も見えない。
では、こちらに行ってみるかと。場所としては[いちはし]と大通りを挟んだ反対側。

[三軒目]

イメージ 1
こちら、コンセプトとしては、はしごして3軒目に訪れる店。
なぜなら、メニューがほぼ焼き物だけでバリエーションがないので、あんまりもう食べられないな、という程度で来ると良い。
1店限定で、がっつり行こうとしては裏切られる。
ただ前に一度伺って、記事を調べてみると、2012年7月の記事なので、かなりの久し振りだが、そのときはちょっと、ここだけで済ませようとして高くついたようだった。

[いちはし]も狭いが、ここも狭い。カウンターに立つとすぐ後ろは戸。
カウンターの内側に店主が立つが、その後ろも別の戸。
まあ、その狭さって、落ち着く要素にはなるんですが。

イメージ 2
焼酎、日本酒、ビールですか。
日本酒にしよう。
人生のやや先輩女性が、
「冷やか常温か」
冷やというと、一升瓶を水の冷蔵庫から出して来まして。
いや、360円ぐらいでしょ。
紙パック酒か何かかと、思っていたのですよ。
場合によっては合成酒。
今の若い人は合成酒ご存知ないでしょうね。米をまったく使わない「日本酒」モドキね。
ところが、彼女が取り出したのは「奥の松」。
思わず「奥の松だ!」と声に出してしまいましたよ。
「ご存知ですか」と彼女。
奥の松は福島県二本松市のお酒。このお酒は多分、いわゆるレギュラー酒だが、それでも精米歩合70%の磨きをする。
有名な地酒も、地元で呑まれている普通酒はなかなか首都圏に出回らないからね。
イメージ 3
日本酒・なんこつ・とり皮
この日は体格の良い男性が焼き場を。
お酒などは女性だ。
ただこのお二人、ご夫婦ではなく、女性の話の様子ではここ数日に店に来たような感じである。
それでも接客に手慣れた感じなのは、水商売のご経験があるのでしょう。

画像が撮れないので言葉での説明ですが、ここ保冷ケースがない。で四角い入れ物に串などを入れて、凍らせた保冷剤を入れたものがあって、それを見ながら注文。
メニューを見てもいい。
イメージ 4
この鍋は煮込みかと思ったら違った。鍋に湯を張った上に網のボウルがあって、牛筋の串と大根だけがここにある。いわば保温器だ。
自分は今日はいただかなかったのだが、すぐ後に来たお客さん、こちらもはじめてかもしれない感じで「それは大阪で言うどて煮なの?」「大阪では**とかあるよね」と連発するので、女性に「大阪知らないからわかりません」。
ちょっと言い過ぎたと思ったのか「大阪詳しいんですね」と彼女が言うと、「いや、よく知らないんですが」。
ここ、コントだとずっこけるところですよね。
そんなのをつまみに呑んでます。
その男性が追加で頼むので便乗。
イメージ 5
かしら
もう一杯いただきたいけれど、この辺でやめておきましょう。
「今日は仕事帰りですか」
「ええ、これから帰ってまた仕事です」
「働きすぎはよくないですよ」
「よくないですね。…でもこのお店も今日も営業だからおんなじだ(笑)」
そう、こちら無休のようなんです。
ごちそうさま。
おや、暗算と少し違うぞ。
日本酒は380円だったか。
日本酒 380円
なんこつ・とり皮・かしら 120円×3
計 740円
ごちそうさまでした
薄い記事ですいません。

[三軒目]
東京都町田市森野1-13-22 リバーウエスト町田ビル1F
平日 16:00~23:00
土日祝 17:00~23:00
無休
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます♪

三軒目という屋号が面白いですね。
そして、周りのコントのような会話
思わずクスッてしてしまいそう
そして、女性店主(笑)
是非今度、女性店主縛りでお願いします

No title

吉本新喜劇とかのズッコケも全国区になりましたね寛平ちゃんあたりからかなあ。

お仕事お疲れ様です。わたしは今日から復帰でゲンナリです(笑)のぶ

No title

女性店主のお店が…そういや昔川崎でもカウンターだけの小料理屋さんて女将さん一人でやってるお店が多かったですねぇ~~
そんなお店、増えないかなぁ~(^^ゞ

No title

合成酒知ってますよ~。三増酒なんてのもありましたね。
日本酒の品格を落とした元凶ですね。

No title

奥の松は福島の大手ですよね。コンビニとかにもたまにあって、昔は事務所で飲むのに重宝しました。高清水とか玉乃光とか。

No title

合成酒とは初耳でした、若いなあ~(^o^)
私が聞いていたら間違いなくズッコケております。

No title

日曜日に営業してくれているお店はありがたいですよね~。
三軒目とはオモシロイお名前を店名につけられましたな〜。

No title

おはようございます。

コントのような会話に思わず心の中で「おいおいっ」と言ってしまいました
メニューの木板に「冷しきうり」と書いてあるのにも笑ってしまいました。

No title

堂々と一軒目と名乗ってもよさそうですけど。
奇をてらって0軒目にしましょうかねえ(笑)

No title

ペンちゃんさま。
女性店主縛りはやったことがあるので、今度はイケメン男子縛りをやってみたいと思ってます。
当方、どっちも好きなもんで(^o^)

No title

のぶさま。
あれだけ楽しい旅や、凄い花火を見たら、そりゃあブラックマンデーですよね。
当方、明日から休みもある、ハッピーマンデー、いや、ハッピーターン程度かな。

No title

ノブさま。
小料理屋の女性店主、いいですね。高島礼子あたりでお願いします(笑)。
若すぎてはイケナイ。

No title

mojitoさま。
さすが同世代。
あのあたりで、酒離れが進んだんですよ。
今の若い方々の方が、いいもの飲んでますよね。

No title

あるこりすとさま。
コンビニの日本酒って、案外侮れないんですよね。
温度管理としては、どうかな、とは思うんですが。

No title

小太郎さま。
若いな~。
でも、それは世代格差ではなく、美味しいものばかりお食べになられた差かな(笑)。
酔えればいい時代がありましたからね。

No title

チッタさま。
そうなんですよ。野毛なら、曜日もバラエティに富んでますが、あんまりない町での日曜立ち飲みはありがたいです。

No title

コントの様な会話もまた良い肴になりますね。お仕事大変なのにブログ更新は頭が下がります。(。・ω・。)

No title

浜雪さま。
ひとりで呑んでる時って、お客がいいつまみです。
おかしな人がいると、心の中でブログネタありがとうってつぶやいてます(笑)。

No title

ypさま。
ここだけの話、やっぱり3軒目なんですよ(笑)。
立ち飲みやで「0次会」という店名
いいかもです。

No title

やまぴょんさま。
仕事忙しいのにブログ更新、という見方と、ブログ更新で仕事忙しくなる、という見方がありますが、ボクはもう一つの見方をしています。
そもそも、忙しいというほどの仕事量か?です(笑)。
9時になって、やっと飲めます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ