FC2ブログ

記事一覧

野毛酒富で今年もよろしく呑み、そして、◯豊、壱々六、鳥むすめ、といういつもの流れ

やはり当職の一月は何かと忙しく、この日1月20日は休日出勤。
出て行けば、いくらでもすることはあるのだが、それはそれ、どこかで終わらなければ呑みに行けないわけで、横浜線に乗ると、桜木町行きとまことに滑らかで、久しぶりに野毛ちかみちを歩く。
[酒富]
イメージ 1
こちらは訳あって少しご無沙汰。「よいお年を!呑み」もないまま、新年を迎えてしまった。
「明けましておめでとうございます」
「本年もよろしくお願いします」とお姉さんと。
イメージ 2

イメージ 3
緑茶割り
色が綺麗である。
イメージ 4
お通し
「蓮根ダイジョウブです?」と聞かれ、ハイと答えたものの、ヒジキは聞かれなかったな。この明太マヨをまとったタイプの蓮根は[肴こばち]にもいつもあるものだな。
さて日本酒に行こう。
新しく3種利き酒セットなんてのも新しく作られている。
でも、今日は1種類を。
イメージ 5
ジョニーではないが…
イメージ 6
大倉・あらばしり 特別純米・無濾過生原酒 (奈良)
これもあまり聞いたことのないお酒だ。
うん、甘みもあってうまいね。お姉さんに
と合図。
イメージ 7
今日は、特に日替わりメニューに食指が伸びなかったので、おでんにしよう。
このあとおでん屋さんなんだけどね(笑)。
イメージ 8

イメージ 9
大根・玉子・ちくわぶ
これに辛子をつけながら、ゆっくりいただく。

ではお時間なので移動しましょう。
緑茶割り 400円
大倉 750円
お通し 400円
大根・玉子・ちくわぶ 140円×3
外税 150円
計 2120円 
ごちそうさまでした
[酒富]は3月7日が1周年ということで、なにかなさるようです。

お茶屋さんで玄米茶用の玄米などを買い求め…
しかしまだ少し時間があるので
[○豊]
イメージ 10
珍しくお客さんがお二人ほどなので、入りましょう。
イメージ 11
緑茶ハイ
なかなか変化に乏しいようで。
ここの緑茶ハイはかなりの安さだが、それでありながら自家製の緑茶をシャカシャカして注がれる。
イメージ 12
おや、時計が15分進めてある。
呑み屋の時計って、だいたいそうだよね。
終電間に合わせてあげようという温情と、長っ尻をさせない作戦と。
今日はたぬき豆腐はないようだ。
でもいろいろおいしそうなメニューが。
いつかここだけで完結してみるか。
イメージ 13
ハイとかの焼酎は、こちらから。
宝焼酎。
「今焼いてますからね」と途中で言葉を添えるのが、ママさんの優しさだ。
イメージ 14
鮭カマ焼き
皮まで美味しい。大根おろしが添えてあるのが優しさね。
ではお時間です。
緑茶ハイ 250円
鮭カマ焼き 250円
計 500円
ごちそうさまでした

[壱々六]
イメージ 15
今日は新年2回目。
Facebookでけがをしたとあったので「どうしたの」と聞くと、家でやけどしたと。
イメージ 21
「あなた、ブログの画像を半分にしたね」
「えっ、ついにばれましたか」
「ちゃんと情報が入っているんだから」
これはブログの上の写真が、前は「壱々六」の白い暖簾だけだったが、今は「茶女」と半々になったことについてだ。
「いやまあ、若くてかわいいからね」とへどもど。
イメージ 16
ん 普通酒 (青森)
豊盃の酒蔵が出す普段使いの普通酒。とは言え60~65%の磨きだ。
イメージ 17
お通し(おでん)
今日は芽キャベツがあるとのこと。
床もカウンターのところも壁紙を張ってリニューアルなさったとも聞きました。
そののち
イメージ 18
目玉焼きSP
これも頼んだようです。
ここにも芽キャベツが。
新しいお酒を出してくれたようです。
イメージ 19
雪男 普通酒 (新潟)
新潟の鶴齢という蔵のお酒。
これはお燗のほうがいいかな、というと「そうね」と言って燗をつけてくださった。
イメージ 20
これはいいね。アゲインしちゃいました。
イメージ 22
にごりもいただきました。
イメージ 28
これに載りました。雑誌が届いていて、店に着いたとき、記事を見せていただくと、大大的な紹介でなかったのでほっとしました。
このあと少しずつお客さんが増えてきたころにまたいらっしゃたので「ここ帰ります」。
2550円と言われて「いや、2650円」
「寝てたのによく覚えているわね。イビキかいてたよ」
えっ、また寝ちゃいましたか。今朝早かったからな。
そしてあとで計算したら、確かに2550円でした。「ん」を650円と思ったのね。
ま、寝チン100円ということで(笑)。
ん 550円
雪男 500円×2
おでん 500円
目玉焼きSP 500円
計 2650円
ごちそうさまです

さて、今日の締めくくりはこちら。
[鳥むすめ]
イメージ 23
う~ん、もうあまり頂けなさそうです。
画像はないのですが、ぶれずに緑茶ハイ。
イメージ 24

イメージ 25
混んでいる証拠ですが、こんなラインが床にできました。
イメージ 26
またおでんをいただいてます。
やはり体の半分はおでんでできているのか、自分。

ゆかりんさんがイメチェンしたとのことで、撮らせていただきました。
先日成人式だったとのことですから、若いよね。
イメージ 27
緑茶ハイ 380円
おでん 240円?
外税 49円
計 669円
ごちそうさまでした

[酒富]
横浜市中区野毛町1-5
045-251-7055
17:00~23:30
木曜休

[まる豊]
横浜市中区宮川町1-1 都橋商店街111
電話不明
17:00~23:00
日曜 17:00~20:00
火曜休

[壱々六]
横浜市中区宮川町1-1 都橋商店街116
045-242-4252
19:00~22:30
土曜 17:00~20:30
火・水・金・土営業

[鳥むすめ]
横浜市中区野毛町2-74-1 野毛たべもの横丁
070-5519-0393
17:00~2:00
火曜休

スポンサーサイト



コメント

No title

キチッと決めた通りにトレースされてますね。お見事でございます。ブログの表紙の件は、いつかは知られるところだと思っておりました。(。・_・。)ポッ

No title

ぽちぽちさま。
おいらのせいじゃない、この町に店が多すぎるのが良くない、と責任転嫁しています(*^o^*)

No title

ノブさま。
倶楽部活動のあと、目覚めの緑茶ハイは美味しいです。
最後の店で焼鳥をいただけなかったので、まだまだ未熟です。

No title

のぶドラさま。
立石もまた、一軒では終わらない街ですよね。
立石のおでん屋は未訪なので、いつかいただきたいと思っております。

No title

mojitoさま。
そうですね。寒いとはしごの足が鈍りますから、少し温かくなった3月ごろですね。ぜひ!

No title

びびりさま。
自分としては、一周年ウイークを作れば、曜日として、ばらけていいのにと提案しているのですが。

壱々六も茶女も、春には二周年なんですよ。

はい、いつかは叱られると思っておりました(´・_・`)。

No title

小太郎さま。
ご常連はさすがにご存知でしょうが、やはり酔眼で時計をみて、ギョッとする効果はありますね。
キャッシュオンなので、すぐ帰れますし。

No title

浜雪さま。
そう、、お店お店で出汁が違うので楽しめますね。
はい、ぜひチェックしてみてください。そして、また野毛にお越しを。

No title

ypさま。
当初の根岸家も復活させて三分割にしようと思っていたところだったので、仕切り直しです。
いや、はるかちゃんに怒られたら、それは切ない(≧∇≦)。

この日は珍しく精力的な夜でした。

No title

やまぴょんさま。
壱々六さんが7時開店なので、どこかに寄っちゃいますね。
そして、帰り道に鳥むすめさんがあるので、また寄っちゃいますね。
トレース、いいことばです。
私の語彙だと、ワンパターンと言いますな(笑)。

No title

四軒とは恐れ入りやした。
野毛っていいですね。
今度は真似呑みさせていただきます^^

No title

えいちゃんさま。
野毛はお客さんがみんな優しいです。
ぜひお越しくださいますように!

No title

4軒とはタフですね~。
私など2軒がマックスです。

酒富さんも壱々六さんも
日本酒の良いのを置いてますねぇ~。
特に豊盃の「ん」はかねてから飲んでみたいお酒なんです。

No title

呑み酒士さま。
いい酒問屋がついていたり、ご自分が勉強熱心だったり、だと珍しいものも揃えて来ますね。
一軒ずつの滞在時間は短いので、この軒数がこなせます。座りの店もありましたしね。

No title

こんばんは
ちくわぶ、一回しか食べたことがありません。関西ではなじみがないですね。今度上京したらチャレンジしてみます。

No title

testpilotさま。
そちら穏やかそうで、何よりです。
島から屋島が見えるとは思いもよりませんでした。
ちくわぶ、自分もこちらに来て知りました。
小さい頃のすいとんを思い出しますが、最近、味が染みたのが好きになってきました。

No title

>「あなた、ブログの画像を半分にしたね」

こーゆーこと言われたときって瞬間ドキッとしませんか?
読まれてたんだぁ…って。
狐さんのキャラで言いたくなっちゃうんでしょうね。

こないだ聞きに行った白酒師匠の独演会で流しのアコーデオン漫談?の遠峰あこちゃん、野毛出身で「素面のお客さんの前が一番緊張します」って頑張ってる感が良かったですよ。

No title

月灯小夜子さま。
たぶんひろみさんではなく、ご常連さんがご覧になったのでしょうね。
生き馬の目を抜くご常連仲間ですから(爆)。

遠峰さんの演奏で崎陽軒の唄を初めてフルで聴いたことがあります。

No title

蓮根ダメって人が多いのかな?不思議・・・
日本酒mapなんてあるんだね~ブームか?

No title

ゆきみさま。
まあ、mapと言っても地図ではないんですけどね(笑)。
一部ではブームのようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ