FC2ブログ

記事一覧

江の島で藤沢七福神めぐりの続きを。そしてゑじまでサザエ丼


さて、1月25日の月曜日はよく晴れた日で、風邪は冷たそうだが、散歩日和だ。
では、前回残しておいた「第19回藤沢七福神めぐり」の江の島分に行こう。
今回はモノレールの駅に近いお寺があるので、大船からモノレールで江の島へ。
ちなみにモノレールは「湘南江の島」駅。小田急と江ノ電はそれぞれ「片瀬江ノ島」駅と「江ノ島」駅。地名は江の島。
モノレールに乗ったら右側に座る。
冬は綺麗に富士山が見える。
イメージ 1
さて、14分で大船から江の島までの「空の旅」(笑)。
湘南江の島駅に着くとこんなのが。
イメージ 2
まあ、シラス丼から顔を出すというのはどんなもんでしょうか(笑)。
イメージ 3
これが江の島駅。モノレールは4階の高さにあるので(右に見えるのが線路)、そこから地上に降りる。
駅から少し歩くと
龍口寺[日蓮宗](毘沙門天)
創立延元2(1337)年
イメージ 4
ここは日蓮聖人が市中引き回しの上、斬首されそうになった場所。「龍ノ口法難」と呼ばれている。
イメージ 5
まったく鎌倉や藤沢のお寺はバリアフリーではない。
イメージ 6
ほう、五重塔があるのか。山道を上って行ってみる。
イメージ 7
明治43(1910)年建立。神奈川唯一の本式木造五重塔とのことだ。
お寺に来ると墓地が多いせいもあってか、自分の生を考える。つまり死も考える。
お前はいったい何者なのか、どこへ行くのか。そして己の汚らわしさに目を向けさせられる。
イメージ 8
こんなふうに木立の間から五重塔が見えるのはいいね。

さてお寺を出て、そこから歩いて江の島へ。
富士山がよく見える。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
江の島と富士山が並んだ図。
島に入り、人で賑わうメインストリートを果てまで行き着くと
江島神社(弁財天)
創立は552年との説。
イメージ 12
ここの階段を上り、右に上る階段があり、かなり長く昇る。さっき弁天橋の途中で、足がつった痛みがあったんだな。ゆっくり行こう。
数分歩くと辺津宮(下乃宮)に。
イメージ 13
こちら奉安殿に弁天さん。拝観料は150円(あとで七福神のパンフを見せると割引と気が付いた!残念)。
       イメージ 14
中は撮影禁止。八臂弁財天と、有名な裸弁財天の妙音弁財天が。
裸弁財天は白い色が綺麗なので、新しいのかと思ったがそれも鎌倉中期の作だ。
イメージ 35
江島神社のHPから拝借いたしました。

再び下界に戻って来た。
今日はこちらで遅い昼食といたしましょう。
イメージ 15
この看板を目印に露地を行く。行き止まりは海だ。
イメージ 16
ここから見る富士も絶景。
考えたら今日は富士に見とれる一日だった。
イメージ 17
Uターンします。
おひとりの女性散歩もいらしたので「一緒にビールでもどうですか」と心の中でつぶやく(笑)。
[ゑじま]
イメージ 18
こちら島内唯一の漁師さんのお店。
看板にもあるように民宿も兼ねており、二人から泊まれる。現在は素泊まりのみで6300円ですが、いかがでしょう。
イメージ 19

イメージ 20
そう、しらすは1月から3月までが禁漁。「生しらす丼」に「ありません」とあるのはきちんとした店。
通りには「生しらすあります」的なことが書かれたお店もありますが、それはこの地のものではない。
イメージ 21
中央にテーブル。右に小上りの座卓が三つか。自分は左のカウンターに。
イメージ 22
メニューを見る。
イメージ 23
瓶ビール(中瓶)
ビールとすぐに言わなかったので「今お茶入れたから、それも飲んでね」
「はい」。ほうじ茶がおいしい。
そしてしばらく待っていると来ました。
イメージ 24
サザエ丼
店によっては江の島丼ともいう。
サザエの卵とじだ。
イメージ 25
カウンターは蛍光灯を背にして座っているので、暗いです。
イメージ 26
肝が丸々あるということは一つ丸々使っている?
そんなにサザエ喰った~という充足感はないのですが。
それはサイズにも因るかもしれない。
大きさが、なか卯とかのミニのサイズなのだ。
着丼して「ご飯少な目と言わなくてよかった」とほっとしている。
まあ、サイズからすると「観光地価格」なのだが、そもそも観光地なのでそれは致し方ないと思う。

瓶ビール 550円
サザエ丼 1080円
計 1630円
ごちそうさまでした
しらす丼は江の島で4、5軒入ったが、以前ここで食べたのが一番飾らなくてよかったと思っている(自分にとっての一番のはずれは[*びっちょ])。
サザエ丼もあちこちにあるようだから、食べ比べてみるか。

イメージ 27
こちらで小さなのり羊羹を購入。
帰りは江ノ電で。
鎌倉で呑もうという算段。
江ノ島駅には
イメージ 28
こんなガーデンや
イメージ 29
こんなジオラマがあった。
イメージ 30
着物姿の5人組がいた。
鎌倉駅前で外国の方が一緒に撮ってもらっていたが、日本人のオヤジだとだめですかねえ(笑)。
電車が鎌倉高校前のあたりで
イメージ 31
夕方の海が見えたと思ったら
イメージ 32
丁度日没に出逢った。
イメージ 33
見とれていた。
イメージ 34
8つの社寺を回ると、こちらの手拭いが観光案内所で100円で分けてもらえた。

鎌倉での呑みは明日の記事。

[ゑじま]
藤沢市江の島2-1-14
11月~3月11:00~16:00
4月~10月10:00~17:00
水曜休

[玉屋本店]
藤沢市片瀬海岸1-9-10
9:00~18:00
木曜休




スポンサーサイト



コメント

No title

ノブさま。
いえいえ、書きながら溝ノ口のことに触れようかと思っていたんですよ。あれも面白ですね。
「まち」と「ちょう」とか、○○駅は△△区にあるとか、地名って面白い。

No title

のぶさま。
よく「命の洗濯」っていますが、ガンコな心の汚れは洗濯どころでは落ちないので困ってます

No title

小太郎さま。
これどちらも藤沢方面行にありました。トイレも待合室もそちら方面に。
鎌倉方面は冷遇されているか。

とびっちょは玉露ハイがあったのがよかったなあ。

No title

浜雪さま。
トンビ注意の掲示がありますからね。
自分も島すぐ左の店は好きなんですが、この日はアウトドアの気分になれませんでした。
もう少し温かくなれば。
この日もタコせんべいは大行列でした。

No title

ypさま。
龍口寺の前に干物屋ありました~。
腰越の漁港は行ったことがないので、この春は漁港めぐりかな。
島のあの焼く店も、なかなかのサザエのお値段だったなあ。

No title

Dolphinさま。
こんにちは。ありがとうございます。
まあ、観光客やデート客で、繁盛していくのだと思いますね。その分我々は空いたほかのお店に(笑)。

確かに、もう少し温かい方がいいと思いました。

No title

いい散歩でしたね!!
サザエ丼うまそー!!

No title

蕎麦好きおやじさま。
冬の青空は散歩に良いですね。
歩いた消費カロリーを上回る摂取カロリーで(照)。

No title

なあるほど、この様にして美味しいお食事をしながら開店時間まで調整する訳かぁ。七福神なども周り知識と教養を兼ね備えた時間調整。お見事でございます。

No title

やまぴょんさま。
恐縮です。
綺麗な景色のあとに綺麗な女性(笑)。
こうして七福神で少し清くなった心がまたどぶ色に(苦笑)。

No title

こんばんは
あのうー、シラス丼は・・・昨年鳴門の道の駅で食べた生シラス丼、生臭かったのですが、江ノ島ではどうでしたか。

No title

こんばんは😊
先日モノレールの下を車で走りましたが、モノレールに乗ると富士山が見えたんですね❗
お天気の時に乗ったら気持ち良さそうです~😍✨
江ノ島へ行くと何処でお食事をしたらいいのかいつも迷ってしまうのですが、今度「ゑじま」へ行って見たいと思います❗😋

No title

自分がタコで末路がタコせんべいって知って
しまったらどうします?

鎌倉呑み楽しみです。

No title

testpilotさま。
禁漁期のこの時期は瀬戸内産のようですから同じ味がするかもです。
生しらすだけでは単調なので、釜揚げとハーフハーフのほうが生臭くなくてよいかもです。

No title

ぷりんさま。
そうなんです、見えたのです。
次回また用事で大船・鎌倉にお越しの際はぜひ江の島に足を延ばしてくださいませ。
ただし、天気の悪いときはやめた方がいいです(笑)。

No title

月灯小夜子さま。
あっ、前と違い、今は鎌倉呑みはなじみの2軒のうちのどちらかに行くだけなので。面白くないですよ(苦笑)。

No title

江の島って好いところですよね。
江戸時代には、こちらの弁財天へ詣でる人が多かったようで、ある意味では古い観光地なのだろうなと思っています。
最後に行ったのは娘と2人、確か10年くらい前です。
その時は島の裏の茶店で、サザエ丼を食べたはずです。

No title

ぶらくり佐藤さま。
確かそのお店は「孤独のグルメ」という漫画で紹介されたところかな。今もテレビで時々紹介されていますね。なかなかそこまで到達できない脚力の今日です。

No title

さざえ丼って、初めて見たよ~
江ノ島だとしらす丼食べちゃうよね(笑)
まさかの禁魚とは・・・生より釜揚げのが
好きだけどね

No title

ゆきみさま。
この時期にあるしらすは他地域のものか冷凍の解凍でしょう。
江ノ島に来る観光客が知っていて食すならいいんですがね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王子の狐

Author:王子の狐
Yahoo!からの引っ越しです。
現在は東京・神奈川での飲み食いの記事中心。
昼は人形町、夜はあちこちに出没しています。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ