FC2ブログ

記事一覧

阪東橋 昼呑みは埼玉屋食堂・浅見本店・立ち飲み日昇に

どうも夜中に起きて、朝方眠るという生活が続いている。むろん、仕事があるとそのまま寝ないで出勤ということもあるが、その分休みの日となるとひたすら寝ていたりする。
せっかくの好天、それはいかんと、そのままの朝、食べに出かけることにした。
食べと言ってもメインは呑み。
この日は9月28日の月曜日。
[高橋うどん]かなとも思ったが、この日はチッタさんの記事や「横浜泥酔」のmoudaさんの記事でよくお見かけする阪東橋に行くことにする。
阪東橋は戸塚からと横浜からの二つの攻め方があるが、地下鉄料金の少し安い横浜から(笑)行く。
地下鉄って、今は快速があるので、不用意に乗ると関内で普通に乗り換える不便さがある。
イメージ 1
横浜橋商店街を抜けると首都高の下を左折。
イメージ 2
こんなところでチッタさんは餌を買ったりするのかな、と思ったりしていると、黄色い看板が見えた。
[埼玉屋食堂]
イメージ 3
看板は「埼玉屋」、壁に取り付けたのは「埼玉屋食堂」。
この日は半袖で十分な温かさだったので、ドアが開けっぱなしになっているので、入りやすい。
入ると長いテーブルが3つかな。
奥はご常連の大先輩が6人ほどの飲み会。
お一人を除いて皆さん帽子をかぶって呑んでいるのが下町っぽいね。
自分は入口に近いテーブルの隅に座る。
来たときはお店の人が座っていらしたが。 
イメージ 4
「牛乳割りあります?」「はい」
イメージ 5
牛乳割り
氷の入ったグラスにはすでに焼酎が入っていて、なおかつコップにナカ。
「自分の好みで割ってね」
これはたっぷりだな~。逝く予感がする。
moudaさんはじめ、みなさんコーヒー牛乳割りを呑まれているようだが、昨日ニンニクダレをいただいたので、マスキングを求めてこちらに。
ちなみに、いろんな短冊があるが、どれも食べ物ばかりで、呑みもののメニューはない。
いや、あるのかもしれないが、自分の見えるところにはなかった。
よって「あります?」という尋ね方になるわけだ。
イメージ 6
この神棚の下の、昔で言う「水屋」。食器などもここから取るが、いろんな惣菜もあるようだ。
今日はちょっと位置的にいけない。
と、足に違和感があり、見ると誰だよ、椅子の端にべっちゃりガムをくっつけているよ。こういう愉快犯は嫌いだな。まったくもう。
イメージ 7
安いなあ。
下に「朝6時から」と書いてあるが、今は7時から。店の奥の貼り紙にそう書いてある。
イメージ 8
一部は値下げされている。
店の奥の方に貼ってあるものを見て
イメージ 9
もつ煮込み
注文した時お姉さんが「うちの煮込みはニンニク入ってますが大丈夫ですか」
もちろん歓迎。牛乳飲んでますしね。
ただニンニク感がなかったように思うのは、もはや体内がニンニクまみれなせいか。
かなり大きな臓物がごろりと入っている。あとはコンニャクなどか。
綺麗に処理してあるため、臭みはない。スープはやや甘い感じ。
ここは貸していただいた柚子七味を振りかけて。

煮魚定食と短冊があるということは煮魚が必ずあるわけだ。
お姉さんに「今日の煮魚は何があるの?」「え~っと…ぶり」「それっ」
イメージ 10
ぶりの煮付け
かなり甘っこい汁にどどんとふた切れ。
運んできたお兄さんに「単品ならいくらなの」「350円」「やっす!」
ご飯がなく、牛乳でいただくなんて、給食だな(笑)。
もっとも今は給食でご飯も出るらしいが。
イメージ 11
ウインナーフライ
6個ぐらいあるか。素朴でいいね。
当然牛乳割りはなくなっているので「レモンサワーなんてありますか」
こちらはあのグラスに一杯かと思うと…
イメージ 12
レモンサワー
こちらもたっぷりの焼酎で炭酸は別添えですか!
それでもすいすい飲めるのでした。
炭酸の泡が細かくて良かったな。焼酎は「宝」と言っていたけど。
こちら、下町酒場によくある、お皿やコップを片付けないで、それを見て勘定するタイプ。
「そんなの頼んでねえぞ」「そんなに飲んでない」と言って揉めるのを避ける下町の知恵。
牛乳割り 400円
レモンサワー 350円
もつ煮込み 350円
煮魚 350円
ウインナーフライ 300円
計 1750円
ごちそうさまでした
この日はいただけなかった「ピザ」や焼き魚、刺身なども次回いただいてみよう。

駅の方に少し戻り…
[浅見本店]
イメージ 13
こちらは再訪。
イメージ 14
画面左端の窓からおばあさんが外を眺めていた。右端の立ち飲みコーナーに。
イメージ 15
黒ビール
「黒ビール」と言うと「キリンアサヒ」と問われるのにややかぶせ気味で「キリン」。
イメージ 16

イメージ 17
つまみは50円。
むろん様々な缶詰ならもう少しするが。
イメージ 18
塩豆/マグロ
こんなのでいいのです。
黒ビール 240円
塩豆・マグロ 50円×2
計 340円(CO)
ごちそうさまでした
 
こちらは本当にアウエ~感のない立ち飲み屋さんだなあと思う。

横浜橋商店街をぶらぶら歩いて、最近できたらしいここで〆を。
[立ち飲み 日昇]
イメージ 19
中華の立ち飲み屋。
自分が入ったときはお店の人しかおらず、男女3人で中国語で話しているので、うん、外国に来たな~という感じがする(横浜市なんだけどね)。
イメージ 20
飲み物その1
イメージ 21
飲み物その2
あ、今はこんな時間ですか。
続いて
イメージ 22
食べ物その1
イメージ 23
食べ物その2
今眺めても食指の伸びる食べ物がたくさんあるなあ。
イメージ 24
緑茶ハイ
お店を回すのは、テレサテンの若いころのような感じのお姉さん。
イメージ 25
小籠包
「たれは普通の醤油か黒酢か」と問われ「黒酢
熱いので気を付けて、と言われ蓮華も借りたんですが、う~ん、熱々のスープがなかったなあ。
お店がとても静かで、立ち飲みといっても椅子もあるし(カウンターとの高さに難があるが)、残暑のようないい空気。そして素敵な中国のお姉さん。
うとうとしちゃいますな。
「大丈夫?」
「大丈夫」
この辺でお暇しましょうか。
緑茶ハイ 300円
小籠包 300円
計 600円
ごちそうさまでした

イメージ 26
途中、自分を残してお姉さんが外に…。

この後大通り公園で惰眠をむさぼり、阪東橋の改札前のベンチで眠った。
やはり、睡眠をちゃんととって出かけるべきですね。

[埼玉屋食堂]
横浜市南区中村町2-113
045-251-6326
7:00~13:00、16:00~19:00
火曜休

[浅見本店]
横浜市南区万世町2-27
045-231-3048
9:00~20:00
日曜9:00~19:00
水曜休

[立ち飲み 日昇]
横浜市南区浦舟町1-1-13 清光ビル1F
045-325-8688
9:00~20:00
無休
スポンサーサイト



コメント

No title

↑うんうん、これは町歩きじゃなくて朝呑みですね(笑)

No title

ノブさま。
皆様が働いている朝っぱらから呑むのは、まあ不謹慎ですが、それもまた平日休みの人間の特権かと思って大目に見てください。
ただ、埼玉屋に向かいながら、こんな店が近くにあったら、肝臓やられてるな、と思っちゃいました。

No title

平日朝呑み、平日休みになると必ずよぎります このエリア楽しいですよね。

ニンニクも朝から大歓迎でーす!まわりは知りません(笑)のぶ

No title

のぶさま。
この日は火曜ではなかったが酔来軒はシャッターが閉まってました。むろん、睡魔でいただけなかったでしょうが。
この商店街は基本、買って帰る店が多いので、手ぶらで帰りたい自分としては何も買わずでしたが、いいものが安くありますねえ。

No title

阪東橋、良いところなんすね。
酔来軒くらいしか行ったことがありませんです。朝から三軒のはしご酒。お疲れ様でした。

No title

やまぴょんさま。
寝不足と満腹がなければ、まだまだいけたぜ、とうそぶくのでした(笑)。
この角打ちは、ぜひ訪れてみてください。

No title

おはようございます!
うんうん、奥の席は常連さんの指定席って感じだよね~♪
埼玉屋さんは朝から飲めて最高だよね!
浅見も良いけど内藤さんも素晴らしいよね~♪

No title

ぽちぽちさま。
おはようございます。
あの濃密な指定席には近寄れませんです。
この日は埼玉屋で回れ右しちゃいましたので、次回は内藤も行きたいと思います。

No title

おはようございます。
阪東橋は下車したことがなく未知の街です。いい雰囲気の商店街があるのですね~。
狐さんの朝飲み散歩という番組が出来そうな内容で、楽しめました

安いお買い物ができるのも魅力的ですね
主婦の血が騒ぎます

No title

浅見本店→酔来軒はチッタさんにアテンドして頂きました。
他の2店も良さそうですね。

No title

浜雪さま。
あはは。番組の最後はスケッチではなく、お昼寝ね

この商店街は中国韓国系のものも多いですが、新鮮な肉・魚も多いようですよ。
そして買い物に疲れたら、ここで生ビールね。

No title

小太郎さま。
その2軒は近くていいですよね。
チッタさんのアテンドなら完璧でしょう。
自分、酔来軒は未訪なので、いつかその流れで行ってみたいと思います。

No title

おはよう!!私の大好きな小籠包いいですね~
家で作ると皮が破けてショック受けるので
外で食べたい一品ですね

No title

ゆきみさま。
あの熱々がいいですね。最近は焼き小籠包をいただくことが多いです。
ここは立ち飲みなので、業務用かな(笑)。

No title

どれも魅力的なお店ですね。
特に”埼玉屋食堂”なんてたまんないっす。
阪東橋の位置関係が分かりません。

No title

mojitoさま。
でしょう。たまらないです。
なぜ埼玉なのかは不明です(笑)。
阪東橋は横浜と戸塚を結ぶ地下鉄の、関内から二つ目、伊勢佐木町の次ですね。京急の黄金町にも近いです。

No title

平日お休みの分、我々の休日に働かれていらっしゃるのだから同じですよね。
あ、土日は休みの店が多いのか。

No title

あるこりすとさま。
ですよね。子どもが小学生までなら、土日の休みは一緒に遊べますが、今はそれもないので、人出のまだ少ない平日休みはありがたいです。

No title

朝7時開店の埼玉屋に行かれましたか!川沿いを石川町方面に10分ほど歩くと、呑めるうどん屋「高橋うどん店」は朝6時開店!つまみも多いし、手打ちの天ぷらうどんが300円、素うどんが200円という下町価格!食べる方も、名店が多く、面白い街です!

No title

moudaさま。
高橋はかなり前から気になっています。本当は日の出の早い夏の早朝に伺ってみたかったのですが、涼しい秋にうどんは似合うので、今度行ってみます!
また、刺激的な記事をお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

月別アーカイブ

カテゴリ